オーラウェーブ療術院院長コラム

坐骨神経痛では車の運転がつらくなる?

坐骨神経痛では車の運転がつらくなる?

坐骨神経痛なのに車を運転している。坐骨神経痛は日常の様々なシーンで痛みを伴う症状ですが、その中には車の運転もあります。
運転を仕事にしている方もいますし、スーパーに買い物に行くときなどの外出時にも、車の存在は欠かせません。
「坐骨神経痛を発症して間もない頃は運転できていたのに、今はできない」という方もおられます。
坐骨神経痛のときは、車を運転しても大丈夫なのでしょうか。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

重度の坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

坐骨神経痛だと車の運転ができない?

坐骨神経痛になったからといって、必ずしも車の運転ができなくなるわけではありません。
座っているのが平気な場合は、車の運転も大丈夫な場合が多いです。
同じ坐骨神経痛でも、座っているときに強く痛みを感じるという場合は車の運転もつらいことが多いですし、座っているのが平気でもペダル操作で足を動かすのがしんどいという方もおられます。
どういう体勢で痛みが出るかは、人それぞれ違うのです。

車の運転が平気でも、降りるときに痛みが出るケースも

車の運転は平気でも、車から降りるときに痛みが生じるケースもあります。
ドアを開けて、足を車から下ろそうとする瞬間に激痛が走るといった感じです。
このように、同じ坐骨神経痛でもどういったときに痛みが走るかというのは人によってまったく違うのです。

 

痛いのを我慢して車を運転していると、坐骨神経痛が悪化することも

痛みがあるのに、それを我慢して車を運転していると坐骨神経痛が悪化するリスクがあります。
痛みが強くなった時点で神経への圧迫も強まっているということなので、その状態が長時間続けば神経自体に炎症を起こすことも考えられます。
そうなると痛みの度合いも激痛となり、何もしていなくても痛いという状態になることもあるのです。
運転を仕事にしている方は仕方ない面もありますが、車の運転で痛みが増す場合はなるべく運転しないようにしましょう。
坐骨神経痛で運転できない。

車のシートを傾けたり、クッションを置けば大丈夫?

運転中の坐骨神経痛を緩和する方法として思いつくのは、車のシートの角度を変えたり、イスにクッションを置くといったところです。
それで坐骨神経痛の症状が多少緩和されるケースもあるようです。
ただし、どんなクッションがいいか、シートの角度はどれくらいがいいのかというのは人それぞれまったく違います。
自分で試してみて、一番楽だと思える状態を見つけるしかないのです。

 

坐骨神経痛が良くなれば、車の運転もできるようになる

坐骨神経痛の症状が改善されれば、それに伴って車の運転も楽になってきます。
当院に来られる方でも、まだ完治していなくても車の運転はできるようになるというケースはよくあります。
坐骨神経痛の痛みの度合いが小さくなってくれば、車の運転も平気になってくるのです。

車を運転できるようになるためには、治療を受けるのがいい

早期に車を運転できるようになるためには、何らかの治療を受けるのが一番でしょう。
治療を受けて腰の状態が良くなれば、坐骨神経痛の痛みもだんだん小さくなっていきます。
車の運転だけでなく、日常生活のあらゆる場面で快適に動けるようになってきます。
自然治癒を待っていてもなかなか治らないことも多いですし、自然と痛みが消えたと思っても、また症状がぶり返すこともよくあります。
そういった事態を避ける意味でも、坐骨神経痛の症状は早めに処置したほうがいいのです。
当院では、様々なケースの坐骨神経痛に対応することが可能です。
坐骨神経痛で車の運転が辛いという方も、一度ご相談下さい。

 

坐骨神経痛を改善するなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛 埼玉】坐骨神経痛にはどんな治療がある?

 

※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top