オーラウェーブ療術院院長コラム

坐骨神経痛が治りかけのときに注意することは。

坐骨神経痛が治りかけのときに注意することは。

坐骨神経痛が治りかけ。坐骨神経痛の症状が落ち着いてきて、軽い痛みやしびれは残っているけどそこまでつらくないというのが「治りかけ」の状態です。
それくらいになれば日常生活に支障が出ることもなくなっていることでしょう。
しかし油断は禁物で、今まで動けなかったのが動けるようになってきて無理をしてしまう方もおられます。
そうするとまた痛みがぶり返してしまうリスクもあるので注意が必要なのです。
ここでは、坐骨神経痛が治りかけのときに気を付けるポイントについて解説していきます。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

重度の坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

坐骨神経痛が治りかけのときに気を付けること

坐骨神経痛が治りかけのときに気を付けることは日常生活の些細なことだと思っていいでしょう。
何気ないことですが、それがキッカケで症状がぶり返してしまうケースもあるのが実情です。
ここでは、治りかけのときに痛みが出やすい状況を紹介していきます。

重い物を持たない

職業柄、重い物を持たなくてはいけない方もおられます。
しかし、坐骨神経痛がかなり良くなってきたとしても重い物を持つことは極力避けたほうがいいでしょう。
完治している状態なら問題ありませんが、症状がまだ残っている状態ではリスクがあるからです。
当院で実際にあったケースでも、坐骨神経痛がかなり良くなったので重い物をたくさん運ぶ作業をしてしまったという方がおられます。
結果として、また強い痛みがぶり返してしまいました。
坐骨神経痛が完治するまでは、重い物を持つ作業はなるべく控えたほうが無難なのです。

スポーツ

坐骨神経痛は、痛みの出ている部分が固くなったり突っ張ったりします。
太ももの裏側などに張りが出ますので、動いて疲労すれば筋肉も固くなります。
なので、完全に治るまでははスポーツも控えたほうがいいでしょう。

長距離歩行や、車に長時間乗るなど

長時間歩きすぎたり、同じ体勢で長時間じっとしているなども痛みが出やすい状況です。
適度に歩く分には問題ありませんが、歩きすぎては筋肉が疲弊して固くなりますし、長時間動かないでじっとしているのも血流循環が滞って痛みにつながりやすくなります。
気を付けたほうがいいでしょう。

痛みを感じたら無理しない

何かの動作や姿勢などで痛みを感じたら、すぐに体勢を直したほうがいいでしょう。
痛みを感じた時点で神経に負荷がかかっている証拠ですので、そのままの状態を続けてしまうと痛みが増す恐れがあります。
絶対に無理は禁物なのです。

体を冷やさないようにする

坐骨神経痛の場合、お風呂で温まると痛みが和らぐというケースが多く見られます。
これは、温まることで血流が促進されて筋肉が緩むからです。
逆に冷えてしまうと血管が収縮して血流が悪くなり、筋肉も固くなってしまいます。
無理して温める必要はありませんが、保温には気を付けたほうがいいでしょう。

 

坐骨神経痛が治りかけの状態で治療をやめない

坐骨神経痛が治りかけている。施術を受けて坐骨神経痛が良くなってくると、「かなり痛みが引いたのでこれで様子を見てみます」という方も出てきます。
しかし、治りかけの状態で治療をストップしてしまうのはかなりのリスクがあるので注意が必要です。
痛みがゼロになっている状態でも1ヵ月間は油断できないので、痛みが残っている状態ではいつ痛みがぶり返すかわからないのです。
そして、ぶり返した症状というのは治りにくくなっている場合が多いので、同じように改善できるかもわかりません。
そういったリスクも説明はしていますが、最終的にはご本人の判断となります。
基本的には、痛みが完全にゼロになるまでは治療はやめないほうがいいというのは知っておきましょう。

 

坐骨神経痛を改善するなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛 埼玉】坐骨神経痛にはどんな治療がある?

 

※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top