オーラウェーブ療術院院長コラム

自律神経失調症になりやすい思考や考え方とは。

自律神経失調症になりやすい思考や考え方とは。

自律神経失調症になる思考。当院には自律神経失調症で来院する方も多いですが、マイナス的な思考や考え方になってしまっている方がとても多くおられます。
体調が悪いので元気が出ないのはわかりますが、体の状態が落ちていることで思考や考え方も落ち込んでしまっています。
肉体と精神状態は密接につながっているので、体の状態が悪くなればメンタルも落ち込みますし、逆にメンタルの状態が悪くなることで肉体面に不調が生じたりします
これが自律神経失調症の特徴といえるでしょう。
当院では肉体面のケアを行っていますが、それで気持ちが楽になるという方も多くおられます。
カウンセリングなどメンタル面に踏み込むことはしていませんが、精神状態は自力でコントロールすることが可能です。
そのためには、健全な肉体と思考や考え方が重要となります。
ここでは、自律神経失調症になりやすい思考や考え方について解説していきます。
自律神経失調症でお悩みの方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

自律神経失調症なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

自律神経失調症になりやすい思考や考え方

自律神経失調症になりやすい思考や考え方についてですが、マイナスのことばかり考えていれば心身の調子がどんどん悪くなっていきます。
これは皆さんも自覚していることなのですが、わかっていても悪い思考が止まらないのです。
悪い思考をしてしまうクセがついてしまうので、無意識に悪い考え方をして、良い状態のことを忘れてしまうのです。
そうなると体の状態が萎えていくので活力も出なくなってきます。
感情面でも、漠然とした不安や焦燥感などが出て不眠などの症状が発症している方も少なくありません。
健康な人からすれば「何を不安になっているのか?」と思ってしまいますが、本人も周りの環境に不安要素が無いのはわかっていたりします。
頭ではわかっていても、漠然とした不安感というのが常にあったりするのです。
こういう状態のときは体にも張りが出ているなど、緊張状態になっていることが多いです。
施術を受けて体の緊張が緩むと、不安感など感じなくなるケースもよく見られます。

 

自分の考え方をしっかり持っていると自律神経失調症になりにくい?

自律神経失調症にならない考え方。しっかりした自分の考え方を持っていると、自律神経失調症になりにくと思います。
もちろん、何かショックな出来事など周りの環境の影響で調子が落ちることはあるでしょうが、通常の生活の中でメンタルが落ち込んで体調不良になるということは無いと思います。
自分の考え方を持っているということは、周りに流されないとも捉えることができます。
流されないためには、ある程度の「踏ん張り」が効かないといけません。
踏ん張るためには、体の状態もある程度しっかりしていないと無理なので、これは健全な状態といえるでしょう。

踏ん張りが無いと心身の状態は悪くなりやすい

誰でも「踏ん張り」というのはあったはずですが、そういった感覚を忘れている状態が自律神経失調症ともいえます。
そのため、どんどん悪い方向に向かって体の状態が悪くなってしまうのです。
調子の良いときは何か悪いことが起きたとしても「へっちゃらだ・この程度たいしたことない・なにくそ・負けるか・良いときもあれば悪いときもある」など、様々なプラス思考が発生してマイナス思考を抑えます。
こういった思考が体の状態を低下させないための「歯止め」になっており、前述した「踏んばり」ともいえるでしょう。
子供の頃ならこういった思考は誰でも持っていたはずですが、大人になるにつれて少なくなっていく傾向があるようです。
大人になると様々なしがらみがあるので、「周りと違うことをしてはいけない・遠慮ばかりする・他人を尊重しすぎる(自分を抑え込む)」ということをやりがちです。
そういったことがクセになると自分の考えが弱くなり(使わなくなり)、周りに逆らうことができなくなります。
使わなければ、使い方を忘れてしまうのです。
結果として、体にも良い力が入りにくくなってしまいます。
小中学生でも自律神経失調症や起立性調節障害と診断されている子もいますが、どこかで自分を殺して自信が無くなっているのかもしれません。
良い感覚を思い出して使っていくことが、自律神経の乱れを整えるのに重要なポイントの一つといえるでしょう。

 

自律神経失調症を改善するための思考や考え方

思考や考え方がふと変わった瞬間、体が軽くなったという経験は無いでしょうか。
変な固定観念が無くなると緊張が抜けるので、体が軽くなった感覚を受けるのです。
例えば何かに対処していて、ふと見方を変えたら実はたいしたことはなく「なーんだ」みたいな感覚といえばいいのでしょうか。
自律神経失調症でマイナスの思考や考え方に陥っているときは、過度に緊張している場合が多いです。
そのため神経が高ぶり、いろいろ考え事ばかり巡ってしまうのです。
良いことばかり考えていれば神経も落ち着きやすいのですが、調子が悪い時には良い考え方というのはそうそうできるものではありません。
そういったときには、物事の見方を変えるというほうがやすいやすいかもしれません。
自律神経失調症やうつ病などの方は、物事の悪い面ばかり意識するクセがついていることが多いです。
しかし、何でもその反対があるので、悪いことの反対側を見てみるような感じがいいでしょう。
葉っぱの裏側を見るような感じです。
「悪いようだけど、いいこともあるのかな」といった感じで、隠れているものを見つけるような感覚ともいえます。
いきなり出来なくても、続けていれば変わってくるでしょうし、自分に合わないと思ったらやめてしまって構いません。
やり方はどうであれ、このように自分の中でできることもあるのだということです。

 

体の調子が良くなると、思考や考え方も変わってくる

自律神経失調症にならない思考。メンタル面の話をしてきましたが、今度は肉体面についてです。
悪い思考や考え方は体の調子が落ちていると起きやすいですが、体の調子が向上することでそういった思考にも変化が出てきたりします。
自律神経失調症では様々な症状が出ますが、病院で検査してもほとんどの場合で異常は見つかりません。
しかし、体を触ると張りなどの緊張感が生じている場合が多く見られ、変に力が入っている状態ともいえます。
体が緊張している状態なので血流循環が悪くなり、肉体がリラックスできず神経が高ぶっている状態なのです。
施術は血流循環を促して体の緊張を緩める効果があるので、体調自体も向上しやすいですし、体調が良くなればメンタル面も不思議と落ち着いてきたりします。
日常生活も楽になるので、そうすると悪いときのことを忘れて良い状態が当たり前になってくるのです。
それくらいになれば、思考がどうとか考えることすら無くなっていきます。
自律神経失調症を改善する方法の一つとして、整体の施術も有効だというのは知っていおいていいでしょう。
当院では、自律神経失調症の様々な症状に対応することが可能です。
自律神経失調症でお悩みなら、一度ご相談下さい。

 

自律神経失調症を改善するなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
自律神経失調症なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

※ホームページから自律神経失調症についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top