オーラウェーブ療術院院長コラム

1ヵ月前から続く腰痛の解消例。草加市の方。

1ヵ月前から続く腰痛の解消例。
草加市の方。

性別:女性
年齢:23歳
職業:歯科衛生士
主訴:一ヵ月前から続いている、右側の腰痛

1ヵ月前から、右腰に腰痛が出るようになった。
接骨院に通うも、痛みは解消されない。
腰をひねる動作で痛みが出るとのこと。
職場の方に当院を紹介され、草加市から来院された。

 

腰痛で草加市から来院した方の施術結果

1回目:

施術前に、どういった動作で腰痛が出るかの確認をする。
上半身を右にひねると、右の骨盤から指4本分ほど上がったところに痛みが出る。
ベッドにあお向けに寝た状態で右足を挙上すると、40°ほど上げたところで右腰に腰痛が生じる。
左足を挙上しても同様に痛みがある。
骨盤の両足のバランスを見ると、右足がかなり短くなっており、右の骨盤が上に上がって腰を圧迫しているような状態。
施術は、血流循環を促してダメージを受けている筋肉を緩め、歪んでいる骨盤を戻して足の長も揃えた。
施術後は、両足の挙上をした際の腰痛は解消。足の上がる角度も大幅に増している。
上半身を右にひねった際の痛みはまだ残っているものの、ひねれる角度は増している。

 

2回目:3日後。

腰痛はもう無くなっているとのこと。
施術を受けた翌日は少し痛みが増したような感じがあったそうだが、それを過ぎたら全く平気になったらしい。
血流循環が良くなったときの反応として痛みが出るケースもあるので、その後良くなったなら好転反応だろうと伝えた。
施術は、血流循環を促すことでしっかり筋肉を緩めていく。
骨盤はもう歪んでいなかったので、今回は骨格はいじらなかった。
施術後は、あらゆる動きをしても腰痛は感じていない。

 

腰痛を施術した院長のコメント

1ヵ月前から続く右腰の腰痛で、草加市から来院されました。
痛みを感じている部分というのは、筋肉が固くなっていたり炎症を起こしていることもあります。
なので、基本的には筋肉の状態さえ良くなれば腰痛の解消につながります。
しかし今回のケースでは骨盤の歪みによって腰が圧迫されているような感じで、さらにその延長線上にまで痛みが生じている状態でした。
おそらく痛めた当初は骨盤付近に痛みがあったと思われますが、その状態のまま日数が経過して状態が悪くなったために、骨盤から指4本分ほど上がった部分にも痛みが出てしまったのだと思います。
痛みが出てから接骨院にも通っていたそうですが、そこで骨盤の歪みを調整できていればすぐに解消されていたはずです。
接骨院に行く方は保険を使って治療を受けていると思いますが、骨盤の調整は保険適用されないので自費となります。
そのため、本人が希望しないかぎりは骨格矯正を行うことはできないのです。
しかし骨格矯正が必要かどうかを本人がわかるわけもなく、それは治療する側が伝える必要があります。
接骨院では流れ作業的なケアが行われている場合も多く、適当に見過ごされるか、気付いても矯正は自費になるので勧められなかった可能性もあります。
骨格矯正自体を行わない院だったのかもしれません。
骨格の歪みが原因で腰痛につながっているケースはそう多くはありませんが、もしそれが原因だった場合はいつまでも痛みを引きずってしまうことになります。
腰痛の治療を受ける際は、筋肉と骨格の両面からケアできる治療院がいいでしょう。
当院では、様々なケースの腰痛の完治例が多くあります。
草加市で腰痛の治療や整体院をお探しの方も、一度ご相談下さい。

 

腰痛治療や整体院をお探しなら当院へ。
草加市からも来院されています。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
腰痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

※ホームページから腰痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top