オーラウェーブ療術院院長コラム

ボクシングで痛めた、両足ふくらはぎの肉離れ。栃木県から来院。

ボクシングで痛めた、両足ふくらはぎの肉離れ。
栃木県から来院。

性別:女性
年齢:30歳
主訴:両足ふくらはぎの肉離れ。

3ヵ月前に両足ふくらはぎを痛めた。
整形外科を受診し、エコー検査を行い肉離れと診断される。
ボクシングをやっており、痛みがあるのにボクシングの練習を続けて右足は3回、左足は2回痛みをぶり返している状態。
カイロプラクティックや鍼灸治療を受けるも、改善は見られない。
当院を見つけ、栃木県大平町から来院された。

 

両足ふくらはぎの肉離れで栃木県から来院された方の施術結果

1回目:

施術前に、どういった動作で痛みが生じるのか確認する。
アキレス腱を伸ばすような動作は平気だが、つま先立ちのように踵を上げる動作で痛みが出る。
ジャンプして着地するときにも痛みが生じる。
ボクシングの練習でフットワークを使うときに支障が出ているとのこと。
ふくらはぎを触った感じも、何度か痛みをぶり返しているせいかかなり張りがあって嫌な状態。
施術は血流の循環を促し、筋肉を緩めることで痛めた部分を回復させていった。
ふくらはぎを触った感触は筋肉の張りも和らいでいるが、まだ肉離れの痛みが改善されている自覚は無いとのこと。

 

2回目:次の日。

近くボクシングの大会があるというので、連日の来院となった。
状態はまださほど変わっていないとのこと。
前回同様に、筋肉をしっかり緩めていく。
ふくらはぎを触診した感じはだいぶ柔らかくなってすっきりしているが、まだはっきりとした改善は感じられないとのこと。

 

3回目:次の日。

まだ肉離れの痛みは残っている状態。
表面的な部分では筋肉の状態は良くなっているので、今回は深めに処置を行った。
施術後は今までよりも肉離れの痛みが改善されている状態。

 

4回目:4日後。

前回の施術後、ふくらはぎの痛みが取れてきているとのこと。
肉離れの痛みは部分的に残っているそうだが、だいぶ改善はされてきている様子。

 

5回目:2日後。

ボクシングの練習もだいぶできるようになってきているとのこと。
以前は全体的に痛みを感じていたが、残っている部分はかなりピンポイントになっている。
残っている部分を重点的に処置し、肉離れの痛みは大幅に改善されている。

 

6回目:4日後。

だいぶ調子が良くなっているようで、フットワークも使えるようになっているらしい。
痛みも多少残っているが、それでも支障が出るほどではないとのこと。
今回が大会前に来れる最後の日なので、しっかり施術を行った。
施術後は若干痛みが残っている部分もあるが、肉離れの痛みはほぼ解消されている状態。
数ヵ月後にまた来院されたが、大会は優勝することができたとのこと。

 

両足ふくらはぎの肉離れを施術した院長のコメント

両足ふくらはぎの肉離れで、栃木県から来院されました。
何度も痛みをぶり返してしまったせいか、筋肉はとても良くない状態でした。
2回程度の施術では改善を感じられなかったようですが、施術を重ねるごとにどんどん回復していきました。
結果として6回目の施術後には肉離れの痛みもほぼ解消され、ボクシングの大会でも優勝することができたそうです。
肉離れの状態によっては1~2回の施術を受けても改善を感じられないこともありますが、効果は必ず入っています。
最終的に筋肉の状態は良くなっていきますので、途中であきらめないことが重要です。
栃木県で肉離れ治療をお探しの方も、お気軽にご相談ください。

 

肉離れ治療なら、越谷の整体オーラウェーブ療術院へ。
栃木県からも来院されています。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
肉離れなら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

肉離れについて詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。
【肉離れ治療】太もも肉離れ治療、ふくらはぎ肉離れ治療について

 

※ホームページから肉離れ治療についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top