オーラウェーブ療術院院長コラム

ぎっくり腰の前兆ってどういうの?

ぎっくり腰の前兆ってどういうの?

ぎっくり腰の前兆。ぎっくり腰で来院される方にお話を伺うと、ぎっくり腰の前兆のようなものがあったという方が多くおられます。
前兆の内容は人によって様々ですが、たいていは何らかの違和感などを腰に感じているケースが大半です。
ここではぎっくり腰の前兆について解説していきます。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

ぎっくり腰なら越谷市の整体院 オーラウェーブ療術院

 

ぎっくり腰の前兆には、どんなものがある?

ぎっくり腰の前兆にはどんなものがあるのでしょうか。
実際にぎっくり腰で来院した方から伺ったケースをいくつか紹介していきます。

●重い物を持ったときに、腰に違和感を感じた
●寒い日に腰に違和感を感じた
●長時間車を運転していたら、降りたときに腰に変な感じがした
●ずっと立っていたら、腰に違和感を感じた
●ボーリングをしたら、腰にピリッという感じがあった
●かがんだら腰に違和感を感じた

その他、人によって様々ありますが、基本的には痛みというよりも違和感のようなものを感じているケースが多いように思います。
始めは上記のような違和感を感じており、それから数日後などにぎっくり腰につながっているというパターンが大半です。
痛みを感じていなくても、違和感などがあったときはぎっくり腰の前兆を疑ったほうがいいでしょう。

 

ぎっくり腰の前兆があったときは慎重に

ぎっくり腰の前兆が出ている。ぎっくり腰の前兆があったときは、日常生活を気を付けたほうがいいでしょう。
腰に変な違和感を感じている時点で、腰の筋肉に微妙な緊張状態があります。
そこに負荷をかけてしまうことでぎっくり腰につながってしまう可能性が高くなるのです。
急な動作や重いものを持つなどの負荷を腰にかけないように、気を付けるようにしましょう。

 

ぎっくり腰の前兆があったら、早めに治療しよう

ぎっくり腰の前兆があったときは、早めに治療を受けるようにしましょう。
ぎっくり腰を発症してからだと重症になるケースもありますし、痛みが解消されるまでの期間もある程度かかってしまうからです。
しかし、ぎっくり腰を発症していない状態で治療を受ければ予防にもなりますし、日常生活に支障が出ることもありません。
このことからも、ぎっくり腰の前兆があったら放置せずに、早めに何らかの治療を受けるようにしましょう。

 

ぎっくり腰の前兆があったら、越谷の整体オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
ぎっくり腰なら越谷の整体オーラウェーブ療術院

 

※ホームページからぎっくり腰の前兆についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top