オーラウェーブ療術院院長コラム

手術後の椎間板ヘルニア。坐骨神経痛が解消!越谷市の方。

『手術後の椎間板ヘルニア。坐骨神経痛が解消!越谷市の方。』

性別:男性
年齢:41歳
職業:会社員
主訴:手術後の椎間板ヘルニア、右の坐骨神経痛

 

以前に椎間板ヘルニアと診断されており、手術をしている。
仕事内容に力仕事が多いためか手術後に何回かぎっくり腰をしており、2週間前にもまたぎっくり腰を起こした。右の坐骨神経痛も発症。
マッサージなどに行っても改善が見られないため、越谷市から当院に来院された。

 

椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の施術結果

1回目:

上半身を左右にひねると、両足の付け根に痛みが出る状態。後ろに反ると右のお尻から足首にかけて坐骨神経痛の痛みが出る。
仰向けで寝た状態で右脚を上げようとすると痛みが走り上げることができない。
下半身を中心に施術を行い、施術後は仰向けで右脚を上げれる角度が増し、上半身を左右にひねっても両足の付け根の痛みは出ない。
本人もかなり良くなったという実感があったようで喜んでいた。

 

2回目:次の日。

施術後はだいぶ調子が良くなったようで喜んでいた。
施術内容は変えず、前回同様の施術を行った。施術後は坐骨神経痛の症状も前回より軽減されている。

 

3~5回目以降:

間隔を空けずに、短期間で施術を受けられた。
仕事内容が力仕事のため、仕事中につらくなることがあるとのこと。
腰はだいぶ良くなってきたが、右のお尻から足首にかけての痛みが仕事中に出やすい状態。

 

6回目以降:

週1回程度で数回施術を受けられた。
上半身を後ろに反ったときの、お尻と足首の痛みが残っているが、坐骨神経痛の度合いは小さくなっている。

 

10回目以降:

お尻の痛みはほぼ解消されたが、後ろに反ったときの足首の痛みが少し残る。施術後は痛みが取れるが、仕事中や疲れたときに足首の痛みが出やすいとのこと。痛みの度合いは波があるが、少しずつ改善されてきている感じはするとのこと。

 

15回目以降:

症状がほぼ解消され、施術のペースは月に1回になる。
右の坐骨神経痛は解消され、仕事中も痛みは出ないとのこと。腰は仕事上疲れることはあってもは、腰痛やぎっくり腰を起こすことも無い。
下半身より背中の張りが気になるくらいになってきた。自主的に月1回の施術を受けており、一年以上経過しても坐骨神経痛は出ない。

 

椎間板ヘルニア、坐骨神経痛を施術した院長からのコメント

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛で越谷市から来院されました。
椎間板ヘルニアの手術を行ったことがある方はときどき来院されますが、手術で一時痛みが改善されてもまたぶり返すというお話は良く聞きます。
椎間板ヘルニアという一部分を処置しても、筋肉の固さを解消していかなければ意味はありません。椎間板ヘルニアの手術をしても、若干の痛みや違和感は残るというお話をよく聞きます。これは固くなった筋肉がそのままなため、再発のリスクが残っている状態です。
筋肉さえしっかり緩めば腰痛や坐骨神経痛は解消に向かいます。腰への負荷もかなり軽減されるため、結果として椎間板ヘルニアが小さくなっていたり無くなっているというケースは当院の症例でよくあります。
今回のケースも、坐骨神経痛の解消だけでなく慢性の腰痛も解消され、一年以上ぎっくり腰を起こしていません。
越谷市で椎間板ヘルニアや坐骨神経痛でお悩みでしたら、当院にご相談下さい。

 

越谷市で椎間板ヘルニアや坐骨神経痛でお悩みなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
椎間板ヘルニアや坐骨神経痛なら越谷市の整体院オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛の治療法】坐骨神経痛の治療法をお探しなら当院へ。

 

※ホームページから椎間板ヘルニアや坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。お気軽にお問い合せ下さい。

Return Top