オーラウェーブ療術院院長コラム

自律神経失調症で呼吸が浅くなるのはなぜ?

自律神経失調症で呼吸が浅くなるのはなぜ?

自律神経失調症で呼吸が浅い。自律神経失調症は、様々な症状が出るのが特徴です。
その中には、呼吸が浅い・呼吸が苦しいといった症状の方もおられます。
呼吸が浅いので常に息苦しさを感じたり、精神的に参ってしまうケースもあります。
こういった呼吸の問題というのは、改善できるものなのでしょうか。
ここでは、自律神経失調症による呼吸の異常について解説していきます。
自律神経失調症で呼吸でお悩みという方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

自律神経失調症なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

普段使っている部分を使えなくなると呼吸が浅くなる

人間は、そのときの喜怒哀楽の感情で使う部分が違います。
さらに感情だけでなく、積極性や消極性、考え方といった日常生活や仕事の中で使って動く部分が体の中にあります。
呼吸が浅いという状態は、普段の生活の中で使う部分が動いていないというのが原因にあります。
使う部分といっても、表面的な筋肉や内臓に異常があるわけではありません。
もっと目に見えない部分に問題があるのです。

自律神経失調症で呼吸が苦しい原因とは

体を動かすときに使う部分というと、表面的な筋肉や骨格に目がいってしまいます。
しかし呼吸が浅かったり苦しいという状態を自分で改善するとなると、もう少し違った視点が必要になってくるのです。
人間はそのときの気持ちや感情で、体への力の入り具合が変わってきます。
例えば、やる気を出す・正義感に燃える・他人のことを考えるなど積極的にプラスの行動を起こすときというのは、体にもみなぎるものが出て適度に力が入っている状態です。
逆に、消極的・自分勝手・悪いことばかり考えるなどマイナス思考に陥っているときは文字通り腰が引けてしまうので、入れようと思っても体に力が入りません。
その他、強い恐怖やショックな出来事など、外部からの強い刺激によって体に硬直感が生じるのが原因のケースもあります。
「ヘビに睨まれたカエル」という言葉もありますが、急にショックなことがあると体の動きが止まってしまいます。
普段は無意識に使っている部分が、突然の出来事に動かなくなってしまうのです。
人間の体は、自分の意志で動かせる部分(随意筋)とそうでない部分(不随意筋)があります。
メンタルが落ち込むことで体が硬直し(その逆もある)、呼吸が浅くなってしまうのです。

 

自律神経失調症で、呼吸を元に戻すために必要なこと

体が緊張して硬直すると呼吸も浅くなりますが、それを元に戻すためには体の様々な部分を使えるようにするのが効果的です。
そのためには、様々な良い刺激を受けることが重要となります。
良い刺激を受ければ心身ともにプラスの方向に向かいます。
読書や映画鑑賞・スポーツ・ショッピングなどしてもいいですし、それと合わせてメンタルも意識するといいでしょう。
不調から逃げようという考えで何か行っても効果的ではありません。
自分を高みに上げようとか、自分の調子が良くなることが周りのためにもなるなど、何らかの目的意識を持ちながらやったほうが体の反応も違うはずです。
自律神経失調症の改善方法をインターネットで調べると様々な情報が出てきますが、それらを機械的にやっても体は反応しません。
血が通っている人間だというのを意識し、体に必要な良いものを取り込んでいるようなイメージで息をすれば呼吸もしやすくなるかもしれません。
呼吸が浅い、呼吸が苦しいからとテンパッたり、肺や腹筋など物理的なものを意識してもすぐに限界があります。
根本的な部分から改善するには、メンタルや意識の部分を改めることも必要なのです。
そうすると徐々に体も反応してくるので、深い呼吸もできるようになってくるはずです。
自律神経失調症と呼吸について。

メンタル面は良くなったのに、呼吸が浅いままなのはなぜ?

自律神経失調症で、メンタル部分が良くなったのに呼吸が浅いままというケースもあります。
呼吸が浅い・呼吸が苦しいという症状が出たということは、体に緊張状態が出たということです。
メンタル面が回復することで体の緊張状態も緩んでいくのですが、一回出た症状が残ってしまうことがあります。
これは呼吸にかぎらず、どんな症状にも起きうることなのです。
一度症状が出たあとの名残りみたいなものですが、体調が悪くなければ徐々に元に戻っていくはずです。

 

自律神経失調症で呼吸が浅いのは、整体でも治る

自律神経失調症で呼吸が苦しいのが治った。自律神経失調症で呼吸が浅い・呼吸が苦しいという方も来院されますが、整体で改善・解消することも可能です。
これまで前述してきたのは自分で治そうとした場合のやり方で、整体のような外部からのケアで呼吸が改善されたりもするのです。
自分で治そうとすると長期間かかることもありますが、整体などのケアを受けることで短期間で息苦しさなどの症状が解消されるケースは多く見られます。
整体というと骨をボキボキやられるようなイメージが強いですが、自律神経失調症による呼吸の不調を改善するのに骨をいじっても効果はありません。
基本的には血流循環を促すことで、体の緊張を緩めていくやり方がとても効果的です。
どういった施術を行うかは院によってまったく違うので、もし整体を受けたい場合は直接問い合わせてみるといいでしょう。
当院では、自律神経失調症による様々な症状の完治例が多くあります。
自律神経失調症による息苦しさなどでお悩みの方も、一度ご相談下さい。

 

自律神経失調症で呼吸が浅いなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
自律神経失調症なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

※ホームページから自律神経失調症についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top