オーラウェーブ療術院院長コラム

【坐骨神経痛 手術】坐骨神経痛では手術するべき?

【坐骨神経痛 手術】
坐骨神経痛では手術するべき?

坐骨神経痛の手術をしている。

坐骨神経痛を解消するための選択肢の一つとして、手術というのがあります。
坐骨神経痛の方にお話しを伺っていると、病院で手術を勧められてもそれだけは嫌だというお話をよく聞きます。
手術をしたいという方よりも、絶対にしたくないという方が圧倒的に多く、手術をなんとか回避するために当院に来られる方も少なくありません。
しかしあまりにも痛みが激しく、しかもそれが一向に良くならない日が続けば、手術をしてみようかという考えも出てきます。
手術は決して悪いことではありませんし、手術したほうがいいケースもあるでしょう。しかし手術しなくても坐骨神経痛を解消できてしまう場合もあるわけなので、当事者の方としては悩みどころなのではないでしょうか。
ここでは坐骨神経痛と手術について解説していきます。

理学療法士や作業療法士も坐骨神経痛で来院する整体院

重度の坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
坐骨神経痛なら越谷市の整体院オーラウェーブ療術院

 

坐骨神経痛で手術をする場合とは

坐骨神経痛で手術をする場合とはどういったケースでしょうか。
もちろん痛みやしびれが深刻な場合や、感覚が無くなる麻痺、排尿障害や下腹部痛、めまいなどが発症するようになればかなり重度と言えます。
そういった場合では坐骨神経がかなり圧迫されている状態なので、手術したほうがいいケースといえます。
しかし、手術といっても坐骨神経に対して直接処置をするというものではありません。
坐骨神経痛というのは、坐骨神経がどこかで圧迫されているために起こる症状なので、坐骨神経を圧迫している原因を取り除くのが手術の目的となります。
代表的なのが椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症でしょう。
これはレントゲンやMRI検査で発見できるもので、ヘルニアがかなり飛び出していたり、脊柱管の変形が著しいときは手術の対象になるかと思います。
つまり骨格に異常が見られている場合はそれが坐骨神経痛の原因と考えて、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の手術をするということになります。
それが原因であれば、坐骨神経痛の改善につながるのです。
逆に言えば、坐骨神経痛の症状があるのに検査で何の異常も見つからなければ原因不明ということで手術の対象にはなりません。
仮に救急車で搬送されるほどの激痛だったとしても、検査で何も見つからなければ痛み止めを出されるだけの保存療法が選択されることになります。
かなりの激痛やしびれを伴っていても、骨格に異常が見つからないという方はけっこう多いです。

 

坐骨神経痛は手術で良くなる?

坐骨神経痛は手術で良くなるのでしょうか。
手術をして良くなる方もおられますが、良くならない方もおられます。
完治はしないが症状は緩和される方、逆に症状が悪化する方もおられるそうです。
なので手術してみないとわからないという面もあり、手術に踏み切れないというお話もよく聞きます。
最近ではお医者さんのほうも、よっぽど異常が見つからないかぎりは手術を勧めずにご本人の判断に任せる場合が多いようです。
おそらくは手術しても良くならないケースもあるからだと思います。
検査で異常が見つかり、それが坐骨神経痛の原因だと思っていても、実際は本当に原因なのかどうかは手術してみないとわからないというのが実情です。

 

坐骨神経痛は手術をしなくても良くなる?

仮に手術を勧められている坐骨神経痛でも、症状がゼロまで解消されている例は多くあります。
当院でもそういった方が来院されることがあり、全員とはいきませんが坐骨神経痛が完治される方も多いです。
完治とは痛みやしびれの解消はもちろん、違和感すらも無い状態のことです。
手術をしなくても、そこまでの状態まで良くなれる可能性があるということです。

坐骨神経痛の手術をしている。

手術を勧められているケースでは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症です。
施術内容としては、骨格はいじらずに筋肉を緩めていく施術です。
施術を続けていく内に症状が次第に緩和され、最終的に違和感すら無い状態になったりします。
良くなってから再検査すると、ヘルニアが縮小していたり、きれいに無くなっているケースもあります。
このことからも、坐骨神経痛で手術を勧められていても手術を回避できるケースもあるのです。

 

坐骨神経痛では、手術は最後の手段

当院は整体というジャンルになりますが、坐骨神経痛で手術を勧められていても回避できたケースが多くあります。
病院の検査では骨格に重点を置いて話を勧めますが、当院では筋肉を重視しています。
骨の周りの筋肉が固くなることで骨に負荷がかかり、ヘルニアや狭窄症につながります。
固くなった筋肉が緩むことで骨への圧迫が解消され、結果として坐骨神経痛の解消や椎間板ヘルニアの縮小につながっているというのが当院の考えです。
仮に手術をして一時的に良くなったとしても腰の状態は変わっていないため、また骨格が圧迫されて同様の症状をぶり返してしまうことになります。
いかに筋肉を緩めて腰の状態を良くしていくかが、坐骨神経痛では重要だと考えています。
排尿障害や下腹部痛、めまいなどの症状、交通事故が原因などの場合を除き、手術は最後の手段と捉えたほうがいいかもしれません。
当院でなくても坐骨神経痛に対応できる民間の院は多くあります。
ご自分に合った治療法を受けてみてからでも、手術を選択するのは遅くないのではないでしょうか。

 

坐骨神経痛なら、越谷市の整体院オーラウェーブ療術院へ

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体院 オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛の治療法】坐骨神経痛の治療法なら当院へ。

 

※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top