オーラウェーブ療術院院長コラム

坐骨神経痛でレントゲンを撮ったのに異常なし?

坐骨神経痛でレントゲンを撮ったのに異常なし?

坐骨神経痛でレントゲンを撮って異常なし。坐骨神経痛で病院(整形外科)を受診すると、たいていはレントゲン検査が行われます。
坐骨神経痛の原因になっている部分を見つけるためにレントゲンを撮るわけですが、それで異常なしというケースもよく見られます。
レントゲン検査をしたのに異常が見つからないときはどうすればいいのでしょうか?
ここでは、坐骨神経痛とレントゲンについて解説していきます。
坐骨神経痛でお悩みの方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

重度の坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

坐骨神経痛のときにレントゲンを撮る意味

坐骨神経痛は、骨格の異常から起きることが多い症状です。
レントゲンは骨の異常の有無を調べるために行われており、主に椎間板ヘルニアか脊柱管狭窄症を発見するために行われていると思っていいでしょう。

坐骨神経痛はレントゲンに映る?

レントゲンで映るのは骨格の部分であり、神経まで映すことはできません。
坐骨神経痛はお尻から足にかけて痛みやしびれが出る症状ですが、痛みのある部分をレントゲンで撮っても何も映らないのです。

 

重度の坐骨神経痛のときは、レントゲン検査をしたほうがいい

坐骨神経痛でレントゲンの検査をしている。日常生活に支障が出る重度の坐骨神経痛のときは、レントゲン検査をしたほうがいいでしょう。
重度の椎間板ヘルニアなどの可能性もあるからです。
手術の対象になりうることもあるので、腰の状態を自分で把握するという意味でも、しっかり検査したほうがいいでしょう。

レントゲン検査をして異常が見つかった場合

レントゲン検査をして異常が見つかるとしたら、たいていは椎間板ヘルニアです。
年配の方では、脊柱管狭窄症という診断を受ける場合も多く見られます。
レントゲンで異常があった場合、病院で行われる処置としては痛み止めの処方・ブロック注射(痛み止め)、もしくは手術という選択肢になります。
中には理学療法によるリハビリを行っているところもありますが、リハビリを行っている病院は多くはありません。
基本的には痛み止めで自然治癒を待つやり方が一般的で、坐骨神経痛に対しての治療というのは病院には無いのです。
病院が嫌な方は、整体院や接骨院・鍼灸院・カイロプラクティックなど民間の治療院に行かれます。
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症という診断を受けていても、民間の治療院で坐骨神経痛が完治されるケースは多く見られるからです。

 

レントゲン検査しても異常が見つからない坐骨神経痛

坐骨神経痛でレントゲン異常なし。症状のひどい坐骨神経痛でも、レントゲンを撮って異常なしというケースもときどき見られます。
その場合は、どういったところから坐骨神経痛につながっているのでしょうか。
当院で実際にあったケースを紹介していきます。

梨状筋症候群による坐骨神経痛

現在では一般的にも認知されていますが、「梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)」による坐骨神経痛というのがあります。
坐骨神経は、腰からお尻の筋肉をすり抜けて足まで伸びています。
お尻にある梨状筋が固くなって神経を圧迫することで、坐骨神経痛の原因になっているというものなのです。
筋肉の状態まではレントゲンに映らないので、検査しても異常なしという診断を受けてしまいます。
梨状筋症候群は病院で処置することはできないので、民間の治療院でケアする必要があるでしょう。

股関節の異常による坐骨神経痛

股関節は骨盤部分にある関節なのですが、ここに問題があると坐骨神経痛と同様の症状が出ます。
代表的なのは変形性股関節症ですが、たいていはお尻の筋肉が盛り上がってしまい、神経を圧迫する原因になりやすいです。
この状態で腰のレントゲンを撮っても何も見つからないため、異常なしという診断を受けてしまいます。

大腿骨頭壊死症

これは股関節の骨が壊死してしまう病気ですが、坐骨神経痛と同様の症状が出たりします。
股関節の異常は足を回したりすると引っかかり感があったりしますが、病院でそこまで検査することはまずありません。
発見された場合は、病院で治療すれば完治することが可能です。

帯状疱疹

お尻に帯状疱疹ができて、それを坐骨神経痛と勘違いしてしまうケースもまれにあります。
帯状疱疹に対する治療を行いましょう。

 

坐骨神経痛の大半は、病院では治らないことが多い

坐骨神経痛の大半は、病院では治らないというのはご存知でしょうか。
坐骨神経痛で病院に行っても、たいていは痛み止めをもらって安静にするよう言われます。
痛み止めは痛みを感じさせなくするためのものなので、坐骨神経痛を治すためのものではありません。
それで坐骨神経痛が良くなったとしても、それは治療で良くなったのではなく自然治癒によるものなのです。
しっかり治療して治すとしたら、病院ではなく治療院に行く必要があります。

整体院などの治療院で坐骨神経痛を完治できる

当院も整体院ですが、坐骨神経痛の方は多く来院されます。
先にレントゲン検査してヘルニアなどの異常がある方、異常なしの方、何の検査もせずに来院される方もよくおられます。
症状も軽度から重度まで様々な方が来院されますが、手術を宣告されていたり、寝たきりの方でも坐骨神経痛が完治されたりするのです。
坐骨神経痛はトップクラスに入るほどの激痛を伴いますし、自然治癒ではぶり返す可能性も高くなります。
しかし、しっかりしたケアで改善された症状はぶり返すリスクもほとんどありません。
坐骨神経痛を完治させるためには、「民間の治療院」という選択肢も考慮したほうがいいでしょう。

 

坐骨神経痛を改善するなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛 埼玉】坐骨神経痛にはどんな治療がある?

 

※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top