オーラウェーブ療術院院長コラム

炎症を起こしている三角靭帯の改善例。東松山市から来院。

炎症を起こしている三角靭帯の改善例。
東松山市から来院。

性別:男性
年齢:17歳
学年:高校3年生
主訴:三角靭帯の炎症

1週間ほど前に、サッカーをやってシュートしようと右足で踏み込んだとき、右足首を急激に痛めた。
痛めた箇所は内くるぶしより少し下で、整形外科を受診すると「三角靭帯を痛めたのでは」といわれる。
肉離れや捻挫というわけではないらしい。
以前にふくらはぎの肉離れで当院に通われていた経緯があり、東京都東松山市から来院された。

 

三角靭帯を痛めて東松山市から来院した方の施術結果

1回目:

施術前に、どういった痛みで三角靭帯に痛みが出るかを確認する。
アキレス腱を伸ばしたりしゃがむなどの動作で痛みが出ることはない。
日常生活でもさほど痛みが出るわけでもないが、サッカーでシュートしようと踏み込んだときに一番痛みが出るとのこと。
痛めた部分を指で押すと、痛みが生じている。
施術は血流循環を促すことで、ダメージを受けた三角靭帯を回復させていく。
施術後は、指で押した際の痛みもまだ残っており、さほど改善が見られていない状態。

 

2回目:2日後。

前回の施術後から急に良くなったそうで、階段で軽い痛みを感じていたこともあったそうだが、それも無くなったとのこと。
サッカーもやってみたそうだが、シュートの際に踏み込んでもさほど痛みが出なくなったらしい。
三角靭帯を指で押しても、痛みはほとんど出なくなっている。
施術は、前回と同様に血流循環を促し、三角靭帯を緩めていく。
施術後は、残っていた痛みを感じていた部分を指で押しても痛みは出ていない。

 

三角靭帯を施術した院長のコメント

三角靭帯を痛めて、東京都東松山市から来院されました。
三角靭帯が炎症を起こしているような感じはありましたが、それほどひどくはなく、肉離れというほどでもありませんでした。
そして足首をひねったわけでもないので、捻挫とも違います。
シュートの際に三角靭帯が急に伸ばされたためか、強い負荷によって靭帯がダメージを受けているような感じでした。
痛めた靭帯や筋肉を回復させるには、血流の循環を良くすることが一番の治療法となります。
血流がしっかり循環すれば炎症も早期に引きやすく、伸縮性も戻ってきます。
結果として強い負荷も吸収できるようになるので、スポーツも全力で行えるようになってくるのです。
東松山市で肉離れや捻挫でお悩みの方も、一度ご相談下さい。

 

肉離れや捻挫なら当院へ。
東松山市からも来院されています。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012

ホームページ
肉離れなら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

肉離れについて詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。
【肉離れ治療】太もも肉離れ治療、ふくらはぎ肉離れ治療について

 

※ホームページから肉離れや捻挫などについてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top