オーラウェーブ療術院院長コラム

2週間前から続く坐骨神経痛。さいたま市緑区の方。

2週間前から続く坐骨神経痛。
さいたま市緑区の方。

性別:男性
年齢:35歳
職業:会社員
主訴:左の坐骨神経痛

2週間前から、左太ももの付け根に痛みが生じている。
自分で症状について調べたらしく、坐骨神経痛ではないかと思っているらしい。
検査や治療などは、どこにも行っていないとのこと。
当院を見つけ、さいたま市緑区から来院された。

 

坐骨神経痛でさいたま市から来院した方の施術結果

1回目:

痛みがあるのは、左でん部と太もものちょうど境目部分。
施術前に、どういった動作で坐骨神経痛の痛みが出るかの確認をする。
前屈や後屈すると、左太ももの付け根に痛みが生じる。
奥のほうに痛みを感じるらしい。
ベッドにあお向けに寝た状態で左足を挙上すると、30°ほど上げたところで同様の部位に痛みが生じる。
施術は、血流循環を促すことで腰・でん部・太ももを重点的に緩めていく。
施術後は、前屈や後屈した際の痛みは解消。
左足の挙上も角度が増したが、50°ほど上げたところでまだ痛みが生じる。

 

2回目:5日後。

坐骨神経痛の痛みはかなり減少しているとのこと。
何かのキッカケで痛みを感じることはあるそうだが、さほど気になるほどでもないらしい。
施術は、前回と同様に筋肉をしっかり緩めていく。
施術後は、前屈や後屈などの動きは問題なく行える。
左足の挙上もかなりの角度を上げれるようになり、痛みは生じていない。

 

坐骨神経痛を施術した院長のコメント

2週間前から続く坐骨神経痛で、さいたま市緑区から来院されました。
医療機関を受診していない方でしたが、病院を受診していれば坐骨神経痛と診断されていた可能性も大いにある症状です。
しかし膝から下には痛みやしびれなども無く、坐骨神経痛だったとしてもまだ初期の段階だったといえるでしょう。
痛みを感じている部分は筋肉の固さや炎症などが見られることもあるので、施術は血流循環を促すことで筋肉の状態を良くしていくイメージで行いました。
1回目の施術からしっかりした改善が見られ、2回目の施術後には残っていた痛みも解消されました。
3回目以降の来院がありませんでしたが、おそらく大丈夫なのだと思われます。
坐骨神経痛は、症状が悪化してしまうと治りも遅くなってしまいます。
症状が初期のうちに処置することが重要です。
さいたま市で坐骨神経痛の治療や整体をお探しの方も、一度ご相談下さい。

 

坐骨神経痛の改善なら当院へ。
さいたま市緑区からも来院されています。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛 埼玉】坐骨神経痛にはどんな治療がある?

 

※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top