オーラウェーブ療術院院長コラム

坐骨神経痛は両足に出ることもある?

坐骨神経痛は両足に出ることもある?

坐骨神経痛が両足に出ている。坐骨神経痛はでん部から下肢にかけて痛みや痺れを伴う症状ですが、基本的には片方の足に出ている場合がほとんどです。
しかし、中には坐骨神経痛が両足に出ているケースもあるというのをご存知でしょうか。
ここでは両足に出ている坐骨神経痛について解説していきます。
ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士も坐骨神経痛で来院する整体院

坐骨神経痛の症例や実績は県内でもトップクラスの整体院です。
坐骨神経痛なら越谷市の整体院 オーラウェーブ療術院

 

坐骨神経痛が両足に出ているケースは珍しい

坐骨神経痛は基本的には片方の足に出る症状です。
その中で、両足に坐骨神経痛が出ているというのは珍しいケースといえるでしょう。
当院では坐骨神経痛の方が多く来院されていますが、両足に痛みや痺れが出ているケースというのは数えるほどしかありません。

 

両足に坐骨神経痛が出ているときは重症

両足に坐骨神経痛が出ているときは、片足に出ているケースよりも重症の部類に入るでしょう。
これはどこかで坐骨神経が圧迫されているのが原因ですが、両足に痛みが出ている場合は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が最も疑われます。
坐骨神経が圧迫されている状態が、かなりまずいこともあります。
腰椎の状態がかなり悪くなっていることも考えられるので、両足に坐骨神経痛が出ているときは、まず病院を受診したほうがいいでしょう。

 

両足に坐骨神経痛が出ているときは、必ず検査しよう

両足に坐骨神経痛が出ているときは、必ず病院で検査しましょう。
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の可能性が高いですが、どこまでの状態になっているのかご自分で把握できたほうがいいからです。
腰の状態が把握できれば、どう対処すればいいかという判断の材料にもなります。
坐骨神経痛や骨格の検査は、整形外科を受診することで対応してもらえます。
手術したほうがいいケースもあるので、両足に坐骨神経痛が出ているときは必ず病院で検査を受けるようにしましょう。

 

坐骨神経痛が両足に出ているケースでは、改善が難しいことも

坐骨神経痛が両足に出ているケースでは、改善が難しいこともあります。
軽度の場合なら解消できることもありますが、痛みやしびれが強いケースでは骨格の異常が強い場合が多いからです。
挙げられるのは、重度の椎間板ヘルニアや進行しすぎた脊柱管狭窄症です。
特に脊柱管狭窄症の場合は骨自体が変形しているため、施術を行ってもなかなか坐骨神経痛が改善されないこともあります。
当院では手術を勧められているような重度の坐骨神経痛の解消例も多くありますが、両足に出ている坐骨神経痛はそういった例よりも骨の状態が悪いことがあるのです。
整体による施術よりも手術をしたほうがいいケースもあるため、両足に坐骨神経痛が出ているときは必ず病院(整形外科)を受診するようにしましょう。

 

坐骨神経痛でお悩みなら、越谷の整体院オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛治療なら越谷の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛の治療法】坐骨神経痛を治すための治療法について。

 

※ホームページから両足の坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top