オーラウェーブ療術院院長コラム

坐骨神経痛では吐き気を感じることもある?

坐骨神経痛では吐き気を感じることもある?

坐骨神経痛で吐き気を催している。先日、坐骨神経痛で来院した方とお話をしているとき、「吐き気」という話題になりました。
その方は、病院で処方された薬が合わずに気持ちが悪くなったそうです。
薬が合わない、もしくは副作用で気分が悪くなって吐き気をもよおすというのはわかりますが、坐骨神経痛から直接起因して吐き気につながることもあるのでしょうか。
ここでは、坐骨神経痛と吐き気について解説していきます。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

重度の坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

坐骨神経痛では、吐き気をもよおすケースもある

坐骨神経痛では、吐き気をもよおすケースもごくまれにあります。
通常の坐骨神経痛では吐き気までつながることがありません。
かなりの激痛を伴っている場合でも同様です。
吐き気をもよおすということは、ほぼ無いのです。
吐き気まで感じてしまう坐骨神経痛というのは相当重度である場合か、神経が圧迫されているポイントが悪いのだと考えられます。
めまいや吐き気を伴う神経痛として有名なのは、尿路結石があります。
尿管の中で1~2mmの石が引っかかるだけで神経痛による激痛を伴い、めまいや嘔吐につながったりします。
坐骨神経痛の場合も同様で、神経の当たり所が悪いとめまいや吐き気、尿が垂れ流しになるなどの症状が出ることがあるのです。
当院でも、そういった方が来院されたことがありました(退院後でしたが)。
それくらいになると入院レベルの重症ですが、坐骨神経痛ではそういったこともまれに起こり得るのです。

 

薬の副作用が原因で気持ち悪くなり、吐き気をもよおすことも

坐骨神経痛と吐き気について。坐骨神経痛で病院(整形外科)を受診すると、痛み止めや血流を良くする薬などを処方されたりします。
痛み止めの種類によっては胃が荒れやすいものもあるので、胃薬など複数の薬を同時に処方されるケースもあります。
そういった薬が合わずに、気分が悪くなったり吐き気を催すこともあるようです。
しかし、それは薬が合わなかっただけで坐骨神経痛によるものではありません。
医師に相談すれば、たいてい違う薬に変えてくれたりします。
我慢して服用せずに、医師に相談することが重要です。

 

坐骨神経痛の痛みによるストレスで気分が悪くなることも

坐骨神経痛の痛みによるストレスで気分が悪くなる方もおられます。
坐骨神経痛はかなりの激痛を伴うことも多く、食事や睡眠、トイレにもかなりの支障が出ます。
普段の生活がままならなくなるので、痛みと不便さによるストレスはかなりのものがあるでしょう。
そういったストレス状態が続けば、中には気分が悪くなる方も出てきます。
結果として、吐き気につながることもあるのです。

 

坐骨神経痛で吐き気を催す場合はどうすればいい?

坐骨神経痛で吐き気を感じている。吐き気を催す要因は様々ですが、坐骨神経痛が直接の原因になってめまいなども伴っている場合は、入院レベルの可能性もあります。
椎間板ヘルニアなどの骨の異常が見つかる可能性も非常に高いので、必ず整形外科を受診するようにしましょう。
ときには手術になることもありますが、手術によって症状が改善されることもあります。
手術で治りきらなかった症状が残っている場合は、病院ではほぼできることはありません。
民間の治療院で治療を受けたほうがいいでしょう。
接骨院・鍼灸院・カイロプラクティック・整体院などありますので、ご自分で治療を選ぶことができます。
ご自分に合った治療を受けることができれば、重度の坐骨神経痛でもゼロまで症状を解消することも可能です。
吐き気を伴うほどの坐骨神経痛ならまず検査、その後にどういった治療を受けるか考えたほうがいいでしょう。

 

坐骨神経痛を改善するなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛 埼玉】坐骨神経痛にはどんな治療がある?

 

※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top