オーラウェーブ療術院院長コラム

激痛で2日間一睡もできなかった坐骨神経痛。幸手市の方。

激痛で2日間一睡もできなかった坐骨神経痛。
幸手市の方。

性別:女性
年齢:30歳
職業:無職
主訴:2日間一睡もできない坐骨神経痛

 

2年前にも坐骨神経痛を発症しており、そのときは痛みのため救急車で搬送。
腰椎1,2番と4,5番の椎間板ヘルニアと診断され、手術を受けている。
手術後に症状はだいぶ改善されたそうだが、違和感はずっとあり、今回同じような激痛を発症した。
痛みが激しく、痛み止めや座薬も利かない状態。2日間一睡もできなかったとのこと。
身動きが取れないので出張整体師に来てもらったそうだが、「手に負えない」と断られてしまう。
当院も出張を依頼され、行ける範囲だったので幸手市にあるご自宅まで伺った。

 

幸手市で坐骨神経痛の方の施術結果。

坐骨神経痛治療1回目:

坐骨神経痛の痛みは常にある状態で、どんな体勢でも痛いとのこと。
腰や下半身の筋肉を緩める施術を行った。
施術後は痛みは変わらない。
しかし施術直後に立ち上がってトイレに行くことができ、ご家族の方が驚かれていた。
今までは這ってトイレまで行っていたらしい。

 

2回目:次の日。

今まで痛みのために2日間一睡もできていなかったが、眠れたとのこと。
施術は前回と同様に、血流の循環を促して筋肉を緩めていく。
施術後は痛みは変わらないが、前回よりもスムーズにトイレに行くことができている。

 

3回目:次の日。

これまでは座ることができなかったが、ご自宅に伺うと座って待っていた。
痛みはあるものの症状はだいぶ改善されてきており、経過も良い。
しかし施術後はまだ痛みが残っている状態。

 

4回目以降:

施術の反応も良いので早く解消できるかと思ったが、ここからしばらく停滞が続いた。
悪化することもなく少しずつ良くなっているが、改善のペースが遅くなる。
痛みがゼロになったこともあったが、またぶり返すなど波のある状態が続く。
外出もできるようになったが疲れやすく、疲労すると痛みが出やすい。
この状態がしばらく続いた。

 

20回目以降:

外出した際の疲労感がだいぶ無くなってきた。
電車にも乗れるようになったため、当院まで直接来れるようにもなっている。
幸手市から都内まで遊びに行くこともできるようになった。
スポーツジムにも通い始め、就職も決まり、元の日常生活に戻ることができた。

 

幸手市で坐骨神経痛を施術した院長からのコメント

坐骨神経痛の幸手市の方でした。
以前に救急車で搬送されたときと同じような症状だったそうです。
身動きが取れない状態でしたが、病院に行っても痛み止めか入院になるので、なんとか整体で治したいと希望されていました。
症状の度合いもかなりのものでしたが、3回目までの施術で座ることができるようになたりするなど、だいぶ身動きがとれるようになっていきました。
その後は一進一退の状態が続きましたが、徐々に外出もできるようになっていき、体力も付き始めたことでかなり症状も落ち着いていきました。
最終的には遠出もできるようになり、以前の日常生活に戻ることができました。
坐骨神経痛を完治させるには根気が入りますが、一度良くなってしまえば腰の状態もかなり安定しているため、手術のようにぶり返すリスクもかなり無くなります。
幸手市で坐骨神経痛でお悩みの方も、お気軽にご相談下さい。

 

坐骨神経痛の治療なら当院へ。
幸手市からも来院されています。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体院 オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛の治療法】坐骨神経痛の治療法なら当院へ。

 

※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top