ぎっくり腰

【ぎっくり腰 越谷】越谷市でぎっくり腰治療なら当院へ。

越谷でぎっくり腰治療なら当院へ。
実績多数の整体院です。

越谷でぎっくり腰治療をお探しならご相談を。
ぎっくり腰の実績多数の整体院です。
理学療法士や作業療法士も来院されています。
当日痛めたぎっくり腰でも対応可能。
越谷市でぎっくり腰治療をお探しなら、お気軽にご相談下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

ぎっくり腰なら越谷市の整体院 オーラウェーブ療術院


 

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰
ぎっくり腰とは急な動作や重いものを持ったときなどに起きやすい腰痛症です。
慢性的な疲労や寝不足、負荷のかけ過ぎで腰の筋肉が緊張しているときに、ふとした瞬間痛めてしまうという症状です。
痛めたときに気付かず、後からジワジワと痛みが出てくる場合もぎっくり腰の範疇になるそうです。
ほとんどが筋肉の症状ですが、まれに背骨や骨盤のちょっとしたズレから腰に痛みが出ている場合もあります。
しかし、ほとんどのぎっくり腰は筋肉を痛めてしまった状態で、パンパンに張っていたり、痛みのある一部分がスジ張っていることが多いです。
症状としては、腰を伸ばすことができない・仰向けやうつぶせになれない・歩行が困難になるなど、痛みの度合いが強い場合も多いです。
 

ぎっくり腰は病院では治療法が無い

ぎっくり腰(急性腰痛)の治療法というのは、医学が発展した現代でも治療法はありません。
実際に当院に来院される方でも、「病院に行ったけどシップと痛み止めをもらって安静にするように言われた」という方が、一人や二人ではなく大勢いらっしゃいます。
たとえば骨折などのケガや病気の類で腰が痛いというのであれば、それに対しての治療法があります。
しかし検査で何も異常が無いのに痛いというのは、ケガや病気でもないために病院では治療できないのです。
検査で異常が見つかるもの以外では、ぎっくり腰の治療法というのは医学界では確立されていないのです。

ぎっくり腰は、なぜ病院では治らないのか?

ぎっくり腰が病院や医学で治らないというと、病院や医師を否定しているように聞こえてしまいますがそうではありません。
これは「役割」の問題です。
病院の役割というのは「病気の診断や治療」を行う場所です。
病気であれば病名に則った治療法があります。
しかし病気でなかったり骨に異常がないなど検査で所見が見られない場合には、病気ではないため治療できないのです。
なので「ぎっくり腰を起こした」と言っても、「痛いかもしれないけど異常が見つからないから病気ではない。安静に」となってしまうのです。
しかし、例えば膵炎や尿路結石などの病気によって急激な痛みに襲われることもあります。
そのときは病院での治療というのはとても有効なものです。
 

ぎっくり腰のときは接骨院?

ぎっくり腰を起こして病院に行っても、これといった治療法はありません。
では、どこに治しに行けばいいのでしょうか。
たいていは接骨院や整骨院など保険が効いて安い治療院に行かれる方が多いようです。
しかし保険適用の治療というのはやることが決まっています。
痛めた初期は「冷やして電気治療」、「3日程経ったら温めて電気治療・マッサージ」というのが多いようですが、これで治るようなら腰痛で悩む人はいなくなります。
これで良くなったとしても、治療で治ったのか自然治癒で治ったのかわかりません。
保険治療というのは、基本的に何日も通うことになります。
時間がかかってしまった結果、ぎっくり腰が良くなるどころか悪化してしまうケースもあるので気を付けなくてはいけません。
 

保険の効かない治療院とは

保険が使えず実費のみという治療院も多くあります。
鍼灸、カイロプラクティック、整体院などがこれに当てはまります。
実費なため、接骨院とは違い短期間での改善を目的としています。
はっきりとした効果が感じられやすく、1回の施術でぎっくり腰が大幅に改善されるというケースもよく見られます。
なので、ぎっくり腰に一番対応できる治療院としては鍼灸・カイロプラクティック・整体院がおすすめです。
しかし施術者によって技術や治療結果が大きく変わります。
ぎっくり腰の治療を受けられる際は、その点をよく考慮されたほうが良いでしょう。
 

ぎっくり腰の原因とは

ぎっくり腰を起こしたとき、「骨がおかしくなってしまったのではないか」と心配される方もおられますが、実際はそうではありません。
ぎっくり腰は骨ではなく「筋肉」に原因があります。急な動作で腰の筋肉を痛めた症状というとわかりやすいかもしれません。
まれに、その時に痛みが出なくても、しばらくしてからジワジワと痛みが出て消えないこともあります。
これも、ぎっくり腰に当てはまるようです。
骨盤や骨格のゆがみがぎっくり腰の原因という治療院も多くありますが、たしかに骨格や骨盤のズレからぎっくり腰になることもあります。
しかし、ぎっくり腰全体の2~3割程度だと思います。
骨格のゆがみが原因の場合は多くないので、まずは痛めた筋肉をしっかりケアするのがぎっくり腰解消の近道です。
 

ぎっくり腰を起こしたら放置してもよい?

