オーラウェーブ療術院院長コラム

炎症を起こしたひざの痛み。さいたま市の方。

炎症を起こしたひざの痛み。
さいたま市の方。

性別:男性
年齢:33歳
職業:自営業
主訴:お皿の部分に炎症を起こした、左ひざの痛み

数日前に筋力トレーニングをしていたところ、左のひざを痛める。
しゃがもうとすると痛みが生じ、ひざのお皿の部分は腫れたように炎症を起こしている。
以前にも当院に通われていたことがあり、さいたま市から来院された。

 

ひざの痛みでさいたま市から来院した方の施術結果

1回目:

施術に入る前に、どういった動きで痛みが出るかや痛みの出る部分などを実際に確認する。
しゃがもうとすると、途中でひざに痛みが出てしゃがみきることができない。
ひざのお皿の部分が腫れたようになって炎症を起こしており、指で押すと痛みが出る状態。
施術は、骨はいじらずに筋肉を緩めることでダメージを受けた筋肉を回復させていく。
施術後は、まだ炎症が残っているもののしゃがむ動作はできるようになった。

 

2回目:4日後。

前回の施術後はだいぶ良くなった感じはしたそうだが、まだひざの痛みは残っている。
引き続き血流循環を促して筋肉を緩め、炎症を起こしている部分を回復させていった。
施術後は、ひざのお皿に触った感じは炎症が引いてきており、しゃがむ動作ではもう痛みは出ていない。
押した際の痛みはまだ残っている。

 

3回目:1週間後。

ひざの痛みはだいぶ引いてきており、筋力トレーニンングも再開しているとのこと。
何かの動作で痛みが出ることは無いそうだが、押した際の痛みはまだ残っている。
これまでと同様に筋肉を緩めていき、施術後は押した際のひざの痛みもかなり軽減されている。

 

4回目:1週間後。

日常生活でひざの痛みが出ることはまったく無いとのこと。
筋力トレーニングもできるようになっている。
施術後は、ひざを押した際の痛みもほぼ無くなっている。

 

5回目:1週間後。

ひざの痛みはかなり良くなっているそうで、強めの負荷をかけても問題ないとのこと。
炎症もすっかり引いており、かなり強めに押してもひざの痛みは出ていない。

 

ひざの痛みを施術した院長のコメント

炎症を起こしたひざの痛みで、さいたま市から来院されました。
左ひざのお皿の部分が、右ひざと比べると明らかに腫れている状態でした。
軽く押しても痛みが生じており、これは完全に炎症を起こしている状態です。
お皿の部分が腫れているのだから関節がどうにかなってしまったのかと心配される方も多いですが、ダメージを受けているのは筋肉です。
なので、筋肉の状態を良くすることが痛みの解消につながっていきます。
今回のケースでも、骨格はまったくいじらずに筋肉を緩めていくだけでひざの痛みは解消されました。
膝関節を調節しないと痛みが解消されないケースというのもありますが、それはごくまれです。
たいていの膝の痛みは、筋肉を緩めていくことで解消されていきます。
さいたま市でひざの痛みでお悩みの方も、お気軽にご相談下さい。

 

ひざの痛みでお悩みなら当院へ。
さいたま市からも来院されています。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
ひざの痛みなら越谷の整体オーラウェーブ療術院

 

※ホームページからひざの痛みについてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top