オーラウェーブ療術院院長コラム

鼠径部より上の、骨盤周辺の肉離れ。完治例です。

鼠径部より上の、骨盤周辺の肉離れ。
完治例。

性別:男性
年齢:13歳
学年:中学2年生
主訴:鼠径部より上の、骨盤周辺の肉離れ

2ヵ月ほど前からサッカー中に、骨盤前側の部分に痛みを感じるようになった。
痛みを我慢して半月ほどサッカーを続けていたとのこと。
その後、3週間ほど安静にしていたが、練習を再開したところ初日からまた痛み出したとのこと。
ボールを蹴る動作で痛みが生じ、日常生活でも階段を上る際など、もも上げの動作で痛みが生じている状態。
インターネットで肉離れについて調べていたところ当院を見つけて来院された。

 

鼠径部より上の、骨盤周辺の肉離れで来院された方の施術結果

1回目:

施術前に、どういった動作で痛みが生じるのか動作検査を行う。
肉離れは左側に起こしており、立った状態でもも上げをすると痛みが出る。
あお向けの状態で左足を挙上しても骨盤部分に痛みが出る。
うつ伏せで膝を曲げる動作も、鼠径部から骨盤にかけてのスジに痛みが出る状態。
肉離れの患部を押しても痛みを感じており、炎症を起こしているのが触った感じでわかる。
施術は、痛めた筋肉が回復できるように血流循環を促して筋肉を緩めていく。
施術後は、まだこれといった変化は出ていない。

 

2回目:2日後。

施術後は、良くなったような反応はまだ出ていないとのこと。
前回と同様に筋肉を緩めていくが、前回のやり方では反応が鈍かったため、今回は多少違ったアプローチで施術を行った。
施術後は、左足を挙上できる角度が増しており、うつ伏せで膝を曲げれる角度も増している。

 

3回目:3日後。

前回の施術で可動範囲はアップしたものの、まだ肉離れの痛みは残っている状態。
これまでと同様に、筋肉をしっかり緩めていく。
足を動かせる範囲は増してくるが、骨盤の前側にある骨の部分が一番痛みを感じている。

 

5回目:

鼠径部付近の痛みはほぼ解消されているが、骨盤の前側に出ている骨の部分に痛みが残っている。
押すと痛みを感じ、スジ張っているのがわかる。
足やでん部など周りの筋肉から緩めていき、最後に骨盤部分を重点的に施術を行った。
施術後は、動作による骨盤の痛みは多少残っているものの、痛みの度合いは小さくなっている。

 

7回目:

肉離れの状態はかなり良くなっており、日常生活では痛みは感じなくなっている。
ただし、インサイドキックでボールを蹴る際に骨盤部分に痛みを感じるとのこと。
肉離れを起こした骨盤部分を触診すると、痛めていないほうと比べるとスジ張った感触が残っているので、その部分の筋肉をしっかり緩めていく。
サッカーボールを持参されていたので、施術後にインサイドキックしてもらうと痛みは出ていない。

 

8回目:

肉離れの症状はかなり良くなっており、インサイドキックしても痛みはほぼ感じていない。
多少の違和感程度が残っているそうなので、骨盤部分の筋肉をしっかり緩めていく。
施術後は、すべての動作で痛みは出ていない。

 

鼠径部より上の、骨盤周辺の肉離れを施術した院長のコメント。

鼠径部より上の、骨盤周辺の肉離れで来院されました。
鼠径部や骨盤の肉離れは、サッカーなどボールを蹴るスポーツをやっている方に多く見られます。
症状としては、走ったりはできるのにボールを蹴る際に痛みが出るというケースが多いです。
しかし今回のケースでは日常生活でも痛みが生じており、患部もはっきりと炎症を起こしているのがわかるくらいでした。
痛みを我慢してサッカーの練習を続けていたために、患部の状態がどんどん悪くなっていったのだと思われます。
痛みも鼠径部より上まで伸びており、思いのほか治療期間がかかってしまいました。
しかし、施術を重ねるごとに少しずつ症状が改善されて最終的には完治となりました。
肉離れは、しっかり処置することで解消できる症状です。
鼠径部や骨盤の肉離れでお悩みなら、一度ご相談下さい。

 

骨盤周辺の肉離れなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
肉離れ治療なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

肉離れについて詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。
【肉離れ治療】太もも肉離れ治療、ふくらはぎ肉離れ治療について

 

※ホームページから、骨盤周辺の肉離れについてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top