坐骨神経痛

妊娠中や、妊婦さんの坐骨神経痛なら当院へ。

妊娠中や、妊婦さんの坐骨神経痛なら当院へ。

妊娠中に坐骨神経痛が出ている
妊娠してからお尻や脚に痛みが出てくるという方がおられます。こういった症状は「坐骨神経痛」と呼ばれています。
妊娠中の坐骨神経痛というのは整形外科や婦人科に行っても、妊娠中だという理由でレントゲン検査もできませんし(放射線があるから)、赤ちゃんに悪影響があるからと痛み止めも出ません。出産までなんとか我慢するようにと言われて処置してもらえないという方が多くおられます。
自然経過で痛みが治まればいいですが、ずっと引きずっている方もおられるのが現状です。
ここでは妊娠中の坐骨神経痛に対するアプローチを紹介しています。 妊娠中で坐骨神経痛の方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士も坐骨神経痛で来院する整体院

重度の坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
坐骨神経痛なら越谷の整体オーラウェーブ療術院

 

妊娠中に坐骨神経痛が発症する場合とは

妊娠してから初めて坐骨神経痛が出たという方も多いのではないでしょうか。
坐骨神経痛というのは、男女問わず腰の悪い方が発症しやすい症状です。腰に負荷がかかっている方が出やすい症状だと思って下さい。
妊娠してお腹が大きくなってくると、当然腰にも負荷がかかりやすくなります。なので今まで腰痛など無かった方でも、あるとき発症してしまうことがあるのです。
坐骨神経というのは腰骨から下肢に伸びている神経なので、坐骨神経が圧迫されることでお尻や足に痛みやしびれが出てしまうのです。
 

妊娠中のときや妊婦さんは、坐骨神経痛の治療は受けれる?

妊婦が坐骨神経痛になっている
妊娠中に坐骨神経痛の治療を受けるというと、ちょっと不安になりますよね。
しかし、妊婦さんも坐骨神経痛で来院されますが問題なく施術を行っています。
坐骨神経痛を解消するためには、負荷がかかっている筋肉をしっかり緩める必要があります。
筋肉が緩むことで坐骨神経への圧迫が解消されるからです。
施術に強い刺激などはありませんので、リラックスして受けることが可能です。出産の一週間前まで施術を受けていた方もおられます。
施術に月齢も関係ありません。坐骨神経痛は早めの処置が重要です。
 

妊婦さんへの坐骨神経痛の施術とは

妊娠中はうつ伏せになれないことも多いため、ご本人の楽な姿勢で施術するのが基本となります。仰向けや横向き、座った状態や立った状態でも坐骨神経痛の施術をすることが可能です。

坐骨神経痛は筋肉を緩める

筋肉を緩めることで坐骨神経の圧迫を解消すると前述しましたが、筋肉を緩めるといってもグイグイほぐすとか、そういった施術を行うことはありません。
筋肉は弱い刺激でも十分緩めることができます。あとはその方の状態に合わせてピンポイントで施術していきます。
施術時間も30分程度で終わることが多いです。当院独自の内臓療法は、妊娠中の方には行いません。
 

妊娠中の坐骨神経痛は早めにケアしましょう

出産では骨盤が開くため、妊娠後に坐骨神経痛が発症する方もおられるようです。
そうならないためにも出産前に坐骨神経痛を解消しておくことが重要です。
施術では腰やお尻の筋肉も緩めるので、出産時も骨盤が開きやすくなります。出産が楽になるケースもあります。
坐骨神経痛はできるだけ早めの処置が重要です。
 

坐骨神経痛なら、越谷市の整体院オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体院オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
坐骨神経痛の治療について。
 
※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問い合せ下さい。

オーラウェーブ療術院
越谷の整体なら
オーラウェーブ療術院へ
埼玉県越谷市にあるオーラウェーブ療術院では、肩こり腰痛・ぎっくり腰・自律神経の乱れなど様々なお悩みに幅広く対応致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
【営業時間】9:00~20:00 ※不定休
最終受付19:00まで