整体コラム

【整体の好転反応とは】好転反応の特徴や種類について。

【整体の好転反応とは】
好転反応の特徴や種類について。

好転反応とは。「好転反応」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
好転反応とは、整体・鍼灸・カイロプラクティック・その他の各種治療法を受けた後に体に起きる反応のことをいいます。
病院の治療では薬によって体に良くない反応(副作用)が出ますが、好転反応というは文字通り「体が良い方向に好転する際に出る反応」のことです。
副作用とは全く違い、体にとってはとても良い反応なのです。
そして好転反応が出るのにはれっきとした理由があります。
ここでは整体の好転反応の特徴や種類、好転反応が出る理由についても解説していきます。
好転反応にご興味のある方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

県内でも屈指の症例と実績がある整体院です。
越谷市の整体院ならオーラウェーブ療術院
 

好転反応の種類

好転反応といっても、人によって違った反応が出ることがあります。
その中でも、特に多く見られる好転反応を紹介します。
 
・眠くなる
・だるくなる
・便がよく出る
・受ける前よりコリや痛みを顕著に感じる
 
このあたりが代表的な好転反応の種類といえるでしょう。
だるくなったり、受ける前よりコリや痛みを感じるというと不安になる方もおられますが、これらは体の緊張が緩んで循環が良くなったときに出やすい反応です。
体が良い方向に向かう際に出ますので、こういった反応が出たら喜ぶくらいのほうがいいでしょう。
便が良く出るようになる反応は当院では多く見られますが、内臓療法という施術を行っているためです。
他の治療院ではあまり多くは見られない反応ではないでしょうか。
 

好転反応で眠くなる理由とは

好転反応で眠くなる。整体を受けた後に好転反応で眠くなるのには理由があります。
人間の体は「自律神経」という神経に支配されています。
この自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」から成り立っています。
交感神経というのは闘争や不安など、体を興奮させたり緊張させるときに働く神経です。
逆に副交感神経というのは、休んでいるときや夜眠るときなど、体が休息するときに働く神経です。
何かしら不調があるときというのは体が緊張状態にある場合がほとんどで、交感神経が優位になっている状態です。
しかし整体の施術を受けることで緊張状態が緩むので、副交感神経優位の状態になっていきます。
副交感神経が優位になれば体はリラックスモードに入るため、整体の施術後に眠くなるというわけなのです。
眠くなるというのは体を回復させるのに最も重要な要素です。
この反応が出たら身を任せて眠ってしまうくらいのほうが、体にとってもいいでしょう。
 

好転反応でだるくなる理由

好転反応でだるさが出る方もおられます。
これも前述したとおり、副交感神経が優位になったために起きている反応です。
緊張状態が一気に緩むために、だるさのような感覚を感じている状態です。
それだけ無意識のうちに体を興奮させていたということですので、だるさが出たら緊張状態が緩んだ証拠だと思っていいでしょう。
副交感神経が優位になっていることで、体が休みたがっている反応なのです。
 

好転反応で便が良く出る理由

好転反応で便が出ている。
便通が良くなる方は当院では多くおられます。
当院では内臓療法という施術を行っているので、他の整体院と比べて内臓機能が格段に向上しやすいです。
胃腸の調子が良くなりやすいため、結果として便が良く出るというわけです。
便秘でない方も便通が良くなりますし、頑固な便秘の方でも便通が良くなることが多いです。
便秘の方にはかなりうれしい好転反応なのではないでしょうか。
これは内臓機能が高まったという証拠でもあります。
そして便通が良くなるということは、腸内に毒素が溜まりにくくなるということなのでデトックス効果にもなります。
排便のリズムが正常になるというのは、体にとって最高の反応といえるでしょう。
症状別では、腰痛や坐骨神経痛の方は便通の悪い方が多く見られます。
腰の状態が良くなることでお腹の緊張状態が緩み、正常な排便リズムに戻ることが多々あります。
これも体の状態が良くなっている証拠なので、好転反応といえるでしょう。
 

好転反応でコリや痛みを顕著に感じる理由

整体の施術後に、受ける前よりもコリや痛みを顕著に感じる場合があります。
これにもしっかりとした理由があります。
施術を受けて体の緊張状態が緩むと、体の各部に対して敏感になります。
例を挙げると、一番気になる部分が解消されたら他の部位にコリを感じるようになるというケースです。
これはよく見られる反応です。
コリや痛みが他の場所に移ったと思う方も多いのですが、そうではありません。
もともとコリや痛みがあったのが、一番気になる部位のコリや痛みが強すぎて感じていなかっただけなのです。
施術を受けることで一番気になる部位が改善されると、他の部位を脳が感じ取れるようになります。
つまり脳の感知機能が正常になってきたときに起きている反応なのです。
当院で施術を長く受けられている方は、この感知機能がしっかり働くようになっています。
なのでちょっとの変化でも自分ですぐ気付きますし、施術に対しての反応も格段に良くなっていきます。
施術後にコリや痛みを顕著に感じるのは、脳の機能が正常に働くようになったために起きており、とても良い反応のひとつなのです。
 

その他の好転反応

強い好転反応。
前述したのが主な好転反応になりますが、それ以外にも違った反応が出ることがあります。
通常より強い好転反応となりますが、いくつか紹介していきます。
 
・尿がよく出る
・嘔吐する
・お腹の調子が悪くなる
・施術の後、痛みが増す
 
主にこういった反応が挙げられます。
尿がよく出るというのは便が良く出るのと同じなので気にすることはありません。
泌尿器系が活性化した際の反応なので、尿がよく出るようになると喜ばれる方が多いです。
それ以外の反応は少々きつかったりしますが、実はこれらも体が良くなる際に起きている反応なのです。
「嘔吐したりお腹の調子が悪くなってるのに好転反応?」と思われるかもしれませんが、これらが起きる理由について解説していきます。
 

