オーラウェーブ療術院院長コラム

【ぎっくり腰 病院】ぎっくり腰のときは病院に行くべき?

ぎっくり腰のときは病院に行くべき?

ぎっくり腰で病院に行く。当院は整体院なのでぎっくり腰で来院される方も多いですが、ほとんどの方は病院は受診していません。
接骨院や整骨院、鍼灸院や他の整体院で治療を受けてから当院に来られるケースも多いですが、病院に行ったという方はほぼいないのが実情です。
ぎっくり腰のときは、病院に行くべきなのでしょうか?
ここでは、ぎっくり腰と病院について解説していきます。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

ぎっくり腰なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

ぎっくり腰を起こしたときは、病院の何科に行けばいい?

ぎっくり腰を診てくれる病院は、整形外科となります。
整形外科は骨折や打撲、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などの腰の異常も診てくれます。
そのため、腰痛やぎっくり腰も整形外科の範疇になっているのです。

 

ぎっくり腰は病院では治らない

ぎっくり腰で病院に行く。ぎっくり腰で病院(整形外科)を受診すれば診察はしてくれますが、ぎっくり腰を治療してもらえることはまずありません。
たいていは湿布や痛み止めを出され、安静にするよう言われてお終いとなります。
「腰を痛めているのに、何も治療してくれないのはおかしい」という方も多いと思いますが、ぎっくり腰は病気や怪我ではありません。
病気や怪我なら治療法がありますが、ぎっくり腰は違います。
そのため、病院ではやれることに限度があるのです。
その辺はしっかり理解しておく必要があるでしょう。

病院にはぎっくり腰の治療法は無い

病院には、ぎっくり腰の治療法というのはありません。
ぎっくり腰にかぎらず、肩の痛みや首の痛み、背中の痛みなど様々な症状で病院に行く方は多いですが、何も治療を受けられないのが実情です。
それはなぜかというと、「筋肉に対する治療法」というのが西洋医学に存在しないからです。
痛みを感じている部分は筋肉ですが、その筋肉をケアする方法が無いのです。
骨格の歪みから痛みにつながっているケースもありますが、骨格をケアする方法も病院にはありません。
あるとしたら、血流を良くする薬や、筋肉の炎症を抑える薬を処方されるくらいでしょう。
しかし、検査として病院を受診するのは問題ありません。
腰痛かと思っていたら、尿路結石や骨折が原因だったというケースもあるからです。
検査は病院で、治療は他で受けるという感じで使い分けるといいでしょう。

 

ぎっくり腰は、病院ではない所で治療を受けよう

ぎっくり腰は、病院ではない所で治療を受けたほういいでしょう。
当院のような整体院でも対応できますし、接骨院や整骨院、鍼灸院、カイロプラクティックなど、様々な治療院が巷にあります。
ぎっくり腰を処置できるのは、そういった民間の治療院が主流なのです。
ぎっくり腰の経験者は、腰を痛めても病院に行くことはありません。民間の治療院に駆け込みます。
検査は病院で、治療は民間の治療院で受けるといいでしょう。

 

ぎっくり腰になったら、病院に行くべき?

ぎっくり腰で病院に行くべき?何かの弾みに腰を痛めたのであれば、単純なぎっくり腰なので病院に行く必要は無いと思います。
病院に行くかどうかは、痛みが出たキッカケで判断するといいでしょう。
ぎっくり腰かと思ったら、内臓の病気だったり圧迫骨折だったというケースもあります。
じわじわ痛みが増してきたり、無理したわけでもないのに痛くなってきた、動きに関係なく痛みの強さが変わらないなどの場合は病院を受診したほういいでしょう。
検査で異常が見つからなければ病気ではないと判断できるので、民間の治療院の出番となります。
病院に行くべきかどうかは、どのようにして痛みが出たかで判断するものなのです。

 

ぎっくり腰を改善するなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
ぎっくり腰なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

※ホームページからぎっくり腰についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top