オーラウェーブ療術院院長コラム

座っているのがつらい坐骨神経痛。所沢市から来院。

座っているのがつらい坐骨神経痛。
所沢市から来院。

性別:女性
年齢:55歳
職業:介護職
主訴:座っているのがつらい坐骨神経痛

3日前、仕事で介護をしている最中に腰をピシッと痛め、腰を伸ばせなくなってしまった.
2日後には腰痛は消えたそうだが、今度はでん部やスネが痛くなるなど坐骨神経痛の症状が出始め、夜は痛みで眠れなかったらしい。
座るとお尻にかなりの痛みが生じ、立っていたほうが楽らしいが、それでもスネに痛みが出るなどの症状を有している。
坐骨神経痛の治療を探していたところ当院を見つけ、所沢市から来院された。

 

坐骨神経痛で所沢市から来院した方の施術結果

1回目:

施術前に、どういった動作で坐骨神経痛の症状が出るか確認する。
直立しているだけでも右のスネに痛みが出ており、前屈すると臀部から太もも裏にかけて坐骨神経痛の痛みが生じる。
ベッドにあお向けの状態で、坐骨神経痛が出ている右足を挙上しようとすると、10cmほど浮かしただけで痛みが出る。
座っているのは1分が限界らしい。
施術は腰に負担のかからない状態で、腰や骨盤周辺・足にかけての筋肉をしっかり緩めていった。
施術後は、あお向けで右足を挙上すると45°くらい上げても痛みは出ない。
前屈した際のでん部から太もも裏にかけての痛みも、痛みはあるが始めよりは和らいでいるそう。
立っている状態でのスネの痛みも無くなっているが、でん部に痛みを感じている。
座るのはまだきつい状態。

 

2回目:次の日。

まだ坐骨神経痛の痛みはあるものの、夜は眠ることができたらしい。
座るのはまだきついとのこと。
施術は、前回と同様に筋肉をしっかり緩め、骨格や神経への圧迫を解消していく。
施術後は、あお向けの状態で右足を挙上すると上げきることができている。
座っているのもだいぶ楽になり、前屈した際の痛みの度合いも小さくなっている。

 

3回目:3日後。

前回の施術後から坐骨神経痛の痛みが大幅に改善したそうで、仕事にも出ることができたそう。
日常生活がかなり楽になったと喜ばれていた。
施術はこれまでと同様に、骨格はいじらずに筋肉をしっかり緩めていく。
施術後は、前屈した際の痛みもかなり無くなっている。

 

5回目:

坐骨神経痛の症状はほぼ解消。
日常生活だけでなく、介護の仕事もしっかりこなせるようになっているらしい。
その後は月に1~2回程度の施術を受けられているが、3ヵ月経っても坐骨神経痛がぶり返すことはない。

 

坐骨神経痛を施術した院長のコメント

座っているがつらい坐骨神経痛で、所沢市から来院されました。
一言で坐骨神経痛といっても痛みの出る体勢は人それぞれで、座っているがつらい方もいれば、楽だという方もおられます。
今回は、座っているときに特に激痛を伴っているケースでした。
腰痛の後に坐骨神経痛を発症するという典型的なパターンでしたが、腰を痛めた後は筋肉に固さが出ます。
そのため、腰痛が消えたとしても腰まわりの筋肉の固さが残り、神経を圧迫することで坐骨神経痛につながるのです。
しかし、固くなった筋肉が緩むことで骨格や神経への圧迫が軽減されるので、結果として坐骨神経痛が解消されていきます。
治療院によっては骨格にアプローチする所もありますが、下手に骨格を動かすとさらに神経への圧迫が増して坐骨神経痛を悪化させてしまうケースもあります。
坐骨神経痛に対して一番いいのは、腰に負担のかからない体勢で筋肉を緩めていくことだと考えています。
筋肉をしっかり緩めることで、寝たきりなど重度の坐骨神経痛でも改善・解消されている例はあるのです。
当院では、様々なケースの坐骨神経痛に対応することが可能です。
所沢市で坐骨神経痛の治療をお探しの方も、一度ご相談下さい。

 

坐骨神経痛でお悩みなら当院へ。
所沢市からも来院されています。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛 埼玉】坐骨神経痛にはどんな治療がある?

 

※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top