オーラウェーブ療術院院長コラム

坐骨神経痛になってから、体の歪みやバランスが気になる?

坐骨神経痛になってから、体の歪みやバランスが気になる?

坐骨神経痛で体のバランスに歪みが出ている。坐骨神経痛になってから体の歪みが気になったり、体のバランスが悪くなったような気がするという方がときどきおられます。
具体的には、鏡の前に立ったときに骨盤が横に飛び出てるといったものです。
実はそういった感じで体の歪みやバランスが気になるという方は非常に多くおられますし、実際に骨盤が横に出っ張ったような状態になっている方も多くおられます。
そういった体の歪みやバランスというのは元に戻るのでしょうか。
ここでは坐骨神経痛による体の歪みや、体のバランスが原因で坐骨神経痛になるのかなどについて解説していきます。
坐骨神経痛で体のゆがみが気になるという方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も坐骨神経痛で来院する整体院

重度の坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
坐骨神経痛なら越谷の整体 オーラウェーブ療術院

 

坐骨神経痛になってから、両肩の高さが違う?

坐骨神経痛になってから、両肩の高さが違うような気がするということがあります。
元から悪かった場合もありますが、坐骨神経痛の痛みをかばって肩の高さが違っていることもあります。
傾向としては肩が下がっているほうに坐骨神経痛を発症している場合が多いです。
例えば、左肩が下がって入れば左足に坐骨神経痛が発症しているといった具合です。
右肩が下がっていれば右に発症しているパターンが多いです。

 

坐骨神経痛による体の歪みやバランスの悪さは、疼痛性側弯

坐骨神経痛による体の歪みやバランスの悪さは、「疼痛性側弯」と呼ばれています。
疼痛性側弯とは、痛みをかばっているのが原因で背骨が側弯している状態です。
骨盤が横に出っ張ったような感じになっているという方も、この疼痛性側弯に当てはまります。
痛みをかばって上半身が横に流れているために、骨盤が外に出っ張ったように見えてしまうのです。

坐骨神経痛で歪みが生じている。

疼痛性側弯ではこういったバランスになっています。
坐骨神経痛が右に発症していれば、それをかばうために上半身が左に流れます。
上の図では骨盤が右に出ているように見えますが、実際は上半身が左に流れているのです。
坐骨神経痛が左に発症していれば、上半身は右に流れます。
基本的には骨盤が出っ張っているほうに坐骨神経痛が発症しています。

 

無理に体のバランスを戻そうとすると、坐骨神経痛は悪化する?

無理に体のバランスを戻そうとすると、坐骨神経痛は悪化するのでしょうか。
通常のバランスでは痛みが生じてしまうために体のバランスが崩れていますので、それを無理に戻そうとすると坐骨神経痛を悪化させてしまうリスクがあります。
つまり、普通のバランスを取るための負荷に耐えられないのです。
たまに「体のバランスやゆがみを戻してほしい」と言われることもありますが、ある程度坐骨神経痛の症状が改善されている状態でないと痛みが生じ、バランスを戻すことはまず無理なのです。

 

坐骨神経痛が良くなれば、体の歪みやバランスも戻る

坐骨神経痛が治って歪みが消えた。坐骨神経痛が良くなることで、体の歪みやバランスも自然と戻ってきます。
痛みをかばっているために歪みが生じていますので、坐骨神経痛の症状が良くなればかばう必要が無くなるので、それだけでも歪み改善されてくるのです。
このことからも、無理に体のバランスを取ろうとせずに坐骨神経痛の症状を改善させていくことが最優先となります。

 

体のバランスや歪みを戻すには、坐骨神経痛を治療する

体のバランスや歪みを戻すには、坐骨神経痛を治すのは一番の方法となります。
そのためには何らかの治療を受けたほうがいいでしょう。
坐骨神経痛は自然治癒することもありますが、逆に悪化することもあります。
しかし、しっかり治療を受けて良くなった坐骨神経痛はぶり返すリスクも大幅に無くなります。
そのくらいの状態になると、自然と歪みも改善されていきます。
坐骨神経痛は重症の部類に入る症状です。
油断せずに、しっかりと治療を受けたほうがいいでしょう。

 

施術によって体の歪みを戻すこともある

施術によって体の歪みを戻すこともあります。
坐骨神経痛の症状が良くなってくればそれに伴って体の歪みも改善されるのですが、中にはバランスが戻りきらないケースもあります。
そういった場合は施術の最中に、こちらで体のバランスを戻すこともあります。
体の歪みやバランスを取るというと骨格矯正を連想しますが、骨をバキバキやるようなものではなく、力を抜いてもらって元の位置にふわっと動かす程度です。
それくらいの措置で、体のバランスというのは戻っていきます。
坐骨神経痛の症状がひどいときにはこういった処置で痛みが生じるので行うことはできませんが、症状が良くなっている状態なら何の問題もありません。

 

バランスの悪さや歪みが原因で坐骨神経痛になる?

体のバランスが悪いと坐骨神経痛になる。バランスの悪さや歪みが原因で坐骨神経痛になることもあります。
多少のバランスの悪さというのは誰でもありますし、完璧に姿勢のいい人など存在しません。
右半身と左半身を均等に使える人などいませんので、歪みが全く無いというのは絶対にありえないことなのです。
しかし、極端にバランスの悪さが目立つ方がおられます。
そういった方は坐骨神経痛にかぎらず、痛みやコリや生じやすくなります。
極端にバランスや姿勢が悪ければ、一定の箇所に常に負荷をかけている状態となります。
例えば右腰に負荷をかけ続けていれば右腰が痛くなりやすいですし、そこから右の坐骨神経痛につながったりします。
バランスや歪みに過度に神経質になる必要はありませんが、あまりに悪い姿勢を取っている方は気を付けたほうがいいでしょう。

 

坐骨神経痛でお悩みなら、越谷の整体オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
坐骨神経痛を治すための治療法について。

 

※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top