オーラウェーブ療術院院長コラム

越谷市で足首の痛みなら当院へ。草加,三郷からも来院。

越谷市で、足首の痛みやくるぶしの痛みなら当院へ。

足首が痛い。当院には、様々な部位に痛みを訴える方が来院されますが、足首の痛みやくるぶしの痛みで来院される方もおられます。
スポーツで痛めている場合もありますし、運動していない方でも足首付近に痛みが生じているケースもあります。
同じ足首に痛みを感じていても、そのキッカケや原因というのは人それぞれ違うものなのです。
ここでは、足首の痛みやくるぶしの痛みの原因や治療について、実際に来院される方のケースを元に解説していきます。
越谷市で、足首の痛みやくるぶしの痛みで病院や治療院をお探しの方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

足首の痛みなら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

足首の痛みの原因

足首の痛みの原因についてですが、これには二通りあります。
一つは、スポーツなどの強い負荷によって筋肉がダメージを受けている場合。
二つ目は、単純な筋肉のコリや坐骨神経痛の場合となります。
実際に来院されるケースでは、たいていそのどちらかに二分されます。

足首に痛みが出ているときの患部の状態

スポーツなどで痛めている場合は、足首に炎症を起こして腫れが見られるケースも珍しくありません。
症状が強い場合は、通常歩行もまともにできなくなったりもします。
筋肉のコリの場合は、痛みの無いほうの足と触り比べると筋肉の固さや盛り上がりに左右差が見られたりします。
坐骨神経痛の場合も同様ですが、神経痛の場合でも炎症を伴って腫れているケースもあります

 

くるぶしの痛みの原因

くるぶしの痛みの場合も、足首と同様です。
スポーツなどによる強い衝撃や、捻挫が原因のこともあります。
スポーツが原因でない場合は、筋肉のコリや炎症、坐骨神経痛の場合でもくるぶし付近に痛みが出たりもします。

くるぶしの痛みが出ているときの患部の状態

捻挫などでくるぶし周辺を痛めている場合は、炎症を起こしていることもよく見られ、患部を押すと痛みが生じたりします。
コリが原因の場合は筋肉の固さに違いあり、坐骨神経痛の場合も固さや炎症が見られるケースもあります。

くるぶしが痛い。

病院(整形外科)による足首の痛みの治療

 

足首の痛みで病院を受診する場合は、整形外科を受診します。
病院(整形外科)による足首の痛みの治療というのは、どういったものなのでしょうか。

スポーツなどで足首を痛めた場合はレントゲン検査

スポーツなど、何らかの強い負荷で足首を痛めた場合は骨折の可能性も考えられます。
そのため、たいていはレントゲン検査が行われます。
骨折が見られればギプズなどで固定されますが、骨に異常が無ければシップや痛み止めが処方されたりします。
中には電気治療などを受けれる所もあるようですが、これといった治療というのは施されません。
切り傷のようなケガなら消毒したりなどの処置がありますが、スポーツなどの負荷で筋肉を傷めた場合、病院では治療法がありません。
ほとんど自然治癒に任せるような感じとなるのです。

坐骨神経痛による足首の痛み

スポーツなどで痛めていない場合は、坐骨神経痛の可能性を考え、腰のレントゲンやMRを撮られることもあります。
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が見つかるケースもあるからです。
坐骨神経痛でも、検査で腰に異常が見られないこともあります。
ヘルニアなどの所見が見られれば手術を勧められることもありますが、昨今では手術するかは自分で決めるそうです。
異常が見つからない場合は、痛み止めを処方されます。
病院では、坐骨神経痛を治すための治療というのは手術以外にありません。

 

病院(整形外科)による、くるぶしの痛みの治療

くるぶしの痛みも、整形外科の範疇となります。
捻挫などでくぶるし付近を痛めている場合は、やはりレントゲン検査が行われることもあります。
骨に異常が無ければ、アイシングや湿布の処方で様子見となり、自然治癒を待つ感じとなります。
くるぶしの痛みを治すための治療法というのは、病院では受けらないのです。
これは坐骨神経痛の場合でも同様となります。

 

整体による足首の痛みの治療

整体ではレントゲンなどの検査は行えませんが、手技によって筋肉の状態を改善していくことが可能です。
そのため、筋肉のコリだけでなく、炎症を起こして腫れている状態でも処置することができます(その院によります)。
どう治療するかは院によってやり方は異なりますが、手技によって血流循環を促し、筋肉の状態を回復させていく感じとなります。
血流がしっかり循環することで、固くなっている筋肉の盛り上がりが無くなったり、炎症を起こしていても腫れがすぐに引いたりします。
こういった効果を出せるのは、整体の特徴といえるでしょう。

坐骨神経痛による足首の痛み

坐骨神経痛が原因で足首の痛みが出ている場合は、足首だけでなく腰周辺に対しても処置を施さなければなりません。
たいていは痛みだけでなく痺れも伴っていたりしますが、腰の状態が良くなることで徐々に症状が小さくなっていきます。
治療内容としては、腰の筋肉を緩めて骨格や神経への負担を軽減するのが基本となります。
場合によっては、骨格矯正を行ったほうがいいケースもたまにあります。
施術内容は整体院によってかなり違いますので、ご自分に合った治療法を受けるといいでしょう。

足首が痛い。

 

整体によるくるぶしの痛みの治療

筋肉のコリや捻挫などが原因の場合は、手技によって血流循環を促し、傷めた筋肉を回復させていく必要があります。
電気治療などの機械による治療では、はっきりした効果は得られないので注意したほうがいいでしょう。
カイロプラクティックには捻挫の矯正というのもありますが、基本的に筋肉の状態が良くならないと行なえません。
矯正を行う必要が無い場合も多く、まずは筋肉の状態をいかに良くしていくかが重要となるのです。

坐骨神経痛によるくるぶしの痛み

坐骨神経痛が原因でくるぶしに痛みが出ている場合、やはり腰や骨盤周辺を積極的に施術していく必要があります。
腰の状態が良くなれば、それに伴ってくるぶしの痛みも消失したりするからです。
中にはくるぶし周辺の筋肉の固さが残り、それが原因で痛みやしびれが残ることもあります。
そういった場合は、くるぶし周辺を直接処置していく必要があるでしょう。

 

足首の痛みやくるぶしの痛みは、放置しない

足首の痛みやくるぶしの痛みは放置しないことをお勧めします。
実際に来院される方のケースでは、痛みがあるのに放置したことで長期間治らずに引きずっている方もおられます。
例えば、捻挫を起こして放置した結果、10~20年も痛みが残っていたというケースもあるのです。
そういったケースでも完治できたりはしますが、治りにくくなっている場合も多く見られます。
どんな症状でもそうですが、痛めたばかりの早期に治療を受けたほうが短期間で完治しやすい傾向があります。
放置してしまうと慢性化して残ってしまうこともありますし、逆に症状が悪化してしまうこともあるのです。
悪化した場合というのは、炎症がひどくなっていたり、日常生活でかなりの支障をきたしたりします。
当然、治療を受けても治りにくく、完治するにしても治療期間が余計にかかってしまいます。
もちろん放置しても自然治癒で治りきってしまうこともありますが、悪化や慢性化などのリスクを考えればなるべく治療を受けたほうがいいでしょう。

 

越谷市で、足首の痛みの治療や整体をお探しなら当院へ。
草加,春日部,三郷からも来院。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
足首の痛みなら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

※ホームページから足首の痛みやくるぶしの痛みの治療についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top