ぎっくり腰をしばらく放っておいたら、数日して治ったというお話はよく聞きます。
しかし「痛みが無くなった」と「治った」は同じではありません。
ぎっくり腰の原因は、ほとんどが筋肉を傷めた状態です。
筋肉は一度痛めてしまうと、痛みが引いたあとに固くなる場合があります。
痛みが消えたと思っても慢性的な腰痛持ちになったり、しばらくしてまた同じようなぎっくり腰を起こしてしまうケースがよくあります。
肉離れもしっかり治療しないとクセになりますが、それと同じです。
しばらくすれば治るだろうと思っていたら悪化してきたというパターンもあるため、必ずしっかりした治療を受けて完治させることが重要です。
 

ぎっくり腰をしっかり治さないといけない理由

ぎっくり腰は単に腰を痛めてしまっただけの症状です。腰が痛いのは辛いと思いますが、これより辛い症状というのがぎっくり腰の先にあります。
椎間板ヘルニアや坐骨神経痛というのを聞いたことがある方も多いと思いますが、ぎっくり腰が良くならずに長期間経ってしまうと、腰の状態が見るからに悪化していくことがあります。
結果、病院や整形外科で椎間板ヘルニアと診断を受けたり、お尻や脚に激痛やしびれを伴う坐骨神経痛という症状に発展することもよくあります。
この坐骨神経痛という症状は、ぎっくり腰の比ではありません。
ぎっくり腰がマシに思えるような症状を有することがよくあります。
日常生活がままならなくなることも多く、治療する側としても治すのが大変になってきます。
坐骨神経痛は、体験した人は二度とかかりたくないというくらい辛い症状です。
そうならないためにも、ぎっくり腰はしっかり治療を受けて下さい。
怖いお話になってしまいましたが、坐骨神経痛は腰が悪化した状態が長期間続いた結果なることが多い症状です。
しっかり治療を受けて腰の状態が安定すれば、基本的になることはないのでご安心下さい。
 

ぎっくり腰の完治とは?

ぎっくり腰が完治したというのはどういう状態を指すのでしょうか?
単に痛みが引いたから完治したと思う方も多いですが、実はそれは完治とは言えないのです。
痛みが無い状態というのはもちろんですが、違和感があるようでしたら、まだ完治していない状態だと思って下さい。
肉離れでもそうですが、大雑把に良くなり違和感やつっぱり感があるけどまあいいかという感じでいると、たいてい再発します。
ぎっくり腰も同様で、何か感じている時点で油断は禁物です。
治療者側に伝えてしっかり処置することが、ぎっくり腰の再発や慢性的な腰痛持ちにならないために重要です。
 

ぎっくり腰になったときの治療院選び

ぎっくり腰は、ほとんどが硬直していた筋肉を急な動作で痛めてしまった症状なので、硬直した筋肉をしっかり緩めてあげればたいていはすぐに回復できます。
なので、治療院を選ぶ際は筋肉をしっかり緩めてくれる所がいいでしょう。
電話で症状を伝えて、対応できるか聞いてみるのもいいです。
まれに骨格のゆがみから痛みにつながっている場合もあるので、筋肉と骨格の両方に対応できれば一番です。
ホームページでも検索できるので、施術内容なども確認できるはずです。
 

当院のぎっくり腰の施術法

ぎっくり腰の原因は腰の筋肉が緊張状態にあるためです。
腰の筋肉を緩めるために、当院では内臓療法という独自の施術を行っています。
腹部にある内臓のツボを刺激することで、その反対に位置する腰や背中の筋肉が緩むためです。
腹部から間接的に腰の緊張状態を緩め、さらに直接腰の施術をすることで、ぎっくり腰に対してかなりの効果を出すことができます。
内臓・筋肉・骨格からぎっくり腰を根本的に解消していくのが特徴です。
 

ぎっくり腰で動けない場合

治療院に行きたくても、痛みで動けないこともあります。
その場合は自分でできる範囲で、動ける程度まで回復させましょう。
腰のどこが痛いかで処置する部分は変わってくるのですが、基本的に痛めた腰を触ってはいけません。
まずは痛めていない背中・お尻・太ももの裏・お腹などにアプローチすると、痛めた患部も和らぐ場合が多いです。
なので、軽くお腹をマッサージしたり、背中やお尻・太ももを温めたりするだけでも腰が軽くなったりします。
どこをやると痛みが和らぐかを感じながらやってみましょう。
しかし最終的には必ず何らかの治療を受けましょう。
しっかり処置しないと、またぎっくり腰を起こすリスクがかなり高くなってしまいます。
 

ぎっくり腰が良くなったら

ぎっくり腰が回復し、痛みや違和感も出なくなったらその状態で2~3か月は維持すると再発のリスクがぐっと減ります。
なので治療を受けた院で、月に1~2回程度は痛みが無くても治療を受けてみましょう。
それで腰に異常が出なければ完治と言えます。
あとは今までの生活を振り返り、腰に負担をかけていたようなことが思い当たれば、その部分を改善するとぎっくり腰を起こすことはほぼ無くなってくるはずです。
 

越谷でぎっくり腰治療なら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
ぎっくり腰なら越谷市の整体院オーラウェーブ療術院
 
※ホームページからぎっくり腰についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問い合せ下さい。

オーラウェーブ療術院
越谷の整体なら
オーラウェーブ療術院へ
埼玉県越谷市にあるオーラウェーブ療術院では、肩こり腰痛・ぎっくり腰・自律神経の乱れなど様々なお悩みに幅広く対応致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
【営業時間】9:00~20:00 ※不定休
最終受付19:00まで