オーラウェーブ療術院院長コラム

肉離れの通院頻度や通院日数はどれくらい?

肉離れの通院頻度や通院日数はどれくらい?

肉離れで通院している。肉離れで来院する方からは、「どれくらいの回数や期間で完治できますか」という質問をよく受けます。
肉離れを起こす方はスポーツをやっていることが多く、早く競技に復帰したいのはもちろん、試合や大会が目前に迫っているというケースも少なくありません。
そのため、通院日数や通院頻度を気にされることが多いのです。
ここでは、肉離れの通院に関して解説していきます。
肉離れでお悩みの方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

肉離れの症例や実績は全国でもトップクラスの整体院です。
肉離れなら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

肉離れ治療の通院頻度

肉離れ治療の通院頻度についてですが、これは治療院によって異なります。
そこで行われている施術内容や、施術者の考え方によって変わってくるからです。
肉離れの通院頻度に業種別に解説していきます。

整形外科の場合

整形外科を初めて受診すると、レントゲン検査や湿布の処方などが行われます。
特にこれといった治療は行われないことが多く、自然経過を見るといった感じです。
肉離れ受傷直後なら「〇日後に来てください」といった感じで、症状が落ち着いてきたら1週間後、2週間後という感じで言われます。
治療のために通院するというより、経過観察のために通うといった感じです。

接骨院や整骨院の場合

接骨院や整骨院は、名称が違いますが中身はまったく同じです。
肉離れを起こしたばかりなら3日間はアイシングで冷やし、3日目からは温めや電気治療・軽いマッサージが行われます。
通院頻度としては、「毎日来てください」といった感じです。

鍼灸院や整体院の場合

鍼灸院や整体院の場合は、先生の考え方によって通院頻度が変わってきます。
「毎日受けたほうがいい」という場合や、「1週間に1回程度でいい」という所もあります。

当院の場合

当院は整体院ですが、肉離れに関してはかなりの実績があります。
肉離れの治療に関しては「この頻度でなくてはいけない」という縛りは無いため、通院頻度に関してはその方の都合に合わせてという感じです。
「試合や大会まで数日しかない」という期限付きの方は毎日通われますし、余裕のある方は週に1~3回というペースで来院されます。

 

肉離れ治療の通院日数

肉離れで病院に通院する。肉離れは、どのくらい通院すれば完治できるものなのでしょうか。
ここでは、肉離れの通院日数について解説していきます。

整形外科の場合

整形外科は、行っても肉離れの状態を確認するだけで治療を行ってくれる所はほとんどありません。
そのため、「1回しか行かなかった」という方も多くおられます。
通院回数は自己判断に委ねられます。

接骨院・整骨院の場合

肉離れの度合いにもよりますが、10回以上の通院は当たり前です。
数十回通院するというケースもよくありますし、それでも完治に至らないケースも珍しくありません。
保険の範囲内での治療では、肉離れを完治させるのは難しかったりします。

鍼灸院や整体院

治療内容や先生の実力によって、通院日数は大きく左右されます。
数回の治療で完治できる場合もあれば、それ以上かかることもあります。
肉離れに不慣れな院では、「当院では対応できない」と断られたというケースも聞いています。

当院の場合

当院では、通院日数は4回前後を目安にしています。
それくらいの日数で肉離れを完治、もしくは8~9割程度の改善を見込んで施術しています。
肉離れの状態によってはそれ以上かかるケースもありますが、多くの場合は4回程度の回数で完治・改善できています。

 

肉離れの、理想の通院頻度とは

肉離れの通院頻度について。肉離れ治療における理想の通院頻度というのはあるのでしょうか。
実は、はっきりとした定義はありません。しかし、早く治したいのであれば通院頻度は短めのほうがいいでしょう。
当院の場合では、通院頻度はその方の都合に合わせています。
試合や大会が迫って期間が無いのであれば毎日施術を受けることを勧めますし、期間に余裕のある方には1週間以内を目安にした来院を勧めています。
「肉離れの治療は短い間隔で受けないと治りにくくなってしまうのでは」と心配される方もいますが、週1回のペースで通院して完治させる方もおられます。
特に大きな差は無いので、あまり気にしすぎることはないでしょう。
通院頻度の考え方としては、仮に4回の施術で肉離れが完治するとしたら毎日受ければ4日、週1回のペースで受ければ4週間かかるといった感じです。
施術を受ける頻度によって完治までの期間が変わってくると思っていいでしょう。
通院頻度に関しては、「いつまでに治したい」というご自分の都合を元に考えていいのです。

 

少ない通院日数で肉離れを完治させるには

通院日数を少なくするためには、やはりしっかりした効果のある治療を受けることが必須です。
効果が小さい治療を受けていると肉離れはなかなか改善されていきません。
それでもいつかは治るだろうと思って治療を続けていても、通院回数は増える一方です。
肉離れを起こすと接骨院に通われる方も多いのですが、接骨院では毎日のように通院を促されます。
それで肉離れの症状が改善しても、「治療で良くなったのか自然と良くなったのかわからない」と皆さんおっしゃいます。
治療効果が小さいと自然治癒と同程度の回復しかなく、結果として通院日数もかなりかかってしまうのです。
通院日数を少なく済ますためには、しっかり効果の見込める治療、もしくは肉離れに精通している治療院でケアを受けるのが望ましいでしょう。

 

肉離れの通院が長期間かかってしまう場合とは

肉離れの通院日数について。肉離れは短期間で完治してしまう方も多いいですが、長期間の通院がかかってしまうケースもあります。
実際に長期間かかったケースについて解説していきます。

肉離れの症状が重い

肉離れの症状は軽度・中度・重度と3段階ありますが、当然重度に近づくほど治るまでに期間がかかりやすくなります。
そのため、結果として通院回数や通院日数がかかってしまうのです。
筋断裂・むくみを伴っている・打撲による肉離れなどのケースでは治るまでに期間がかかりやすいです(早く治るケースもあります)。

肉離れが治りきらずに、また痛めてしまう

肉離れが治りきっていないときに動いてしまい、再度同じ部分を傷めてしまうケースがあります。
このように同じ部分を傷めれば患部はまた炎症を起こしますので、完治するにしても余計な通院回数や日数がかかってしまうことになります。
当院でも、肉離れが治りきるまではなるべく安静にすることを勧めていますが、治りきっていないのに動いて毎回傷めてくるという方もおられました。
そういうことを繰り返していると肉離れはいつまで経っても治りませんし、患部の状態も悪くなっていく一方なので、どんどん治りにくくなっていきます。
こういった事態を防ぐためにも、肉離れが治りきるまでスポーツは極力控えたほうがいいでしょう。

施術の反応が鈍い

肉離れにかぎらず、施術の反応には個人差というものがありますが、中には反応がかなり鈍い方もおられます。
改善は見られるのですが、同じような処置を施しても他の方とかなり反応が鈍かったりするのです。
そういった方でも完治はできるのですが、反応が鈍いため回数や期間がかかってしまうことがあります。

このように肉離れが改善するペースには個人差もありますが、肉離れはたいていの場合で完治できる症状でもあります。
肉離れでお悩みなら、一度ご相談下さい。

 

肉離れの治療をお探しなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012

ホームページ
肉離れなら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

肉離れについて詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。
【肉離れ治療】太もも肉離れ治療、ふくらはぎ肉離れ治療について

 

※ホームページから肉離れについてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top