椎間板ヘルニア

越谷市で椎間板ヘルニアなら当院へ。草加,三郷からも来院。

越谷で椎間板ヘルニアなら当院へ。

越谷で椎間板ヘルニアになっている。
腰痛があると整形外科で検査を受けたりしますが、そこで椎間板ヘルニアと診断されている方は非常に多くおられます。
椎間板ヘルニアと一言でいってもその度合いがあり、「ヘルニア気味ですね」と診断されるケースもあれば、手術を勧められるような重度のケースもあります。
どちらにしても腰痛や坐骨神などの症状を伴っており、病院以外にどこで治療を受ければいいのかわからないという方も多くおられます。
ここでは椎間板ヘルニアについて、実際の症例を元に解説していきます。
越谷市でお悩みという方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院。

椎間板ヘルニアなら越谷市の整体院オーラウェーブ療術院
 

椎間板ヘルニアでこのような症状があればご相談下さい

  • 慢性的に腰痛がある
  • 腰の片側だけ痛い
  • かがむと痛い
  • 前屈や後屈ができない
  • 上半身を左右にひねると痛みが出る
  • 夜、痛みで起きてしまう
  • 座っていたり、立ちっぱなしだと痛む
  • 家事がつらい
  • お尻や太もも、ふくらはぎに痛みが出る
  • どんな体勢でも痛みがある
  • 下半身に麻痺が出ている
  • 仕事や日常生活に支障が出ている
  • 重度の椎間板ヘルニアと診断された
  • 手術を勧められた
  • 重度の坐骨神経痛で、激痛やしびれがひどい

など。
椎間板ヘルニアの症状でお悩みなら、一度ご相談下さい。

坐骨神経痛になっている

 

椎間板ヘルニアとは(文献から抜粋)

椎間板ヘルニア
椎間板とは、ゲル状の髄核とこれを取り囲む線維輪とからなる。
椎間板は上下椎体の間で緩衝作用を営む。髄核は20代までは親水性の高いコンドロワチン硫酸が多く、きわめて弾力性に富むが、それ以後になると徐々にこれが減少し、水分が失われて弾力性が低下する。椎間板にかかる力は前屈位で物を持った場合、垂直位での荷重の5~6倍の力が作用し、第5腰椎・仙椎間にきわめて大きな負荷が加わる。年齢では20代が最も多くついで30代となる。男女比は3:1で男性に多い。
発症の誘因として認められるものは重量物の挙上運搬が多いが、はっきりした誘因はなく、徐々に誘発するものが最も多い。ヘルニアはどの方向にも出るが、最も多いのは後側方で、その場合は神経根が刺激され下肢痛(坐骨神経痛)を生じる。疼痛の激しい急性期には側弯が見られる。
閉尿をみたら、緊急手術を要するので注意が必要である。

椎間板ヘルニアをわかりやすくまとめると

  • 椎間板とは、骨と骨の間にあるクッションで、衝撃を緩和する役目がある
  • 椎間板は20代までは弾力があるが、それ以降は弾力性が低下する
  • 前かがみで物を持った場合、5~6倍の負荷が腰の下のほう(第5腰椎と仙骨の間)にかかる
  • 20代~30代に多く、男女比は3:1で男性に多い
  • 椎間板ヘルニアになる原因としては、重い物を持ち上げるときが多い。しかし、はっきりとした原因が無く徐々にヘルニアが発症するケースのほうが多い
  • 椎間板ヘルニアは後側方に出ることが多く、坐骨神経痛につながる
  • 一番痛みの激しいときには、背骨の側弯が見られる
  • 尿が出なくなったり、垂れ流しになったら緊急手術。下腹部痛やめまいが出ることもある

 

ヘルニアの意味

ヘルニアとは、本来あるべき部位から「突出、脱出」した状態のことです。
つまり椎間板ヘルニアとは「椎間板が飛び出ている」という意味です。
その他、鼠径ヘルニアなら「脱腸」、臍ヘルニアなら「でべそ」といった具合です。

 

