オーラウェーブ療術院院長コラム

筋膜炎を起こした高校生の腰痛。八潮市の方。

筋膜炎を起こした高校生の腰痛。
八潮市の方。

性別:男性
年齢:17歳
学年:高校3年生
主訴:筋膜炎による腰痛

中学生のときに腰椎分離症を患っており、その後もすべり症と診断されるなど、もともと腰が悪い状態。
今回は1ヵ月前からひどい腰痛になっている。
病院を受診したところ、腰に筋膜炎を起こしていると診断。
腰痛と関係あるかわからないが、ヘソ周辺に浮腫のような塊があり、押すと痛みを感じるとのこと。
ご家族の紹介で、八潮市から来院された。

 

腰痛で八潮市から来院した方の施術結果

1回目:

施術前に、どういった動作で腰痛が出るのか確認する。
腰を反らす動作で、腰椎4,5番の骨の上に痛みが出る。
うつ伏せの状態で腰を触診すると、腰が腫れたように炎症を起こしており筋膜炎を起こしている状態。
腹部にある浮腫のような塊も、押すと痛みが生じる。
施術は、骨格はいじらずに筋肉のみをしっかり緩めていく。
施術後は、腰を後ろに反らした際の腰痛は解消。
腰に起きている炎症もかなり引いている。
腹部にある浮腫を押した際の痛みも、大幅に改善されている。

 

2回目:1週間後。

前回の施術後、調子がだいぶいいそうで腰痛は出ていないとのこと。
腰の筋膜炎も、もうすっかり落ち着いている。
前回と同様にしっかり腰の筋肉を緩めていき、施術後はあらゆる動作を行っても腰痛は出ていない。
腹部にある浮腫もだいぶ小さくなっており、押してもさほど痛みを感じていない。

 

3回目:1ヵ月後。

前回の施術からもう腰痛は出ていないとのこと。
これまで同様に腰周辺の筋肉をしっかり緩めていき、施術後の反応も問題ない。

 

腰痛を施術した院長のコメント

筋膜炎を起こした腰痛で、八潮市から来院されました。
腰に触った感触も腫れぼったい感じで、完全に炎症を起こしている状態でした。
この状態でもみほぐしのような直接的な刺激を与えてしまうと、逆に腰痛を悪化させてしまう可能性もあります。
まずは周辺から血流循環を促すことで間接的に腰の状態を良くし、最後に痛みのある患部を直接処置しました。
2回目の施術からはもうすっかり炎症が引いている状態だったのでダイレクトに処置し、それ以降は腰痛もすっかり出なくなったそうです。
腰痛では痛みを感じているのは筋肉なので、血流を促して筋肉の状態を良くすることで腰痛の解消につながります。
八潮市で腰痛でお悩みの方も、一度ご相談下さい。

 

腰痛でお悩みなら当院へ。
八潮市からも来院されています。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
腰痛なら越谷の整体オーラウェーブ療術院

 

※ホームページから腰痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top