オーラウェーブ療術院院長コラム

越谷市でテニス肘なら当院へ。草加,三郷からも来院。

越谷市でテニス肘の治療をお探しなら当院へ。

埼玉でテニス肘になっている。テニスによって腕や肘に負荷をかけ続けていると、テニス肘になることがあります。
これは手首から肘にかけての筋肉、もしくは肘関節を酷使することによって発症する症状です。
当院でもテニス肘で来院される方はおられますが、しっかり処置することで痛みの解消につながります。
ここでは当院で行っているテニス肘への施術について解説していきます。
越谷市でテニス肘でお悩みの方、ご参考ください。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

テニス肘なら埼玉県越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

テニス肘が起きる原因

テニス肘が起きる原因とはどういったものでしょうか。
これは単純に、ラケットを持っている腕を酷使して負荷をかけているからです。
テニスのラケットを握って腕を振る動作で負荷がかかるのは、手首から肘にかけて伸びている筋肉です。
この部分に負荷をかけ続けることで筋肉が疲労し、肘の部分に痛みが生じたりします。
もう一つは、肘自体に負荷をかけている場合です。
テニスを本格的にやっている方は肘を曲げている時間が長いため、肘関節が固まって肘を伸ばせない方もおられます。
そのため、肘の関節自体に炎症を起こして痛みが生じていたりします。
テニス肘は、腕の筋肉や肘関節に負荷をかけているのが原因といえるでしょう。

 

テニス肘の症状

テニス肘の症状としては、ラケットを振る際に痛みが生じたりします。
ラケットを握っていなくても、腕を伸ばす動作・手首を反らす動作などで痛みが出る場合も少なくありません。
肘や腕の筋肉が炎症を起こして腫れぼったい感触になっていることもあり、患部を押すと痛みが生じるなどの症状を有したりもします。

 

テニス肘に対する治療とは

埼玉でテニス肘になっている。テニス肘に対する治療とはどういったものでしょうか。
テニス肘で整形外科を受診するとシップを処方されるだけだったり、接骨院などの保険治療では電気や軽いマッサージなどを長期間続けられたりします。
しかし、こういった治療ではテニス肘が良くなることは滅多にありません。
良くなったとしても、治療で良くなったのか自然治癒で良くなったのかわからない程度だったりします。
そのため、どういった所でテニス肘を治療すればいいのかわからないという方も少なくありません。
ここでは当院で行っているテニス肘に対する施術について解説していきます。

テニス肘は整体で改善できる

病院で行われる治療よりも、実は整体による施術のほうが高い効果を見込めたりします。
当院も整体院ですが、血流循環を促して筋肉を緩めることでテニス肘に対して高い効果を出しています。
テニス肘になると骨に異常があるのではと思ってしまいますが、実際はそうではありません。
基本的には筋肉が固くなっていたり炎症を起こしていることでテニスの際に痛みが生じています。
つまり、筋肉の状態が良くなることでテニス肘の改善や解消につながるのです。
血流の循環が良くなることで筋肉の状態が良くなり、弾力や伸縮性が戻ってきます。
そうすると様々な負荷を吸収できるようになり、痛みが生じなくなってくるのです。
当院では肉離れなどのスポーツ障害で来院される方も多いですが、中には腕の肉離れで来院される方もおられます。
そういった方でも全力でスポーツができるまでに回復しますし、オスグッドのように膝関節が変形しているようなケースでも全力ダッシュできるまでに回復されたりもします。
このように、筋肉の状態が良くなることで様々な症状の改善につながるのです。
これはテニス肘の場合でも例外ではありません。
「接骨院の電気治療でも血流が良くなるのでは」と思われるかもしれませんが、機械による治療では血流循環は良くならないのです。
血流循環を促すには、機械ではなく手技による治療が必要であり、整体はそれに特化した施術を行うことができるのです。

 

テニス肘の治療を受けているときの注意点

埼玉県でテニス肘になっている。しっかり処置することで、たいていの場合テニス肘は治っていきます。
しかし、治療中に経過を悪くしてしまうと治りが悪くなることもあります。
ここでは、テニス肘の治療を受けているときの注意点について解説していきます。

テニス肘になっているときは安静にしよう

テニス肘の症状が出ているときは、なるべく安静にするようにしましょう。
治療を受けているときにテニスを行って負荷をかけてしまうと、筋肉の状態が悪くなることがあります。
下手をすると悪化させてしまう可能性もあり、悪化させてしまうと完治までに余計な期間がかかってしまうのです。
テニス肘の治療を受けているときは、できればテニスは休んだほうがいいでしょう。
どうしてもテニスの練習などしなくてはいけない場合は、痛みが出ない範囲で行うようにしましょう。

テニス肘は冷やさないようにしましょう。

テニス肘はアイシングで冷やさないようにしましょう。
痛みがあったり炎症があると冷やしたくなりますが、基本的にテニス肘を冷やしてはいけません。
炎症があるといっても肉離れほどではないでしょうし、筋肉が疲労している状態でアイシングすると余計筋肉が固くなってしまいます。
テニス肘の改善には血流を循環させる必要があるので、冷やすことはそれと逆の行為になってしまうのです。
テニス肘を早く治すために自分でも何かしたくなってしまいますが、治療中は余計な刺激を患部に与えないほうがいいでしょう。

 

しっかり処置すれば、テニス肘は治る

テニス肘を埼玉で治療した。しっかり処置することで、テニス肘は完治できる場合も多いです。
最後まで治しきれば腕や肘の状態はかなり良くなっています。
そうなればテニスで負荷をかけても負荷を吸収できるようになり、テニス肘がぶり返すリスクも大幅に無くなってくるのです。
当院でもテニス肘に対応することが可能です。
埼玉でテニス肘でお悩みという方、一度ご相談下さい。

 

越谷市でテニス肘なら当院へ。
草加,三郷からも来院されています。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
テニス肘なら埼玉県越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

※ホームページから、テニス肘についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top