オーラウェーブ療術院院長コラム

【肉離れ 全治】肉離れの全治の期間や完治について。

【肉離れ 全治】
肉離れの全治の期間や完治について。

肉離れが全治していない。

肉離れを起こすとスポーツはもちろん、日常生活にも支障が出てきます。
試合など控えている方は、肉離れが全治するまでの期間や完治についてとても気にされています。
全治の期間だけでなく完治できるのかというのが、肉離れを起こしたほとんどの方に共通している悩みです。
しかし、実は肉離れは全治までの期間を大幅に短縮して完治されることも多く、早期にスポーツに復帰できる場合も多いというのをご存知でしょうか。
ここでは肉離れの全治の目安や、肉離れの完治について、実際の現場での経験から解説していきます。
肉離れの全治や完治についてお悩みの方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も通う整体院

肉離れの症例や実績は全国でもトップクラスの整体院です。
肉離れなら越谷市の整体院 オーラウェーブ療術院

 

肉離れの全治とは?

肉離れを起こした際、たいていは病院や整形外科を受診します。そして病院の先生に「全治〇週間ですね」と言われたりします。
しかし実際に言われた通りの期間が過ぎても完治しないことも多いため、「何で?」と思っている方も多いかと思います。
肉離れは放っておいてもある程度は良くなるため(悪化する場合もありますが)、期間が経過することで大雑把には改善されます。
しかし実際は違和感やつっぱり感が残ることも多く、日常生活に支障が無くてもスポーツを行った際に支障をきたすということがよくあります。

なので病院で言われた全治というのは、「大雑把に良くなるだろうと思われる期間」のことだと思ったほうがいいかもしれません。
「ちょっと残るかもしれないけどこれくらいの期間で大体は良くなるんじゃないの」ということです。
ちょっとガッカリしてしまうかもしれませんが、これが肉離れを起こした際の実情です。

 

本当の肉離れの完治とは?

では肉離れは全治の期間が過ぎても完治できないのか?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
肉離れはしっかりした治療を受けることで完治できる場合が多々あります。
当院でいう「完治」という状態は、日常生活はもちろん激しいスポーツを行っても違和感すら無く、肉離れを起こしたことも忘れてしまうくらいの状態のことです。
「そんな状態まで回復して完治できるの?」と思われるかもしれませんが、実際に完治された症例が多数あります。
肉離れはクセになったり、治ったと思ってもまた痛めてしまうというイメージがありますが、実はしっかりした治療を受けることで完治されることの多い症状です。
肉離れが完治できることが多いというのは、一般的には案外知られていません。
実際に肉離れが病院で診断された全治の期間よりもずっと短期間で完治している症例は多数ありますので、まずは肉離れは必ず良くなるものだということを知って下さい。

 

肉離れは全治までの期間より早く完治されることも

肉離れは診断された全治までの期間よりも早く完治できる場合が多くあります。
それにはしっかりした治療を受けることが必須ですが、実際に当院に来院されている方は病院で診断された全治までの期間よりも早く良くなっていきます。
これは来院されたほとんど全ての方がそうです。
例えば全治2ヵ月と診断されていた肉離れが1週間でスポーツに復帰できたり、全治2週間と言われていたのが2~3日程度で完治したという例もあります。
もちろんすべての方が劇的に回復するわけではないですが、治療を受けることで順調に回復していくので、診断された全治期間よりも早く完治できるというケースが多いのです。

 

肉離れの全治や、肉離れを完治させるには

肉離れの全治までの期間を短縮したり、肉離れを完治させるには、痛めた筋肉を回復させていく必要があります。
細かいことは省きますが肉離れは完全に筋肉の症状なので、痛めた筋肉が修復されることでまたスポーツなど行える状態に戻っていきます。
痛めた筋肉を修復するには血流の循環を良くする必要があります。
血流の循環が良くなることで、傷んだ筋肉が修復されて肉離れを完治することができます。
しっかり修復されれば、またスポーツなどで負荷をかけてもぶり返すリスクもほぼ無くなるのです。
ときには劇的な改善がみられることもあり、これが肉離れを完治させる最も有効な手段となります。
肉離れを完治させる治療法について詳しく知りたい方や、実際に肉離れが短い全治期間で完治した症例を確認したい方は下記をご覧ください。
【肉離れ 治療】太もも肉離れ治療,ふくらはぎ肉離れ治療について

 

肉離れの全治の期間や、肉離れの完治はどれくらいかかる?