好転反応で嘔吐する理由とは

好転反応で嘔吐してしまう場合というのは滅多にありません。
この反応が起きる方は、たいてい強い薬を服用している場合が多いです。
代表的なものでは「抗がん剤」が挙げられます。
体の調子が良くなる際は、デトックス(毒出し)効果が顕著になります。
通常は排便という形でデトックス効果が表れるのですが、あまり強い薬を服用している場合などでは嘔吐という形として表れます。
体にとって有害なものを出そうとしている反応といえるでしょう。
ひどい場合は2~3日吐き気が続くこともありますが、それを過ぎれば反応も治まります。
体も良い状態に落ち着いていますので、2回目以降の施術で嘔吐するというのはまずありません。
そして当院に来院する方は薬を飲んでいる方も多いですが、痛み止め・高血圧の薬・胃薬・風邪薬・血流を良くする薬・その他病気別の薬では嘔吐するほどの好転反応はまず出ることはありません。
好転反応でデトックスしている。

好転反応でお腹の調子が悪くなる理由

施術後、お腹の調子が悪くなることがあります。
お腹がキリキリ痛むような感じだったり、常にグルグル鳴って下痢のような感じになるケースです。
こういった反応は滅多に出ることはありませんが、ごく稀に出る方がおられます。
これは動きの鈍かった内臓の動きが良くなったために起きている反応なので、お腹の調子が悪くなったように思えますが、実際は調子が良くなっているのです。
今まで動きが鈍かったということは、内臓の筋肉が固くなっているということです。
内臓の動きが良くなって今まで使われていなかった内臓筋が使われるようになるため、内臓筋に筋肉痛のような痛みが出ている状態です。
通常の腕や足の筋肉などでも、使っていなかったところを使うと痛みが出てきますが、あれと同じです。
内臓は蠕動運動(ぜんどううんどう)といって自分で動いていますので、内臓筋が使われることで腹痛として出てきてしまうのです。
お腹がグルグル鳴りっぱなしで下痢気味になるというのも、内臓の蠕動運動が活発になっている証拠です。
こういった反応が出る方は精神的に少し病んでいたり、体の状態がかなり悪い方によく見られます。
しかし、これは1~2日程度で収まりますし、落ち着いたあとは体の調子がかなり良くなっています。
お腹が痛いときはしんどいですが、内臓が活性化しているという証拠でもあるので、とてつもなく良い反応です。
体が良くなる前兆なので、辛抱することが重要です。
 

好転反応で、痛みが増す理由

施術を受けた後、患部の痛みが増してしまうという好転反応もあります。
例えば、施術直後はだいぶ症状が改善されたのに、次の日になったら寝込むほど痛みが増したといったケースです。
施術後、時間が経過してから患部の状態が悪化したように痛んでしまうというわけです。
しかし、これもれっきとした好転反応です。
症状がある部位というのは、筋肉が固くなっていたり炎症を起こしていたりします。
血流が循環することで筋肉が柔らかくなったり炎症が引いたりするのですが、筋肉が回復する過程で痛みを感じることがあるのです。
固さがあったり炎症の起きている筋肉というのは血流循環が悪い状態です。
そこに血流が循環するようになることで筋肉が回復し、筋肉の形状も変わってくるのです。
しかし筋肉の状態がかなり悪く敏感になっているために、血流が流れているだけで痛みを感じてしまうのです。
これは血流が良くなった証拠でもあり、痛みが引いたあとはかなりすっきりしたりします。
患部の状態が、通常よりもかなり悪い方に見られる反応です。
この反応が出る期間も、半日~1日程度です。
こういった反応が過ぎたあとは患部の状態も見違えるように良くなるので、そのときはきついかもしれませんが、なんとかこらえましょう。
 

好転反応は何回も出る?

好転反応は何回も出るのかと心配される方もおられますが、そんなことはありません。
好転反応は基本的には1回しか出ることはないのです。
まれに「施術を受けるたびにだるくなる」という方もおられますが、滅多にいませんし次第に出なくなってきます。
好転反応は文字通り「体が良くなる際に出る反応」なので、体が良い状態になってくると出ることは無いのです。
「体が良くなるのはわかっていても好転反応がつらい」という方もおられますが、何回も出るものではないので心配することはないのです。
 

好転反応は誰でも必ず出る?

好転反応は必ず出るというものではありません。
体に目立つ不調があるときは多少出やすかったりしますが、調子が良くなると出なくなりますし、初めから出ないという方もおられます。
「好転反応が出るのが怖い」という方もおられますが、そこまで大きな反応が出る方は滅多にいないので、特に気にすることもないでしょう。
 

好転反応は体の状態を教えてくれる

大人になると様々な外的要因やストレスなどで、体の状態が知らないうちに悪くなっていることが多々あります。
自分では健康だと思っていても、実はそうでなかったりするのです。
施術を受けて好転反応が出ることで「知らない内に体に負担をかけていたのか」「思っていたより体が疲れていたのか」と自覚される方も多くおられます。
好転反応は、体の状態が落ちていたことを教えてくれるものでもあります。
それをキッカケに、普段の生活や自分の精神状態などを再確認してみるのもいいのではないでしょうか。
 

越谷で整体ならオーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
越谷市の整体院ならオーラウェーブ療術院
 
※ホームページから整体の好転反応についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

オーラウェーブ療術院
越谷の整体なら
オーラウェーブ療術院へ
埼玉県越谷市にあるオーラウェーブ療術院では、肩こり腰痛・ぎっくり腰・自律神経の乱れなど様々なお悩みに幅広く対応致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
【営業時間】9:00~20:00 ※不定休
最終受付19:00まで