オーラウェーブ療術院院長コラム

坐骨神経痛で脇腹が痛くなることもある?

坐骨神経痛で脇腹が痛くなることもある?

坐骨神経痛と脇腹について。坐骨神経痛で来院される方の中には、脇腹に痛みを感じている方もおられます。
こういった脇腹の痛みというのは、坐骨神経痛といえるのでしょうか。
ここでは坐骨神経痛と脇腹の痛みについて解説していきます。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

重度の坐骨神経痛や椎間板ヘルニアの症例が多数ある整体院です。
坐骨神経痛なら越谷の整体 オーラウェーブ療術院

 

脇腹の痛みの原因は腹斜筋

脇腹の痛みの原因は、腹斜筋にある場合が多いです。
腹斜筋は脇腹にある筋肉ですので、腰の悪い方は腹斜筋も固くなっているのです。
この固くなった筋肉が緩むことで、脇腹の痛みが解消されるというパターンは多く見られます。
坐骨神経痛と腹斜筋について。

腰を左右にひねる動作で、脇腹に痛みを感じることが多い

脇腹の腹斜筋に問題がある場合は、前屈や後屈の直線的な動作よりも、腰を左右にひねるような動作で痛みやつっぱり感を感じることが多いです。
これは腰や脇腹の筋肉が凝っているからであって、筋肉の状態が良くなることで腰をひねる動作でも支障が無くなってきます。
筋肉的な症状なので、坐骨神経痛とはまったく関係ない場合も多く見られます。

 

脇腹から鼠径部にかけて痛む

脇腹から鼠径部にかけて痛んだり引っかかったりする感じも、腰や脇腹の筋肉の延長で感じている場合が多いです。
例えば、腰の腎愈(じんゆ)というツボがありますが、そのツボ周辺の筋肉が緩むだけで脇腹や鼠径部の痛みが消えてしまうことも珍しくありません。
このことからも、脇腹から鼠径部にかけての痛みや引っかかり感というのは筋肉的な症状の場合が多いのです。
坐骨神経痛の可能性もゼロとはいいませんが、まずは筋肉の状態を良くすることを考えたほうがいいでしょう。

 

脇腹の痛みと坐骨神経痛は無関係のことが多い

坐骨神経痛と脇腹について。前述してきたように、脇腹の痛みというのは腰の悪い方や、腹斜筋の固さが原因の場合が多く見られます。
したがって、ほとんどのケースでは脇腹の痛みと坐骨神経痛というのは無関係の場合が多いのです。
坐骨神経痛は腰椎からでん部、下肢にかけて伸びている筋肉なので、脇腹に痛みを感じるということはありません。
中には脇腹に感じている痛みを坐骨神経痛だという医療関係者の方もおられますが、まず違うと思います。
なぜなら腰の筋肉を緩めるだけでも、脇腹の痛みというのは解消されやすいからです。神経痛だとそんな簡単にはいきません。
脇腹の痛みは坐骨神経痛と比べると軽症の部類に入り、比較的簡単に解消されやすい症状です。
鍼灸や整体など、筋肉や骨格の状態を施術できる治療院で治療を受けるようにしましょう。

 

動作に関係なく脇腹が痛むようなら、病院を受診しよう

動作に関係なく、常に脇腹に痛みが出るようなら病院を受診しましょう。
体勢によって楽になったり、何かの動作で痛みが出るというケースなら坐骨神経痛や筋肉に問題があると判断できます。
しかし、そうでないケースでは内臓的な病気の可能性も否定できないのです。
尿路結石やその他内臓からくる痛み、脇腹から下腹部にかけて痛む場合なら重度の坐骨神経痛の可能性もあります。
受診する病院は整形外科か内科、血尿が出るようなら尿路結石の可能性が高いので泌尿器科となります。
中には帯状疱疹が痛みの原因だったというケースもあります。
体勢や動作に関係なく激痛があるという状態なら、すぐに病院を受診する必要があるというのは知っておいたほうがいいでしょう。

 

坐骨神経痛や脇腹の痛みなら、越谷の整体オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
坐骨神経痛を治すための治療法について。

 

※ホームページから坐骨神経痛や脇腹の痛みについてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top