オーラウェーブ療術院院長コラム

越谷で腕の痛みなら当院へ。草加,三郷,春日部からも来院。

越谷で腕の痛みなら当院へ。

越谷で腕の痛みを治療する。腕に痛みが生じると、腕を上げたり動かす際に痛みが生じたり、手に力が入りにくくなります。
接骨院などで、腕や肩に電気治療を行っている方も多いのですが、機械による治療ではなかなか良くならない場合が多いのが実情です。
当院でも様々な要因から腕に痛みが出ている方が来院されますが、痛みが解消されている例は多くあります。
ここでは腕の痛みについて、実際のケースを元に解説していきます。
越谷周辺で腕の痛みでお悩みの方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

腕の痛みなら越谷の整体 オーラウェーブ療術院

 

腕に痛みが出る原因

腕の痛みは、様々な要因で引き起こされます。
ここでは実際に来院された方のケースを元に、腕に痛みが出る原因について解説していきます。

腕を使いすぎて痛みが出ている

単純に腕の筋肉を酷使したために、痛みが生じているケースがあります。
何らかの作業を毎日行って腕の筋肉に負荷をかけていると、その部分が疲労で緊張してきます。
疲労が積み重なることで筋肉が固くなったりスジ張ってきたりして、腕に痛みが生じてくるケースです。

頸椎ヘルニアが原因で、腕に痛み

頸椎ヘルニアとは、首の骨の椎間板が飛び出ている症状のことです。
腕の神経は首から出ているため、頸椎ヘルニアによって神経が刺激されると腕に痛みが出てくるのです。
腕の痛みだけでなく、しびれや握力の低下などを伴うこともあり、日常生活に支障が出ている場合も多く見られます。

肩こりから腕に痛みが出ることも

頸椎ヘルニアでもなく、腕を酷使しているわけでもないという場合、肩こりから腕に痛みが出ることもあります。
病院で検査しても何の異常も見つからない場合は、たいてい筋肉のこりが原因だったりします。
肩がこりすぎれば腕の血流も悪くなり、腕の筋肉が固くなることで痛みにつながります。

背中や肩甲骨のこりから腕に痛みが出ることも

案外知られていないのが、背中や肩甲骨のこりから腕に痛みが出るケースです。
例えば、背中の肩甲骨内側の筋肉がこるだけで腕に痛みやしびれが出ることもあります。
さらに肩甲骨の外側にある大円筋や小円筋という筋肉は腕へとつながっているため、この筋肉に異常があると腕に痛みが出たり、腕が上がらないなどの症状が出ます。
こういった筋肉のこりというのは検査では判別できず、腕の痛みの原因がわからないと悩まれている方も多くおられます。

五十肩で腕に痛みが出ているケース

五十肩や四十肩と呼ばれる症状では、肩関節の筋肉が固くなって腕が上がらなくなるなどの症状が出ます。
無理に腕を上げようとすると、痛みが生じます。
痛みが生じる部分として多いのが、腕の付け根にある三角筋という部分です。
五十肩の場合は、筋肉に触った感じが目立って固くなっていたりスジ張っていたりする場合が多いです。

肉離れを起こして腕に痛みが出ていることも

力仕事やスポーツなど突発的に痛みが出た場合は、腕に肉離れを起こしているケースもあります。
腕に肉離れを起こすことはそう多くはないのですが、ビキッとした痛みが出て筋肉が腫れたようになっていると、肉離れの可能性が高いです。
腕の肉離れでは、肘を曲げたり手首を動かす動作で痛みが出る場合が多く、患部を軽く押すだけでも痛みが生じやすいです。
整形外科を受診すること、肉離れかどうかの診断をしてもらえます。

 

腕の痛みの治療

越谷で腕の痛みを治療する。腕の痛みの治療は、その原因によって処置する部分が変わってきます。
頸椎ヘルニアが原因なら首や肩周辺を重点的に施術しますし、背中や肩甲骨周辺に原因があればそこを重点的に施術します。
もちろん痛みが出ている腕に対しても、直接治療していきます。

腕の痛みの治療では、筋肉を緩める

腕の痛みの治療では、固くなった筋肉を緩めることで血流を循環させるのが一番の治療法となります。
血流の循環が良くなることで筋肉がリフレッシュされるので、固かった部分が柔らかくなったり、スジ張った部分が無くなってきます。
そうすると筋肉に柔軟性が出てきて負荷を吸収できるようになるので、腕の痛みの解消につながっていきます。
電気治療など、機械による治療で筋肉の状態が良くなると思っている方も多いですが、逆に筋肉がしこりのような状態になってしまうケースもあります。
そうなると改善が難しくなるケースも出てきてしまうので、その点は気を付けたほうがいいでしょう。

頸椎ヘルニアと診断されている場合の治療

頸椎ヘルニアと診断されている場合は、首や肩の筋肉を緩めていくことで骨や神経への圧迫を減らしていきます。
頸椎ヘルニアは、肩や首まわりの筋肉が固くなることで骨を圧迫したために起きている場合が多いからです。
首の状態が良くなるだけで腕の痛みが解消される場合もありますが、腕自体をケアする場合もあります。
神経痛で痛みやしびれが出た部分も、筋肉が固くなってしまっていることもあるからです。
頸椎ヘルニアの部分と痛みが出ている部分を同時に処置していく必要があります。

肉離れと診断されている場合の腕の治療

肉離れと診断されている場合も、血流の循環を促して筋肉の状態が良くなることで解消されていきます。
肉離れの場合は筋肉が腫れたように炎症を起こし、患部を押すと痛みが生じたりしますが、そういった状態でも問題なく治療することが可能です。
しっかり治療することで炎症も早期に引いていき、短期間で腕の痛みが解消されてしまうケースも珍しくありません。

五十肩で腕の痛みが出ている場合の治療

五十肩の場合は、肩関節の筋肉や靭帯が硬直しているために、腕を上げようとすると三角筋などに痛みが生じます。
腕自体の筋肉も固くなっている場合も多いので、肩関節と腕の筋肉、肩甲骨の外側の筋肉などを同時に緩めていきます。
筋肉が緩むことで腕の可動範囲がアップするので、腕も上がるようになりますし腕の痛みも解消されていくのです。

 

腕の痛みなら、越谷の整体オーラウェーブ療術院へ。
草加,三郷,春日部からも来院。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
腕の痛みなら越谷の整体オーラウェーブ療術院

 

※ホームページから腕の痛みについてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top