太ももに肉離れを起こしている。

肉離れはしっかりした治療を受けることで、診断された全治期間を大きく下回るほどかなりの短期間で完治される場合も多いです。
ここでは肉離れの全治の期間や完治までについて解説していきます。
これはあくまで当院の場合ですが、太ももやふくらはぎの軽度~中度の肉離れなら3回~6回程度の施術で期間は1~2週間程度で完治される方は多いです。
しかし実際は治療期間よりも治療の回数のほうが重要となります。
例えば4回で完治できると仮定した場合、3日に1回のペースで施術を受ければ12日かかりますが、毎日受ければ4日で解消できたりします。
中には試合や大会まで数日しかないという方も多く、そういった方は連日治療を受けに来ますが順調に回復していきます。
なので肉離れの全治の期間や完治するまでの期間というのは治療を受けるペースによってかなり変わってくるのです。
もちろん毎日来ないと良くならないというわけではなく、例えば週1回の治療でも順調に良くなっていきます。
急いでいない方はそれくらいのペースでも問題ありませし、スパンが開いたからといって治療回数が増えるということもありません。
その他、筋断裂などの重度の肉離れや、肉離れ発症後に症状が悪化してしまったケースではそれ以上かかることもあります。
中には肉離れを長期間引きずっている方もおられますが、しっかりした処置をすることで短期間で完治できる場合もあるのが肉離れの特徴でもあります。

診断された全治より早く完治したケースでは

中度程度の肉離れでも早ければ2日でスポーツに復帰した例もあります。
そういった例は稀ですが、その他の症例でも全治2ヵ月と診断された肉離れが1週間でサッカーに復帰した例や、患部の腫れた太もも肉離れが2日でラグビーに復帰したり、筋断裂で歩行困難が2回の施術で歩行できたなどの例もあります。
肉離れはしっかりした治療を受けることで、かなりの短期間で完治してしまうケースが見られこともあります。

 

肉離れは多くが全治期間より早く完治できる

当院には肉離れで来院する方が多いのですが、多くの方が診断された全治の期間よりも早く完治されています。
肉離れは良くならない方のほうがはるかに少ないのです。
多くの方がスポーツにも復帰され、完治のような状態になっています。

何回の治療で肉離れが完治する?

個人差もあるため完治までの回数が決まっているわけではありませんが、当院では4~5回を目安にしています。
1回の治療でかなり改善される方もいますが、1~2回の治療では反応が鈍い場合もあります。
しかし、それでも3回目くらいになるとかなり改善されていることが大半です。
治療を受けるほど肉離れの患部の状態というのは良くなっていきます。
スポーツをする方は5~6回程度まで治療を受けられると全治期間よりも早く完治のような状態になることがかなり多いです。
このように、実は肉離れという症状は解消が難しいものではないのだと知って頂きたいと思います。
ただし、再発させてしまった肉離れや、肉離れ発症後に自然経過で悪化しているケースなどもあり、こういった場合は通常より全治までの期間を必要とするケースがあります。
しかしそれ以外のほとんどの肉離れは全治期間よりも早く完治されるケースが多く見られるのです。

 

肉離れを全治の期間より早く完治させよう

肉離れはしっかりとした治療を行えば、診断された全治までの期間より早く完治できる場合がとても多い症状です。
しかし肉離れ発症後から期間が空きすぎていたりすると筋肉の状態が変化してしまうこともあり、治りにくくなるケースもまれにあります。
肉離れを起こしたら早期に治療を受けることが、全治の期間を短縮し肉離れを完治させるにの重要です。
肉離れの全治や完治でお悩みなら、一度ご相談下さい。

 

肉離れの全治や完治でお悩みなら当院へ

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
肉離れなら越谷市の整体院オーラウェーブ療術院

肉離れについて詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。
【肉離れ治療】太もも肉離れ治療,ふくらはぎ肉離れ治療について

 

※ホームページから肉離れの全治や完治についてメールで問い合わせることもできます。お気軽にお問い合せ下さい。

Return Top