オーラウェーブ療術院院長コラム

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛。八潮市から来院。

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛。
八潮市から来院。

性別:女性
年齢:77歳
主訴:脊柱管狭窄症による坐骨神経痛

以前から坐骨神経痛のような痛みが少しあったそうだが、2日前から痛みが悪化してきたとのこと。
その次の日、整形外科を受診したところ脊柱管狭窄症と診断される。
立っているだけでも臀部に痛みが生じ、歩行する際には杖も必要になってしまった。
ご家族の紹介で、八潮市から来院された。

 

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛で八潮市から来院した方の施術結果

1回目

施術前に、どういった動作で坐骨神経痛の痛みが出るかの確認をする。
立っているだけの状態でも、左臀部に痛みが生じている。
腰をひねるなどの動作で痛みが増すということはなく、前かがみになると痛みが和らぐとのこと。
ベッドにあお向けの状態で両足を伸ばすと、痛みが出る。
施術は、骨格はいじらずに腰や骨盤周辺の筋肉をしっかり緩めていく。
施術後は、ベッドにあお向けの状態で足を伸ばした際の痛みは解消。
立った状態では、まだ坐骨神経痛の痛みは変わっていない。

 

2回目:2日後。

まだ脊柱管狭窄症による坐骨神経痛の痛みは残っている状態。
前回と同様に、腰や骨盤周辺の筋肉を緩めることで症状の改善につなげていく。
施術後は、痛みが和らいだ感じがあるとのこと。

 

3回目:1週間後。

歩いていると、鼠径部や太ももの前側などにまだ痛みが出るらしい。
しかし、坐骨神経痛の痛みの度合いは小さくなってきているとのこと。
施術後も痛みは小さくなってきており、ちゃんと改善が見られている。

 

4回目:1週後。

坐骨神経痛は改善されてきているようで、もう杖なしでも歩けるようになっている。
痛みの度合いもかなり小さくなっているとのこと。
これまでと同様に筋肉をしっかり緩め、腰椎や神経への圧迫を軽減していく。
施術後の反応も問題ない。

 

5回目:1週間後。

坐骨神経痛の痛みはだいぶ良くなっているようで、歩行もスムーズになっている。
動きが良くなっているので、友人から驚かれたとのこと。
骨格はいじらずに、筋肉を徹底して緩めていく。
施術後は、坐骨神経痛の痛みはほぼ無くなっている。

 

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛を施術した院長のコメント

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛で、八潮市から来院されました。
脊柱管狭窄症と診断されると、腰の骨を何とかしないと治らないというイメージがありますが、実際は骨をいじらなくても完治できたりします。
筋肉が固くなることで骨や神経が圧迫され、脊柱管狭窄症や坐骨神経痛につながりやすくなります。
しかし、固くなっている筋肉を緩めることで背骨に柔軟性が出て動きが良くなります。
結果として骨や神経への圧迫が無くなるので、坐骨神経痛の解消につながるのです。
八潮市で脊柱管狭窄症による坐骨神経痛でお悩みの方も、一度ご相談下さい。

 

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛なら当院へ。
八潮市からも来院。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛 埼玉】坐骨神経痛にはどんな治療がある?

 

※ホームページから脊柱管狭窄症による坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top