オーラウェーブ療術院院長コラム

歩行時にびっこを引いていた坐骨神経痛の解消例。さいたま市の方

『歩行時にびっこを引いていた坐骨神経痛が解消!さいたま市の方。』

性別:男性
年齢:42歳
職業:製造業
主訴:坐骨神経痛(右足のしびれ、太もものはり)、椎間板ヘルニア、腰痛(立ち上がるときに右の腰が抜ける感じがある)

 

立ち仕事のためか、もともと腰痛もちで以前に椎間板ヘルニアと診断されていた。
あるとき右足にしびれが走り、痛みが消えない状態になったとのこと。
右のお尻から太もも、ふくらはぎにかけて坐骨神経痛の痛みやしびれが出ており、歩行時もびっこを引き支障が出ている。仕事も休んでいるとのこと。
携帯サイトで当院を見つけ、さいたま市北区から来院された。

 

坐骨神経痛でさいたま市から来院された方の施術結果

1回目:

立った状態で腰をひねったりすると右に坐骨神経痛の痛みが出る。
仰向けに寝た状態で右足を上げようとすると痛みが走り、ほとんど足は上がらない。
施術は下半身の筋肉をしっかり緩める施術を行った。骨格矯正は座骨神経痛が悪化するリスクが高いため行わない。
施術後は多少良くなった感はあるようだが、まだ坐骨神経痛の痛みは残っている。

 

2回目:4日後。

まだ痛みがあるが、多少良くなったような気もするとのこと。前回同様の施術を行う。
施術後は、腰をひねってた際に右に出る坐骨神経痛の痛みが改善されていた。足上げも多少上がるようになっていた。

 

3回目:4日後。

来院された際、歩行時にびっこを引かずに歩いていた。しかしまだ坐骨神経痛の痛みは残っているとのこと。
骨格矯正は一切行わない。筋肉だけを徹底して緩める。
施術後は、初回に比べるとだいぶ柔軟性が出てきた。腰の自由もきくようになり、足上げもだいぶ上がるようになってきた。

 

4~10回目:

まだ痛みは残っているが、仕事にも戻ることができ、施術は1週間に1度のペースになる。
お尻と太ももの痛みはほぼ解消されたが、仕事中に立っているとふくらはぎの下のほうに痛みが出ることがあるとのこと。生活に支障が出るほどではないという。

 

11回目以降:

施術は月に2~3回程度定期的に受けられている。
坐骨神経痛の症状はほぼ解消され、腰も完全に自由がきくようになり、足上げの角度も90°は上がるようになった。歩行時の痛みも一切無い。
立ち仕事のためか、長時間立っていると足首のほうに違和感や多少の痛みは感じることがあるという。しかし始めのような激しい痛みや腰痛も出ることはない。

 

坐骨神経痛を施術した院長のコメント

坐骨神経痛のためさいたま市から来院されました。
立ち仕事では下半身にかかる負担が多くなるため、腰痛や坐骨神経痛を患っている方の割合が多いように感じます。今回の場合では椎間板ヘルニアと診断されていたということですが、ヘルニア部分には一切触れることなく症状を大幅解消することができました。
椎間板ヘルニアが坐骨神経痛の原因とはかぎらないというのもありますが、仮にヘルニアから痛みやしびれが発症していたとしても痛みをゼロまで解消できている例は多くあります。ヘルニア部分も小さくなっているか、きれいになっていることも多く、ヘルニア部分にアプローチするのではなく背骨の周りの硬くなっている筋肉を徹底して緩めることが重要です。
さいたま市で坐骨神経痛の方も、お気軽にご相談下さい。

 

坐骨神経痛でお悩みなら当院へ。さいたま市からも来院されています。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体院オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛の治療法】坐骨神経痛の治療法をお探しなら当院へ。

 

※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。お気軽にお問い合せ下さい。

Return Top