オーラウェーブ療術院院長コラム

肉離れがずっと痛い状態とは?

肉離れがずっと痛い状態とは?

肉離れがずっと痛い。肉離れの痛みが引かずに、いつまでも痛い状態が続くことがあります。
実際に当院に来院される方でも、1~2週間経過しても痛みが引かないというケースはときどき見られます。
このように、肉離れがずっと痛い状態とはどういったものなのでしょうか。
ここではずっと痛い肉離れについて、実際に来院された方のケースをもとに解説していきます。
肉離れがずっと痛むという方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

肉離れの症例や実績は全国でもトップクラスの整体院です。
肉離れなら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

肉離れの炎症が引かないと、ずっと痛い

単純に肉離れの炎症が引かないと、ずっと痛みは続きます。
肉離れ発症直後は筋肉に炎症を起こしていますが、それは数日も経てば次第に落ち着いていきます。
しかし、中にはその状態が続いてしまっているケースがあるのです。
炎症の度合いによっては何もしていなくてもズキズキ痛んだりしますし、通常歩行程度の刺激でも痛みが出ることもあります。
足を地面に付けることができず、びっこを引いていたり松葉杖を使っている場合もあります。
このように、筋肉が炎症を起こしていると些細な負荷も吸収できなくなっているため、痛みを感じやすくなるのです。
この肉離れの炎症が引かないかぎり、ずっと痛い状態は続いてしまいます。

 

筋肉の固さが残っていると、いつまでも痛みが残る

筋肉の固さが残っていると、いつまでも痛みが残ってしまうこともあります。
しかし炎症が引かないケースと違い、こちらの場合は日常生活で痛みが出ることはあまりありません。
炎症は引いて、炎症後の固さが残っている状態です。
この状態では、運動やスポーツなどの強い負荷がかかった際に痛みが出る場合が多いです。
これは肉離れが完治しきれていない証拠でもあり、このままの状態では同じ箇所にまた肉離れを起こしてしまう可能性が高くなります。
こういった状態で来院される方は、肉離れでは非常に多くおられます。

 

肉離れがずっと痛い状態はいつまで続く?

肉離れがずっと痛い。肉離れがずっと痛い状態というのは、いつまで続くものなのでしょうか。
実際に来院された方のケースを元に解説していきます。

肉離れの炎症が引かずにずっと痛い場合

炎症が引かずにずっと痛みが残っている場合ですが、1~2週間経過しても痛みが続いていることもあります。
その場合は筋肉に触ると腫れぼったい感触があり、押すと痛みを生じたりします。
重度の肉離れや、何らかの原因で悪化させてしまった場合では、1ヵ月経過しても炎症が引かずにずっと痛いというケースもあります。
そういったケースでは日常生活にかなりの支障が出ていることもあるので、何らかの治療を早急に受ける必要があります。

筋肉に固さが残ってずっと痛い場合

炎症は引いているのに、筋肉に固さが残っているために痛みがずっと残っている場合についてです。
こういったケースでは日常生活に支障が無く、スポーツなどで強い負荷がかかったときのみ痛みが生じていたりします。
ストレッチで目いっぱい伸ばせることも珍しくありません。
しかし筋肉の固さがいつまでも解消できていない場合、かなりの長期間痛みが続いてしまっている場合もあります。
数年経ってもその状態が続いているという例もあるくらいです。
こういった筋肉の固さはストレッチだけでは取れない場合も多いですが、治療によって解消されることも多いです。

 

ずっと痛い肉離れでも、治療すれば治る

ずっと痛い肉離れでも、しっかり治療すれば基本的には治っていきます。
炎症が長く続いている状態なら腫れも早期に引きやすいですし、筋肉に残っている固さも無くなってきたりします。
そうすることで、負荷がかかっても痛みが出ない状態になっていくのです。
治療内容はその院によって違いがありますが、ご自分に合った治療法を受けることが、ずっと痛い肉離れを解消する一番の近道となります。

 

ずっと痛む肉離れなら、越谷の整体オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
肉離れなら越谷の整体オーラウェーブ療術院

肉離れについて詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。
【肉離れ治療】太もも肉離れ治療、ふくらはぎ肉離れ治療について

 

※ホームページから、ずっと痛む肉離れについてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top