オーラウェーブ療術院院長コラム

肉離れで、逆効果になってしまうこととは?

肉離れで、逆効果になってしまうこととは?

肉離れで逆効果になること。当院では肉離れの方が多く来院されますが、その中には病院や接骨院などで先に治療を受けた方や自己流で治そうとした方など、様々な経緯の方が来院されます。
その中には、肉離れを治すためにやっていたことがまったく逆効果で、悪化させてしまっているケースもありました。
逆効果になってしまう肉離れの治療とは、どういったものなのでしょうか。
ここでは実際に肉離れで来院された方の症例を元に、逆効果になってしまったケースなどを紹介していきます。
逆効果になってしまう肉離れ治療について詳しく知りたい方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

肉離れの症例や実績は全国でもトップクラスの整体院です。
肉離れ治療なら越谷の整体オーラウェーブ療術院

 

肉離れで、アイシングのやりすぎは逆効果

アイシンングは、肉離れの応急処置として行われている基本的な処置です。
しかし、アイシングをやりすぎてしまうと逆効果になってしまうというのはご存知でしょうか。
人間の体は、温まる分には問題ありませんが、冷えると様々な弊害が出ます。
アイシングのように局所的に冷やしても、例外ではありません。
中には何日も冷やし続けている方もあられますが、筋肉を触るとひんやりして固くなっていたりします。
アイシングは、筋肉の炎症がひどくならないように行う応急の処置であり、肉離れを治すための処置ではありません。
冷やし続けることで肉離れが治るということはないのです。
冷やし続けると筋肉がどんどん固くなり、患部の状態はどんどん悪くなっていきます。
100%逆効果となりますので、気を付けるようにしましょう。
肉離れでアイシングは逆効果。

 

肉離れで、足の挙上のやりすぎは逆効果

肉離れの患部を心臓より高い位置に上げる「挙上」も、肉離れの応急処置の一つとして知られています。
しかし、これもやりすぎてしまうと逆効果になってしまいます。
患部を挙上する理由としては、肉離れの部分への血流を抑制することで腫れを悪化させないためです。
肉離れを起こした直後なら問題ありませんが、何日も挙上を続けてしまうと、筋肉が血流不足になって回復が遅れてしまうことがあるのです。
実際にあった例では、接骨院の先生の指示でアイシングしながらの挙上を連日続けていたそうです。
それで治らなかったために当院に来院されましたが、そのときは筋肉が粘土のようになっており、指で押すと変形してしまうような状態でした。
何もしていなければそんな状態になることはありえません。
肉離れで挙上するとしたら1~2日くらいでいいので、それ以上やってしまうと逆効果になってしまうと思ったほうがいいでしょう。

 

包帯やギプスの固定による肉離れ治療が逆効果のことも

肉離れで逆効果になる治療。肉離れでは、包帯やギプズで固定するという処置もよく行われています。
しかし、これが逆効果になってしまうケースもあります。
実際にあったケースでは、肉離れで整形外科を受診したところギプスで固定されたそうです。
固定されている期間もかなり痛かったそうで、ギプスを外したところ腫れが悪化していて歩行もままならなくなっていました。
膝も伸ばせない状態で、整形外科の先生から「一生このままかもしれない」と言われたらしく、それで当院に来院されました。
その方は当院で数回の施術を受けた後、日常生活に支障が出ないくらいにまで回復されましたが、このようにギプスなどで固定する処置が逆効果になるケースもあります。
炎症を起こしている部分を圧迫してしまうのが悪化の原因だと思われますが、肉離れでは包帯やギプスをしていない人のほうが圧倒的に多いので、無理して固定する必要も無いでしょう。

 

肉離れでは、ストレッチが逆効果になる?

肉離れでストレッチが逆効果になるケースとしては、筋肉に炎症が残っている状態のときです。
実際にストレッチで伸ばして肉離れが悪化したという方もおられました。
ストレッチで伸ばしすぎて肉離れを起こす方もいますし、痛みがある状態で伸ばしてしまうと筋肉の状態が悪くなってしまうこともあるのです。
肉離れでストレッチを行うのは筋肉の炎症が落ちついてからで、痛みがあるのにストレッチを行ってしまうのは逆効果となります。
ストレッチを行っていいかは、治療を受けている先生に確認するなどしたほうがいいでしょう。

 

電気による肉離れ治療は逆効果?

肉離れで接骨院や整骨院に行くと、ほぼ100%電気治療を施されます。
しかし、電気治療を長く受けていた方の患部の状態は、決していいとは言えません。
かなりのしこり状になっていることもあり、それが電気治療のせいかはわかりませんが、電気治療を長く受けていた方に多く見られる傾向があるのです。
基本的に、肉離れの部分に余計な刺激を与えることは望ましくありません。
電気治療で余計な刺激を与えてしまったために、筋肉が固いまま落ち着いてしまうのかもしれません。
肉離れは電気治療で完治することはまずありませんし、電気治療を行わなくても完治できる症状です。
電気治療を長期間続けてしまうことは逆効果になってしまうリスクもあるので、気を付けたほうがいいでしょう。

 

逆効果にならない肉離れの治療とは

逆効果にならない肉離れの治療。逆効果にならない肉離れの治療は、機械や道具を使わない手技による治療です。
もちろん揉みほぐしなどの強い手技は逆効果になってしまいますが、慣れた方なら軽い刺激の治療で肉離れを完治させることもできます。
筋肉に負荷がかからないくらいで効果を出せる手技なら炎症も早く引きますし、完治までの期間もかなり短く済みます。
治療内容は治療院によって異なるので、どういった治療かは受けてみないとわからない部分もありますが、気になる治療院があれば対応できるか問い合わせてみるといいでしょう。

 

肉離れ治療なら、越谷の整体オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
肉離れ治療なら越谷の整体オーラウェーブ療術院

肉離れについて詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。
【肉離れ治療】太もも肉離れ治療、ふくらはぎ肉離れ治療について

 

※ホームページから、肉離れについてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top