自律神経失調症

自律神経失調症で息切れしたり、息苦しいのはなぜ?

自律神経失調症で息切れしたり、息苦しいのはなぜ?

自律神経失調症で息切れが起きている。
自律神経失調症の方の中には、息苦しさや息切れを訴える方もおられます。
周りから見れば何てことのない症状ですが、それが毎日のように続いてしまう当事者からすればかなら辛い症状です。
「深呼吸すればいいのでは」と思われるかもしれませんが、呼吸が浅いときには深呼吸しようとしても深く息を吸うことができなかったりします。
このような自律神経失調症による息切れや息苦しさというのは改善できるものなのでしょうか。
ここでは、自律神経失調症による息切れや呼吸の浅さの原因や対処法、ツボなどについて解説していきます。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

自律神経失調症なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

自律神経失調症による息切れや息苦しさの原因

自律神経失調症で息苦しい。
自律神経失調症による息切れや息苦しさの原因とはどういったものなのでしょうか。
病院など受診すると、「自律神経の乱れ」や「ストレス」という一言で片づけられてしまい、はっきりとした原因について触れられることはありません。
もちろんそれらも息切れや息苦しさの一因になりますが、身体的部分から見た原因というのもあるのです。

猫背により、体の前面部が圧迫されているのが原因

姿勢が悪化すると猫背になりますが、姿勢が前かがみになることで体の前面部が圧迫されるような形になります。
基本的に、深い呼吸というのは姿勢が良い状態でないと行うことはできません。
姿勢が丸まることで、息切れや息苦しいといった症状につながりやすくなります。
そして自律神経失調症の場合、猫背の方が多い傾向があるのです。

姿勢を良くすれば息切れや息苦しい症状は消える?

もちろん姿勢が良くなれば体前面部の圧迫が無くなるので、息切れや息苦しいといった症状の改善につながりやすくなります。
しかし、見た目だけ姿勢を良くしても息切れや息苦しいのは解消されません。
油断すれば姿勢は元に戻りますし、表面的に姿勢を良くするだけでは改善は難しいのです。

自律神経失調症による息切れや息苦しさの原因は、内臓にある

自律神経失調症による息切れや息苦しさの一番の原因は、内臓にあると考えています。
ストレスなどや不摂生などで内臓に負担がかかることは一般的に知られています。
しかし、内臓に負担がかかると内臓の筋肉が固く凝ってしまうというのはあまり知られてはいません。
内臓は筋肉の固まりで出来ていますので、肩や腰の筋肉と同様に凝ってしまうのです。
内臓の筋肉が固くなって収縮すると、体の前面部が引っ張られて猫背になってしまいます。
そのため、息切れや息苦しいといった症状につながりやすくなるのです。
内臓筋の固さを緩める方法については後述しますので、ご参考下さい。

 

自律神経失調症による息切れや息苦しさを改善するツボとは

自律神経失調症による息切れや息苦しさを改善するための、代表的なツボを紹介します。

中脘

息切れ、息苦しさのツボ。
体の中心線上で、みぞおちとおへそのちょうど中間にあるツボです。
自律神経失調症の改善に欠かせないツボで、息切れや息苦しさだけでなく幅広い症状に効果のあるツボとなります。

鳩尾

息苦しい、息切れのツボ。
ちょうど、みぞおちにあるツボです。
自律神経失調症の方はこのツボを押すと痛みを感じることもありますが、過度のストレスなどある場合は痛みを感じやすかったりします。
精神を落ち着かせる効果のあるツボとなります。

自律神経失調症を改善するには、ツボだけでは足りない

自律神経失調症を改善するツボは他にもたくさんありますが、ツボを押すだけでは足りません。
もちろんツボ押しも効果的な手段の一つですが、それだけで自律神経失調症を完治させることは難しいのです。
ご自分でツボ押しをやっても問題はありませんが、最終的には治療院で何らかの処置を受けたほうがいいでしょう。

 

自律神経失調症で息苦しかったり、息切れするときの対処法

自律神経失調症で息苦しかったり、息切れするときの対処法というのはあるのでしょうか。
前述したツボ押しというのもありますが、まずは落ち着くことが一番重要です。
「落ち着けるわけない」という方が大半だと思いますが、それでも落ち着くことが重要となります。
何とか対処しようとしてアレコレ考えたり試したりしてしまうと、余計に神経が興奮してしまいます。
症状を落ち着かせようと思うだけで、余計に症状が悪化してしまうこともあります。
逆に症状を見つめて受け入れるくらいになると、落ち着くケースもあります。
一度そういった感覚を覚えれば、同じようなことがあってもさほど興奮しなくなったりします。
慌てて何かしたからといって、息切れや息苦しさが止まるわけではありません。
時には潔い態度を取ることも大事なのです。

 

自律神経失調症による息切れや、息苦しいときの治療法

自律神経失調症による息切れ。
自律神経失調症による息切れや、息苦しいときの治療法というのはあるのでしょうか。
病院など行くと薬の処方やカウンセリングといった治療法になります。
しかし、それで症状が改善されないことも多く、そうなるとどこで治療を受ければいいのかわからなくなってしまいます。
最後に残っているのは民間の治療院ですが、実はこういった所で息切れや息苦しさなど自律神経失調症の症状が改善されるというのをご存知でしょうか。
当院では同様の症状が解消される例も多くあるので、ここではその施術法について解説していきます。

固くなった内臓の筋肉を緩める

自律神経失調症による息切れや息苦しさは、内臓の固さに原因があると前述しました。
内臓の固さが無くなってくると姿勢も自然と伸びやすくなるので、結果として息切れや息苦しさといった症状が解消されていきます。
体の調子自体が向上しますので、その他の不快な症状も同時に改善されやすく、結果として自律神経失調症が完治されたりもするのです。
「調子が良くなっても、またストレスなどあればぶり返すのでは」と心配される方もおられますが、体調が良くなると日常生活の様々な負荷に耐えられるようになっています。
息苦しさなど起きやすかった出来事があっても、症状が出ないといった感じになってくるのです。
自律神経失調症による息切れや息苦しいといった症状は、しっかり処置することで解消できる場合は多いです。
自律神経失調症による症状でお悩みなら、一度ご相談下さい。

 

自律神経失調症による息切れや息苦しさでお悩みなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~20時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
自律神経失調症なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院
 
※ホームページから自律神経失調症の息切れや息苦しさについてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

オーラウェーブ療術院
越谷の整体なら
オーラウェーブ療術院へ
埼玉県越谷市にあるオーラウェーブ療術院では、肩こり腰痛・ぎっくり腰・自律神経の乱れなど様々なお悩みに幅広く対応致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
【営業時間】9:00~20:00 ※不定休
最終受付19:00まで