オーラウェーブ療術院院長コラム

臀部と脛に痛みが出る坐骨神経痛。東越谷から来院。

臀部と脛に痛みが出る坐骨神経痛。
東越谷から来院。

性別:男性
年齢:52歳
職業:会社員
主訴:臀部(でんぶ)と脛(すね)に痛みが出る坐骨神経痛

2ヵ月ほど前から、右のお尻に痛みが出始めた。
1ヵ月前からは膝下に痺れも出始め、整形外科を受診したところ坐骨神経痛と診断される。
痛み止めを飲まないと、痛みで夜に目が覚めてしまうとのこと。
以前に椎間板ヘルニアと診断されたこともあったらしい。
坐骨神経痛の治療をできる院を探していたところ当院を見つけ、東越谷から来院された。

 

坐骨神経痛で東越谷から来院した方の施術結果

1回目:

施術前に、どういった動作で痛みやしびれが出るかの確認をする。
立った状態で前屈すると右でん部に痛みが生じて曲げきることができない。
ベッドにあお向けに寝た状態で右足を挙上しようとすると、40°ほど上げたところで引っ掛かり感と痛みが臀部に生じる。
お尻を触診すると、痛みを感じている部分は炎症を起こしたような感じになっている。
施術は、血流循環を促すことで腰や骨盤周辺、下肢の筋肉を緩めていく。
骨格や神経に負担をかけないように、横向きやあお向けで施術を行った。
施術後は、前屈した際の角度は初めより増している。
右足を挙上する動作も、角度が少し増して引っ掛かり感も無くなった感じだが、まだ坐骨神経痛の痛みは残っている状態。

 

2回目:次の日。

坐骨神経痛を早く治したいということで、連日の来院となった。
前回の施術後、少し楽になったような感じはあったそうだが、まだ痛みは残っているとのこと。
施術は、負担のかからない体勢で筋肉をしっかり緩めていく。
施術後は、体を動かせる角度は増している感じだが、痛みはまだ強く残っている状態。

 

5回目:

坐骨神経痛の痛みは残っているものの、夜に痛みで目が覚めるということは無くなったらしい。
仕事をしているときはさほど痛みを感じないが、逆に動かずにずっと座っていたりすると痛みが出てくるとのこと。
施術は、これまでと同様に筋肉を徹底的に緩めていく。

 

7回目:

坐骨神経痛によるでん部の痛みはほぼ無くなっている状態。
日常生活もだいぶ楽になっている様子。

 

10回目:

脛の痛みが強く出ることがあったのこと。
今までは動いているほうが楽だったが、逆に動いているときに痛みを感じ、休んでいるときのほうが痛みを感じなくなってきたらしい。
何らかの原因で神経への当たり方が変わった可能性がある。
しかし臀部の痛みは出ていないため、脛の痛みを解消できるようしっかり施術していく。

 

13回目:

脛の痛みも無くなり、坐骨神経痛による痛みやしびれはほぼ解消されている状態。
日常生活でもまったく支障が無いとのこと。
施術後は、前屈してもまったく痛みは無く、脛に少し違和感を感じる程度。
坐骨神経痛はほぼ感じなくなっているので、これで一度様子を見てみるとのこと。

 

坐骨神経痛を施術した院長のコメント

臀部から脛にかけての坐骨神経痛で、東越谷から来院されました。
施術を重ねるごとに少しずつ症状が改善されていき、7回目の施術時にはかなり良い状態になりました。
その後、脛に痛みが出るという経過がありましたが、それも数回の施術で解消されて日常生活に支障が出ないまでに回復されました。
椎間板ヘルニアと診断されていると、坐骨神経痛の原因は骨のせいなのではと思ってしまいがちになりますが、実際は筋肉に問題があるケースがほとんどです。
筋肉が固くなれば骨格や神経を圧迫してしまうため、坐骨神経痛の原因になってしまうのです。
当院では、坐骨神経痛の方に対して骨格をいじるようなことは滅多にありません。
基本的には筋肉を緩めることに終始しています。
椎間板ヘルニアで手術を勧められていたり、一睡もすることができないような重度の方もおられますが、筋肉を緩めることで完治されています。
このことからも、坐骨神経痛を改善するためにはいかに筋肉を緩めるかが重要となってくるのです。
当院では、様々な坐骨神経痛の完治例が多くあります。
東越谷で坐骨神経痛の治療や整体院をお探しなら、一度ご相談下さい。

 

東越谷で坐骨神経痛の解消なら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛 埼玉】坐骨神経痛にはどんな治療がある?

 

※ホームページから坐骨神経痛の治療についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top