オーラウェーブ療術院院長コラム

坐骨神経痛が良くなると腰痛を感じるようになるのはなぜ?

坐骨神経痛が良くなると腰痛を感じるようになるのはなぜ?

坐骨神経痛や腰痛を感じている。

坐骨神経痛を発症する前は主に腰痛を感じていることが多いです。
坐骨神経痛は腰の悪い方に多く発症するため、腰痛もちの場合が多いのです。
しかし坐骨神経痛を発症すると今まであった腰痛が嘘のように感じなくなります。
これは皆さん不思議がる現象なのですが、実際に施術で坐骨神経痛の方を何人も見ているとこういった現象は決して珍しいものではなく、比較的よく見られる現象なのです。
こういった現象はいい兆候なのか、もしくは腰が悪くなっているのだろうかと心配される方もおられます。
ここでは坐骨神経痛になると腰痛を感じなくなったり、坐骨神経痛が良くなると腰痛を感じるようになる現象について解説していきます。
坐骨神経痛や腰痛の方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も腰痛や坐骨神経痛で来院する整体院

重度の腰痛や坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
腰痛や坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

坐骨神経痛が出ると腰痛を感じなくなるのはなぜ?

坐骨神経痛が出ると腰痛を感じなくなるのは何故なのでしょうか。
来院する方によくあるパターンを紹介します。

いつもは腰痛を感じていたが、ある日お尻や脚全体が痛くなる。

お尻や脚の痛みや痺れが半端でなくなってきた。

腰痛など一切感じない。

といったパターンが多く見られます。
このような感じで、坐骨神経痛を発症すると腰痛はまったく感じなくなります。
これは坐骨神経痛で来院する大部分の方に共通している現象です。
「坐骨神経痛になったら腰痛は治った」とおっしゃる方もおられますが、そうではありません。
この理由としては、人間の脳が同時に何ヵ所も痛みを感じることができないからに他なりません。
西洋医学でも実際にそういうのは知られているようです。
極端な例を挙げると、例えば坐骨神経痛の方が何かのキッカケで背中を痛めたとしましょう。
背中の筋肉が腫れたような感じで、背中にかなりの痛みを感じている状態です。
実はこのときは坐骨神経痛の痛みやしびれは感じていません。
そして背中の痛みが治ったと思ったら、また坐骨神経痛の痛みを感じるようになったというものです。
これは当院で実際にあった例です。
つまり今までは坐骨神経痛のほうばかり気にしていたのが、背中のほうに意識が移ったために坐骨神経痛のほうを感じなくなったというわけです。
なので腰痛の場合も同様に、腰よりもお尻や脚のほうに意識が移ったため、腰痛を感じなくなったということなのです。

 

坐骨神経痛が良くなると腰痛を感じるようになる理由

坐骨神経痛の後に腰痛が出ている。

坐骨神経痛が良くなると腰痛を感じるようになる理由についてです。
坐骨神経痛はかなりの痛みやしびれを伴っているケースも多いので、ほとんどの方はお尻や脚に意識が行き、腰痛のほうを感じることはできません。
腰痛が治ったと思っている方もおられるのですが、腰の状態が悪いから坐骨神経痛が出ているので、腰痛が治ったというわけではないです。
あくまでも「坐骨神経痛のほうに意識が向きすぎて腰痛を感じていない」というだけなのです。
坐骨神経痛の症状が良くなってくるとお尻や脚のほうに意識が向かなくなってくるので、今まであった腰痛を脳が感知します。
結果として、坐骨神経痛が良くなったと思ったら腰痛を感じるようになったということになるのです。
こういった現象は坐骨神経痛が治ってきているときに出てくる反応なので、とてもいい兆候といえます。

 

坐骨神経痛の後に感じる腰痛を解消する

坐骨神経痛の後に感じる腰痛は、まだ腰の状態が万全だということではない証拠です。
坐骨神経痛が良くなるほとんどの方は何らかの治療を受けていますので、引き続き腰を治療していけば残っている腰痛も解消されていきます。
結果として坐骨神経痛がぶり返す予防にもなりますので、残っている腰痛も必ず最後まで処置するようにしましょう。

 

何かに夢中になっていると坐骨神経痛や腰痛を感じない?