病院で行われる椎間板ヘルニアの治療とは

一般的に椎間板ヘルニアの治療というと「手術」しかありません。飛び出た椎間板を手術で除去するということです。
手術することによって坐骨神経痛が改善されることもありますが、まったく変わらないということもあります。
ブロック注射などもよく行われますが、これは単なる「痛みどめ」なので、椎間板ヘルニアの治療とはいえません。
 

椎間板ヘルニアを手術して改善される症状とは

椎間板ヘルニアの手術で改善が見込める症状は「坐骨神経痛」だけです。
激しい神経痛、しびれ、麻痺、排尿障害、その他重度の症状をひっくるめて「坐骨神経痛」といいます。
しかし、これらの症状がすべて手術で改善できるかというと、手術しても変化がないという場合もあるのが実情です。
そして手術で腰痛も取れると思っている方も多いですが、椎間板ヘルニアの手術をして改善が見込めるのは「坐骨神経痛」だけです。
手術で腰痛が解消されることはないのです。
 

その他の椎間板ヘルニアの治療法

病院以外での治療となります。
指圧・マッサージ・整体・鍼灸・カイロプラクティックといったところです。
これらの治療法で重度の腰痛、または椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛が改善、解消されるという例はあります。
実際に当院でも重度の腰痛、手術を勧められている椎間板ヘルニア、重度の坐骨神経痛がきれいに解消されている例が多くあります。
越谷市で椎間板ヘルニアになっている。
 

当院で行っている椎間板ヘルニアに対する施術

椎間板ヘルニアは、固くなった腰の筋肉に骨が圧迫されているのが原因と前述しましたが、この固くなった筋肉は「内臓の疲れ」が原因の場合も多いというのをご存じでしょうか?
プロゴルファーの石川遼選手も重度の腰痛に悩まされていたそうですが、トレーナーから毎日内臓マッサージを受けることで克服したそうです。
当院の椎間板ヘルニアの方への施術内容を紹介します。

内臓療法

当院の施術はお腹にある内臓のツボを刺激することから始めます。
内臓と背骨は神経でつながっており、内臓が活性化することで背中や腰の筋肉が緩みます。
筋肉が緩めば骨格への圧迫が軽減されるため、結果として椎間板ヘルニアの改善につながるのです。
お腹をほぐすだけでぎっくり腰が改善したり、坐骨神経痛で伸ばせなかった脚が伸ばせるようになるという現象もよく見られます。

椎間板ヘルニアは筋肉を緩める

椎間板ヘルニアだからといって、骨に対してなにかをしても効果は見られません。
ヘルニアは腰周辺の筋肉が硬直した結果、骨が圧迫されることで発症している場合が多いです。
筋肉がしっかり緩むことで骨への圧迫が解消されるので、手術を勧められるような椎間板ヘルニアでも改善につながります。
 

椎間板ヘルニアが消失するケースもある

当院で施術を受けて症状が改善された後、病院で再検査する方がおられます。
すると、椎間板ヘルニアが小さくなっていたり消失していることもあるのです。
腰の筋肉が緩むことで骨への圧迫が無くなるので、椎間板ヘルニアも自然と解消されたのだと考えます。
このことからも、筋肉を緩めることで骨への圧迫を無くすことが、椎間板ヘルニアにとって一番良い対処法だと考えています。
筋肉を緩めることで、重度の腰痛や坐骨神経痛の解消につながるのです。
越谷市で椎間板ヘルニアの症状でお悩みなら、一度ご相談下さい。
 

越谷市で椎間板ヘルニアなら当院へ。
草加、三郷からも来院されています。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
椎間板ヘルニアなら越谷市の整体院 オーラウェーブ療術院
 
※ホームページから椎間板ヘルニアについてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

オーラウェーブ療術院
越谷の整体なら
オーラウェーブ療術院へ
埼玉県越谷市にあるオーラウェーブ療術院では、肩こり腰痛・ぎっくり腰・自律神経の乱れなど様々なお悩みに幅広く対応致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
【営業時間】9:00~20:00 ※不定休
最終受付19:00まで