オーラウェーブ療術院院長コラム

腰痛から坐骨神経痛につながる理由とは。

腰痛から坐骨神経痛につながる理由とは。

腰痛と坐骨神経痛について。「腰が悪いのに腰痛を感じないで、お尻や足に痛みが出る理由がわからない」という方もおられます。
腰痛から坐骨神経痛につながる理由とはどういったものなのでしょうか。
ここでは腰痛と坐骨神経痛の関係について解説していきます。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

重度の坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
腰痛や坐骨神経痛なら越谷の整体 オーラウェーブ療術院

 

腰痛が消えたら坐骨神経痛になった?

腰痛が消えたら坐骨神経痛になるということはあるのでしょうか。
実は、こういったケースはけっこう多く見られます。
「始めは腰が痛かったのに、腰痛が消えたと思ったらお尻や足に痛みやしびれが出てきました」というのは、坐骨神経痛を発症する際の典型的なパターンといえるでしょう。
腰の筋肉は骨盤のほうにも伸びており、腰痛を放置しているとその筋肉の緊張状態が増すことで骨格や神経を圧迫することがあります。
その結果、坐骨神経痛につながってしまうのです。
このことからも、腰痛と坐骨神経痛というのは実に深い関係にあるのがわかってきます。

 

腰痛と坐骨神経痛を同時に感じない理由

腰痛と坐骨神経痛を同時に感じないのには理由があるそうです。
これは脳によるもので、脳というのは2ヵ所以上の痛みを感じ取れないそうです。
なので、腰の痛みが消えたと思ったら坐骨神経痛を感じますし、坐骨神経痛が良くなってくると腰痛を感じるようになってきます。
しかし坐骨神経痛を感じているよりも腰痛を感じているほうが状態としては非常に良好なので、腰の痛みを感じるようになってきたら坐骨神経痛が良くなってきたんだと思っていいでしょう。

 

腰痛もちの人は坐骨神経痛になりやすい

腰痛と坐骨神経痛について。慢性的な腰痛もちの人は坐骨神経痛になりやすいです。
腰痛がある時点で、腰に何らかの問題があります。
腰の筋肉が固くなっているのが腰痛の一番の原因なのですが、筋肉が固いということは骨や神経を常に圧迫している状態ともいえます。
慢性的に圧迫が続いている状態ですと椎間板ヘルニアにもなりやすいですし、腰椎が変形する脊柱管狭窄症にもつながりやすくなります。
そうなるとさらに神経への圧迫が増し、坐骨神経痛へと発展しやすくなるのです。
このことからも、慢性腰痛はしっかりケアしておくことが重要でしょう。

 

腰に感じる痛みは坐骨神経痛?

腰に感じる痛みは坐骨神経痛といえるのでしょうか。
腰というのは、骨盤より上の部分だと思ってもらえばいいです。
骨盤より上に痛みを感じている場合は、坐骨神経痛ではなく筋肉的な腰痛と思っていいでしょう。
坐骨神経痛は腰椎から下肢にかけて伸びている神経なので、症状としてはお尻より下のほうに出るのが特徴です。
骨盤より上に痛みを感じているようなら、筋肉が痛みを感じているというわけです。
筋肉の状態が良くなれば痛みも解消されるので、坐骨神経痛よりはるかに軽症といえるでしょう。

 

腰痛をしっかり治せば、坐骨神経痛にはならない

坐骨神経痛にならないためには、単なる腰痛の時点でしっかり治しておくことが重要です。
前述したように、腰の筋肉が固いと骨や神経が圧迫されて坐骨神経痛につながりやすくなります。
しかし、しっかりケアを受けて腰の緊張状態を緩和しておけば圧迫状態が解消されるので、坐骨神経痛になるリスクがかなり減ってきます。
そういった治療というのは接骨院や鍼灸院、整体院、カイロプラクティックなどで受けることができます。
ご自分に合った治療を選んで、腰痛を解消しておくようにしましょう。

 

腰痛や坐骨神経痛なら、越谷の整体オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
腰痛や坐骨神経痛なら越谷の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
坐骨神経痛を治すための治療法について。

 

※ホームページから腰痛や坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top