オーラウェーブ療術院院長コラム

動くときに激痛が走る坐骨神経痛。越谷市の方。

動くときに激痛が走る坐骨神経痛。
越谷市の方。

性別:男性
年齢:52歳
職業:会社役員
主訴:坐骨神経痛

5日前にかなり歩いたらしく、その次の日に車から降りようとした際に痛みが走る。
座っている状態から立とうとする際、もしくは立っている状態から座ろうとする際など、何らかの動き始めのときに足に激痛が走るとのこと。
整骨院で治療を受けたそうだが、まったく改善されなかったらしい。
4日後に重いものを持つ作業があるらしく、それまでには改善したいという希望がある。
坐骨神経痛を治療できる所を探していたら当院を見つけ、越谷市から来院された。

 

坐骨神経痛で越谷市から来院した方の施術結果

1回目:

施術前に、坐骨神経痛の痛みが出る箇所などを確認をする。
立っているだけで左のふくらはぎや足首に痛みがある状態。
イスに座っている状態から立とうとした際に激痛があるらしく、かなり痛そうな様子。
ベッドにあお向けに寝た状態で左足を挙上すると、30°上げたところでふくらはぎに痛みが生じる。
施術は、骨格はいじらずに筋肉を緩めることで神経への圧迫を軽減していく。
施術後は、あお向けで左足を挙上すると70°まで上げることができ、痛みも出ていない。
イスから立つ際の坐骨神経痛の痛みは残っているが、見た目にはだいぶ平気そうになっている。

 

2回目:次の日。

3日後までに坐骨神経痛をできるだけ改善したいため、連日の来院となった。
痛みは多少楽になったような感じはあるそうだが、まだ強い痛みは残っているとのこと。
施術は前回と同様に、血流循環を促して腰やお尻、足の筋肉をしっかり緩めていく。
施術後は、あお向けで左足を90°近く挙上することができている。
動き始めの痛みは残っているものの、痛みが軽減しているような感じはあるとのこと。

 

3回目:次の日。

朝の起床時に強く痛みが出るらしい。
起き抜けは一番体の固い時間帯で痛みも出やすいが、状態が良くなればそれも無くなると伝えた。
しかし、動き出しの際の坐骨神経痛はだいぶ改善されているとのこと。
左足の挙上もかなりできるようになっており、太ももの痛みは日常生活でほぼ無くなっている。
ふくらはぎの痛みもだいぶ無くなっているそうだが、足首の痛みがまだ少し残っている。

 

4回目:次の日。

明日に重いものを持つ作業が控えているため、今回でできるかぎりの改善を目指す。
坐骨神経痛の痛みはかなり改善されており、日常生活はだいぶ楽になっている。
かなり良くなってはいるが、足首の痛みがまだ少し残っている状態。
施術は、これまでと同様に腰から下の筋肉をしっかり緩めていく。
施術後は、立っている際の痛みは解消。
イスから立ちあがるときの痛みもほぼ解消されている。
明日作業をして、まだ痛みが残っているようならまた来院するとのこと。

 

坐骨神経痛を施術した院長のコメント

動くときに激痛が走る坐骨神経痛で、越谷市から来院されました。
4日後までにできるだけ改善したいという希望があり、連日の施術となりました。
1回目の施術からしっかり改善が見られ、施術を重ねるごとに順調に回復していきました。
4回目の施術後には坐骨神経痛はかなり改善されており、以後は来院が無いのでおそらく大丈夫だったのだと思われます。
坐骨神経痛は、神経がどこかで圧迫されているのが原因です。
腰周辺の筋肉が固くなると、骨格や神経が圧迫されて坐骨神経痛を発症する要因となりますが、筋肉をしっかり緩めることで坐骨神経痛の解消につながります。
中には椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症など骨に異常がある方も多いですが、骨格矯正など行っても坐骨神経痛の改善にはつながりにくいです。
特に骨盤矯正など、腰のバランスを変えてしまうような施術は坐骨神経痛を悪化させるリスクが高いので注意が必要となります。
リスク無く坐骨神経痛を改善するためには、まず筋肉をしっかり緩めることが重要なのです。
当院では、様々なケースの坐骨神経痛の完治例が多くあります。
越谷市で坐骨神経痛でお悩みなら、一度ご相談下さい。

 

越谷市で坐骨神経痛の解消なら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛 埼玉】坐骨神経痛にはどんな治療がある?

 

※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top