オーラウェーブ療術院院長コラム

坐骨神経痛が痛すぎる!そんな場合とは?

坐骨神経痛が痛すぎる!そんな場合とは?

坐骨神経痛が痛すぎる。坐骨神経痛と一言でいっても、痛みの度合いは人それぞれ違います。
症状が軽度なら日常生活に支障が出ませんが、痛すぎるときは歩いたり座ったりすることもできないほどです。
中には、痛すぎて2,3日一睡もできなかったという方もおられます。
そこまで痛いときは、体はどんな状態になっているのでしょうか。
ここでは痛すぎる坐骨神経痛について解説していきます。
坐骨神経痛でお悩みの方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

重度の坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

坐骨神経痛が痛すぎるときの状態とは

坐骨神経痛が痛すぎるときというのは、どんな状態になっているのでしょうか。
実際に当院に来院した方のケースを元に解説していきます。

患部に炎症を起こしている

坐骨神経痛が痛すぎるときの状態としては、患部に炎症を起こしているケースがあります。
わかりやすいのはお尻や脛ですが、痛みのある部分を触ると腫れぼったい感触があり、こういったときはかなりの痛みを伴っているのが特徴です。
神経自体が炎症を起こしている可能性もあります。

悪化させている

悪化させた坐骨神経痛は、当然痛みも強くなっています。
痛みがたいしたことないときに処置すれば治りも早いのですが、悪化させた状態だと治りにくくなっていることもよく見られます。
痛みをかばっているために体が緊張して施術の効果が入りにくい場合や、効果がしっかり入っていても神経自体が炎症を起こして改善に期間がかかるケースもあります。
中には早期に改善されるケースもありますが、基本的には悪化した坐骨神経痛は治りにくくなるというのは知っておきましょう。

 

坐骨神経痛が痛すぎるときは、まず安静にしよう

坐骨神経痛が痛すぎる。坐骨神経痛が痛すぎるときは、まず安静にしましょう。
「そんなの当然」と思われるかもしれませんが、中には仕事などを優先し、痛いのを我慢して動いてしまう方もおられます。
そうすると、症状が悪化するリスクが非常に高まります。
坐骨神経痛を発症しているということは、神経が圧迫されていることでもあります。
痛みが強すぎるときは神経への圧迫が増していたり、神経自体がダメージを受けて炎症を起こしていたりします。
さらにひどいことにならないためには、安静にすることが不可欠といえるでしょう。

 

坐骨神経痛があまりに痛すぎるときは、病院で検査を受ける

坐骨神経痛があまりに痛すぎるときは、可能であれば病院(整形外科)で検査を受けたほうがいいでしょう。
椎間板ヘルニアなどが見つかるケースもよくありますが、中にはヘルニアが神経に突き刺さっていたり、椎間板がどこかに落ちてしまっているケースなどもあります。(当院で実際にあったケース。それでも坐骨神経痛は完治できました。)
あまりに異常な場合は、普通の坐骨神経痛と違う感じがありますが、それはご本人ではまずわかりません。
痛みで病院に行けないという方もおられると思いますが、多少なりとも痛くない日があれば、そのときを狙って病院を受診するといいでしょう。

 

痛すぎる坐骨神経痛は治療しよう

痛すぎる坐骨神経痛は、しっかり治療して治すことが重要です。
治療といっても、病院では痛み止めやブロック注射、リハビリ、手術しか選択肢がありません。
それ以外のケアを望むとなると、整体や接骨院・鍼灸・カイロプラクティックなど民間の治療院での治療となります。

治療して治す意味

坐骨神経痛は、放置しても自然と痛みが無くなることもあります。(そうでないこともありますが)
病院では痛み止めを処方されますが、これは痛みを感じていないうちに自然と治ればいいなというものであって、治療というものではありません。
自然治癒を期待する方もおられますが、一時的に痛みが消えても、またしばらくして痛みがぶり返してしまう可能性が非常に高くなります。
そしてぶり返してしまった症状というのは、治りにくくなっていることも多いのです。
しかし、治療院でしっかり処置して治った症状というのは、ぶり返すリスクもかなり低くなっています。
自然治癒で良くなったケースと比べると、雲泥の差があるのです。
こういったことからも、坐骨神経痛はしっかり治療して治すようにしたほうがいいでしょう。

 

坐骨神経痛が痛すぎる場合は、その場で良くならないことも

坐骨神経痛が痛すぎる。坐骨神経痛が痛すぎる場合は、骨格の異常があったり、神経自体がダメージを受けて炎症を起こしていたりします。
治療院で治療を受けて腰の状態が改善し、神経への圧迫が緩和されたとしても、ダメージを受けた神経がその場でいきなり回復するとはかぎりません。
しかし、腰の状態させ安定すれば神経への負荷が無い状態ともいえるので、治療から日数が経過してから痛みが和らいできたりすることもあります。
坐骨神経痛はかなりつらい症状なので一刻も早く良くなりたいでしょうが、治療を受けても症状が改善するまでにタイムラグがあるかもしれないというのは知っておいたほうがいいでしょう。

 

痛すぎる坐骨神経痛を改善するなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛 埼玉】坐骨神経痛にはどんな治療がある?

 

※ホームページから痛すぎる坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top