オーラウェーブ療術院院長コラム

坐骨神経痛かどうかの判別はできる?

坐骨神経痛かどうかの判別はできる?

坐骨神経痛の判別について。坐骨神経痛で当院に来院される方の中には、どこにも検査や治療は行っていないという場合も多く見られます。
理由は人それぞれですが、「病院に行ってもレントゲンと痛み止めだけで何もしてくれないから」「坐骨神経痛についてインターネットで調べて、治すには整体院のほうがいいと思ったから」などが挙げられます。
病院を受診していない場合は、自分の症状が何なのかはっきりと確信できずに「これは坐骨神経痛なんでしょうか」と質問されることもよくあります。
坐骨神経痛かどうかの判別というのは、自分でできるものなのでしょうか。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

重度の坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

坐骨神経痛かどうかを自分で判断するのは難しい?

坐骨神経痛の典型的な症状として、でん部の痛み・太ももの痛み・ふくらはぎや脛の痛み・足から指先にかけてのしびれが挙げられます。
しかし、坐骨神経痛でもしびれが無い方もいますし、痛みがでん部だけ、もしくはふくらはぎだけという方もおられます。
痛みの度合いも様々で、ものすごい激痛を伴っていることもあれば、ちょっと痛い程度ということもあります。
かなりの激痛を伴っている場合はほぼ坐骨神経痛確定ですが、ちょっと痛い程度だと坐骨神経痛なのかどうか微妙になってきます。
症状が軽い場合は、自分で判断するのは難しいかもしれません。

痛みが出たキッカケも判別要素になる

痛みを発症したキッカケも、坐骨神経痛かどうかの判別要素になります。
例えば、スポーツなどで負担をかけた際にお尻に痛みが出たというのであれば、坐骨神経痛というより筋肉を傷めてしまった可能性が高くなってきます。
逆に、何もしていないのにある日お尻に痛みが生じ、放っておいたらどんどん痛みが増して足のほうまで痛みやしびれが生じてきたというのであればまず坐骨神経痛となります。
ぎっくり腰の後に、腰の痛みは落ち着いたのに今度はお尻や足に痛みが出てきたというのもほぼ坐骨神経痛です。
坐骨神経痛は、腰の状態が悪化すると発症しやすい症状です。
痛めたキッカケが何なのかによって、神経痛なのか筋肉痛なのかの判別が違ってくるのです。

 

坐骨神経痛の判別は、病院(整形外科)を受診する

坐骨神経痛かどうかの判断について。坐骨神経痛かどうかを客観的に判断したいのであれば、整形外科を受診するといいでしょう。
病院ではレントゲン検査などを行い、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など骨の異常の有無を確認します。
坐骨神経痛でも骨に異常が見当たらないケースもよくありますが、ちゃんと診断されたいのであれば病院を受診するといいです。

坐骨神経痛の誤診もある?

同じ症状でも原因が違うこともあるので、病院を受診して坐骨神経痛だと思っても実際には違ったということもあります。
当院で実際にあったケースでは、椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛だと診断を受けて当院に通っていましたが、股関節に引っかかり感などがある方でした。
痛みは大幅に改善できるものの、1ヵ月ほどしてまた同様の痛みをぶり返し。
股関節の検査を勧めたところ、股関節の骨が壊死する病気(股関節大腿骨頭壊死症)と診断され、即入院となりました(その後完治)。
先に病院を受診していたにも関わらず、見落とされていたケースです。
その他、腰に骨にバイキンが入っていた、坐骨神経痛かと思っていたら帯状疱疹だったというケース。
坐骨神経痛だと診断されていたが、単に筋肉を傷めているだけだったということもあります。
病院を受診してお尻が痛い、足が痛いと伝えると真っ先に坐骨神経痛を疑われて腰のレントゲン検査となります。
後は痛み止めを処方され、体を触られることはありません。
しかし、当院のように体に直接触れて施術していると、本当の坐骨神経痛とは感触が違うなど違和感を感じることがあります。
結果として、病院で見落としていたような原因が見つかるケースもあるのです。

 

坐骨神経痛かどうかの判別が難しいケースとは

坐骨神経痛と同様の症状が出ていても、ちょっと違うなというケースもときどき見られます。
ここでは、当院で実際にあったケースを一部紹介していきます。

 股関節の異常

股関節の骨に異常がある場合も、坐骨神経痛と同様の症状が出やすいです。
前の項目で股関節大腿骨頭壊死症を紹介しましたが、それ以外にも先天的に股関節疾患のある方や、変形性股関節症などの方もお尻や脛のほうに痛みが生じやすくなります。
股関節に異常があるとお尻の筋肉が凝って盛り上がるため、お尻の筋肉が神経を圧迫する梨状筋症候群の可能性もありますが、固くなった筋肉の延長線上に痛みが生じているだけの場合もあり、神経なのか筋肉なのか判別が難しいこともあります。

特定の動作のみで痛みが生じる

特に日常生活に支障があるわけではないが、特定の負荷のかけ方で痛みが生じるケース。
施術時に様々な動作検査をしても、これといった所見が見られないことも多いです。
本人にしかわからないようなポイントで痛みが生じていることが多く、そのため施術の際に狙いを定めにくこともあります。
当然、神経痛なのか筋肉痛なのかの判別もしにくく、診察を受けても病院によって違う症状名を診断されていたりします。

 

症状名がわかっていないと施術できない?

「坐骨神経痛だと思うのですが、病院には行っていなくても施術を受けれますか」というお問合せをときどき受けます。
症状名を診断されていなくても、自覚症状があるのならそれを改善・解消できるよう施術を行うので問題はありません。
神経痛か筋肉痛なのか、椎間板ヘルニアなどの骨の異常がある可能性も当然考慮しますので、体に負担をかけずに施術を行っていきます。
自覚症状をしっかり教えて頂ければ、症状名を診断されていなくても特に問題ないのです。
当院では、様々なケースの坐骨神経痛の改善例が多くあります。
坐骨神経痛でお悩みなら、一度ご相談下さい。

 

坐骨神経痛を改善するなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛 埼玉】坐骨神経痛にはどんな治療がある?

 

※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top