オーラウェーブ療術院院長コラム

歩くのがつらい坐骨神経痛。松戸市から来院。

歩くのがつらい坐骨神経痛。
松戸市から来院。

性別:男性
年齢:66歳
主訴:歩くのがつらい坐骨神経痛、しびれ

ゴルフの練習を頻繁に行っていたところ、左足のふくらはぎや脛に痛みが出始めた。
接骨院に行ったところ、足やでん部をかなり強くマッサージされたらしく逆に痛みが増してきたとのこと。
その後もカイロプラクティックなどの通ったが症状は改善されず、でん部から太もも、ふくらはぎにかけて痛みやしびれが出ている状態。
坐骨神経痛とまったく同じ症状を有している。
インターネットで当院を見つけ、千葉県松戸市から来院された。

 

坐骨神経痛で松戸市から来院した方の施術結果

1回目:

施術の前に、どういった動作で痛みが出るかの動作確認をする。
前屈した際にでん部からふくらはぎにかけてつっぱる感じがする程度だが、歩行時に一番痛みやしびれが強く出るらしい。
施術は腰や骨盤周辺、下肢にかけての筋肉を緩めることで坐骨神経への圧迫を緩めていく。
施術後は多少楽になった感じがする程度で、まだ坐骨神経痛の症状は残っている状態。

 

2回目:3日後。

まだ坐骨神経痛の症状は残っており、特にふくらはぎや脛に痛みやしびれを強く感じている。
左半身が全体的に盛り上がっており、でん部や太もも、ふくらはぎの筋肉も特に固さがある。
施術によって固くなった筋肉を緩めていく。
施術後は、前屈した際のつっぱり感が緩和されているようだが、まだふくらはぎや脛のしびれ感は感じている。

 

5回目:

劇的な改善は見られないものの、少しずつ坐骨神経痛の症状が緩和されている感じはあるらしい。
すぐに解消できるものではないと知っておられるため、根気よく治療を続けていきたいとのこと。
施術後は、でん部や太ももの症状はほぼ解消されている。
ふくらはぎと脛のしびれはまだ残っている状態。

 

10回目:

坐骨神経痛の症状は、初期の頃と比べるとかなり改善されているとのこと。
脛のしびれが多少残っているものの歩行に支障は無いらしく、歩くのがつらくなることも無くなったらしい。
その後も定期的に来院されており、ふくらはぎや脛のしびれも解消されている。

 

坐骨神経痛を施術した院長のコメント

歩くのがつらい坐骨神経痛で、千葉県松戸市から来院されました。
接骨院の強いマッサージで症状が悪化し、その後はカイロプラクティックにも通ったそうですが症状はまったく変わらなかったそうです。
当院では症状を悪化させるような強い刺激は与えないので、その点は安心されていたようでした。
施術の反応は良いとは言えませんでしたが、5回目の頃からからはっきりした坐骨神経痛の緩和が見られ、さらに施術を重ねることで日常生活に支障が出ない状態にまで改善されました。
その後も当院に通われていますが、坐骨神経痛の症状はゼロまで解消されています。
松戸市で坐骨神経痛でお悩みの方も、お気軽にご相談下さい。

 

坐骨神経痛でお悩みなら当院へ。
松戸市からも来院されています。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛 埼玉】坐骨神経痛にはどんな治療がある?

 

※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top