脳が同時に何ヵ所も痛みを感知できないと前述しました。
つまり意識が一点に集中しているときは坐骨神経痛や腰痛を感じていなかったりします。
実際の例では、趣味に没頭しているときは坐骨神経痛や腰痛が気にならないという方です。
こういった方はときどきおられますが、やはり意識が一点に向いている状態なので脳が痛みを感知していないのだと思われます。

 

坐骨神経痛や腰痛は意識でコントロールできる

これまで解説したことから言えるのは、坐骨神経痛や腰痛は意識でコントロールできるということです。
つまり意識を向けなければ症状も出ないということになります。
これは実際に本当です。
私が施術していてときどき言われるのが「先生は毎日施術して腰をかがめたりしてるのに、疲れたりどこか痛くなったりしないのですか?」というものです。
以前は腰痛もちだったこともあったので自分の体をケアすることもありましたが、今はそういったことはしていません。
体のどこかに負荷がかかってるなと思ったら、意識のみで体をコントロールしています。
痛みの無い状態(例えば子供のときなど)をイメージすると体がそのとおりに反応してくれるので、それがケアになっています。これはかなり即効性があります。
誰でも体の痛くなかったときがあるわけなので、そのときを思い出すだけでも違いますし周りにいる調子が良さそうな人の動きや精神状態を参考にしてみるのもいいでしょう。
もちろんイメージだけで全て良くなるわけではないですが、そういったことを始めてから体の調子も良くなり、肩こりなどは全然ありませんし腰痛も出るということはほぼありません。
出てとしても意識のコントロールだけですぐ消えます。
これは訓練や自分なりのコツをつかむ必要がありますが、できるようになると身体にとってはとても良い効果があります。
姿勢が良くなるなど肉体的な変化も出てきますので、これは脳と体の不思議な関係といえるでしょう。

 

坐骨神経痛や腰痛を意識しすぎない

坐骨神経痛や腰痛で悩んでいる。坐骨神経痛や腰痛を意識しすぎてしまうと、治りが悪くなることがあります。
意識が向いていると痛みを感じると解説してきましたが、つまり気にしすぎると痛みが取れずらくなることもあるのです。
一番は気にしすぎてクヨクヨしていたりです。
「このまま痛みが取れないのか」「ずっとこのままだったらどうしよう」「インターネットで調べたら色々な情報が出ていて逆に不安になった」といった感じでネガティブになって症状のみに意識が向きすぎてるケースです。
治りが早い人はある程度楽観的だったりします。
「かなりの痛みが出てやばいけど、まあ何とか治るだろう」「何週間しても全然良くならないけど、さすがにこのままってことはないだろう」「今は痛いけど絶対治す」みたいな感じでプラス思考が残っています。
感情は体にものすごい影響を及ぼしています。
例えば元気の無い人は猫背でうつむきがちですが、元気な人は正面を見据えています。
恐怖を感じれば腰が引きますし、すごく嬉しいことがあれば上昇するような感覚だったり花開くような感覚を感じます。
こういった感覚は誰でも経験があるはずですが、これは感情による肉体への作用です
ネガティブな感情に陥っているときは姿勢も悪くなっていますし、体に変な緊張状態が生まれてきます。
これでは治りが遅くなってしまうこともあります。
特に最近ではほとんどの方がインターネットで自分の症状を調べています。
情報を仕入れて安心するつもりが、逆に不安にかられて症状が治らないのではと思い込んでしまうこともあります。
思い込むと体もそのように反応してしまうので逆効果です。
情報が知りたければネットで調べるのはなく、実際の現場で治療をしている人に聞くのが一番いいでしょう。
インターネットの情報は現場の人間からすると、間違っている情報が多々あるので鵜呑みにするのは禁物です。
坐骨神経痛と腰痛からかなり脱線した話になりましたが、まずはクヨクヨするのではなく希望を持つことが症状にとってもかなり良いことです。
その点だけでも知って頂けたらと思います。

 

坐骨神経痛や腰痛でお悩みなら、越谷市の整体院オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛や腰痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛の治療法】坐骨神経痛を治すための治療法について。

 

※ホームページから坐骨神経痛や腰痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top