オーラウェーブ療術院院長コラム

一ヶ月前に起こしたハムストリングの肉離れ。羽生市から来院。

一ヶ月前に起こしたハムストリングの肉離れ。
羽生市から来院。

性別:男性
年齢:17歳
学年:高校3年生
主訴:ハムストリングの肉離れ

一ヵ月前、サッカーをしている最中に左ハムストリングの肉離れを起こした。
整形外科のリハビリや、接骨院で治療を受けるも完治には至らない。
日常生活に支障は無く、走ったときのみ痛みが出るそうだが、8割くらいの力でしか走ることができないとのこと。
当院を見つけ、羽生市から来院された。

 

太もも裏側の肉離れで羽生市から来院した方の施術結果

1回目:

施術前に、どういった動作で肉離れの痛みが出るかの確認をする。
だが、あらゆる動作やストレッチを行っても違和感すら出ない状態。
走ったときのみ痛みが出るとのこと。
しかし痛めていない右足と触り比べると、左ハムストリングは筋肉の固さが目立っている。
施術は、血流循環を促すことで固くなっている筋肉を緩めていく。
施術後に左太もも裏側の筋肉を触診すると、固さはだいぶ無くなっている状態。

 

2回目:3日後。

前回の施術後に走ってみたそうだが、9割くらいの力で走っても大丈夫だったとのこと。
肉離れ後の筋肉の固さが原因で走れなかったのだと思われる。
今回もしっかりハムストリングの筋肉を緩め、右足と触り比べた感触もだいぶ同じくらいになってきている。

 

3回目:3日後。

全力ダッシュしても違和感すら出なかったとのこと。
ハムストリングを触った感じもだいぶすっきりしており、初めのときと比べるとまったく固さは無くなっている。
これくらいになれば肉離れが完治している可能性も非常に高く、ご本人も一度様子を見てみるとのこと。

 

ハムストリングの肉離れを施術した院長のコメント

ハムストリングの肉離れで羽生市から来院されました。
一ヵ月前に肉離れを起こして以来、走れない状態が続いていたそうですが、2回の施術後に全力ダッシュできるまでに回復されました。
肉離れは痛めた直後は炎症が起きますが、腫れが引いた後には必ず固さが残ります。
この筋肉の固さが残っていると、スポーツなどで支障が出ることが多く、同様の症状で悩まれている方はとても多いのです。
しかし筋肉の固さをしっかり緩めることができれば、筋肉の伸縮性や弾力性が戻ってくるので、負荷がかかっても平気になってくるのです。
こういった処置は、整形外科や接骨院では難しい場合も多く見られます。
当院では、肉離れの急性期や後遺症などの完治例が多くあります。
羽生市で肉離れ治療をお探しの方も、一度ご相談下さい。

 

肉離れ治療をお探しなら当院へ。
羽生市からも来院されています。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012

ホームページ
肉離れ治療なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

肉離れについて詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。
【肉離れ治療】太もも肉離れ治療、ふくらはぎ肉離れ治療について

 

※ホームページからハムストリングの肉離れについてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top