オーラウェーブ療術院院長コラム

【肉離れ 腓腹筋】腓腹筋の肉離れの症状や治療について。

腓腹筋の肉離れの症状や治療について。

腓腹筋の肉離れについて。肉離れが腓腹筋に起きるケースは、とても多く見られます。
腓腹筋の肉離れはしっかり治療すれば完治されるのですが、中にはなかなか治らなかったり、治ったと思ってもまたぶり返してしまうというケースも多く見られます。
こういった事態を避けるには、どういった治療を受ければいいのでしょうか。
ここでは、腓腹筋に肉離れが起きたときの症状や治療について解説していきます。
腓腹筋の肉離れでお悩みの方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

肉離れの症例や実績は全国でもトップクラスの整体院です。
肉離れ治療なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

腓腹筋の肉離れとは

腓腹筋とは、俗にいうふくらはぎの筋肉のことです。
腓腹筋は第2の心臓と呼ばれ、下半身の血液を上半身に循環させる役割をしています。
肉離れは全身の様々な箇所に置きますが、この腓腹筋に肉離れを起こす方の割合は非常に多いです。
当院に肉離れで来院する方の半数は、この腓腹筋を痛めているケースが占めています。

腓腹筋に肉離れを起こすキッカケ

主にスポーツで痛めている場合が大半を占めていますが、日常生活の中で肉離れを起こしているケースもあります。
高いところから飛び降りた・階段を2段飛ばした・ストレッチで伸ばしすぎた・小走りをした際など、他愛のない動作で腓腹筋に肉離れを起こすこともあるのです。
こういった動作で肉離れを起こす方は、腓腹筋に固さや張りがあるのが原因といえるでしょう。

 

腓腹筋に肉離れが起きたときの症状

腓腹筋の肉離れについて。腓腹筋に肉離れが起きると、どういった症状が出るのでしょうか。
目視でわかる症状としては、筋肉の腫れや内出血です。
痛めた度合いによっては、腓腹筋がかなりパンパンに腫れていたりもします。
動作的な症状では、アキレス腱を伸ばせない・階段の上り下りで痛い・しゃがむことができない・歩行で痛みが出るというのが主な症状となります。
こういった症状が出ているときにはスポーツを控えるのはもちろん、小走りなども避けたほうがいいでしょう。

 

腓腹筋の肉離れの治療はどこで受けられる?

腓腹筋の肉離れに対応してもらえるのは、整形外科・接骨院・整骨院・鍼灸院・整体院となります。
整形外科は病院なので、検査が主な役割です。
治療は行われないことが多いですが、中にはリハビリをやっている整形外科もあります。
接骨院や整骨院では保険が適用され、アイシングや電気治療・簡単なマッサージなどを受けることができます。
鍼灸院では鍼治療やお灸といった治療内容です。
整体院でも肉離れに対応してもらえます。
当院も整体院ですが、肉離れの方は非常に多く来院されており、高い結果を出しています。。
整体院の場合はその院によって治療内容がまったく異なるため、治療を受ける際は治療内容をあらかじめ確認したほうがいいでしょう。

 

腓腹筋の肉離れの治療とは

腓腹筋の肉離れについて。腓腹筋の肉離れの治療についてです。
肉離れは筋肉がダメージを受けてケガをしている状態です。
しかし、しっかり治療して筋肉の状態が良くなることで早期に改善されていきます。
肉離れでは、筋肉の状態をいかに良くできるかが重要なポイントとなるのです。
傷んだ筋肉を回復させるには、血流循環を促す必要があります。
治療方法としては電気治療や針治療、マッサージ的な手技が挙げられます。
しかし、そういった治療で完治されない方も多くおられます。
治療効果というのはその院によってまったく異なるため、治療院の良し悪しが決め手になるともいえるでしょう。

 

当院で行っている、腓腹筋の肉離れに対する施術

当院では機械は使わず、手技による施術を行っています。
肉離れは、機械による電気治療で完治することは絶対にありません。
必ず手技による処置が必要となるのは知っておきましょう。
いきなり痛めている部分を処置しようとしても良くなるものではありません。
基本的には痛めていない部分から筋肉を緩めて、肉離れの部分に対して間接的に血流循環を促していきます。
その上で、最終的に患部に対してアプローチしていきます。
炎症が残っている状態では強い刺激は逆効果になるので、軽い刺激を筋肉に浸透させていきます。
そうすることで炎症が引いていくと、筋肉に固さがあるのがわかります。
その固い部分を緩めていくことで筋肉に伸縮性が戻り、スポーツなどの強い負荷も吸収できるようになってくるのです。

 

腓腹筋の肉離れがぶり返すのは、治りきっていないから

腓腹筋の肉離れがぶり返してしまうのでは、まだ完全に治りきっていない状態だからです。
前述したように、筋肉は炎症が引いたあとに筋肉の固さが残ります。
この固さが残っていると負荷を吸収できないため、スポーツを行った際にまた同じ部分を痛めてしまうのです。
逆にいえば、この筋肉の固さがしっかり緩まることでスポーツも全力で行えるようになってきます。
腓腹筋の肉離れが治った。そういった細かい処置のできる治療院が少ないからか、「肉離れが治りきらない」といって来院される方も多くおられます。
しかし、肉離れはしっかり処置することで完治できる症状です。
腓腹筋の肉離れでお悩みなら、一度ご相談下さい。

 

腓腹筋の肉離れでお悩みなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
肉離れ治療なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

肉離れについて詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。
【肉離れ治療】太もも肉離れ治療、ふくらはぎ肉離れ治療について

 

※ホームページから腓腹筋の肉離れについてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top