背中の痛み

ぎっくり背中の症状や原因、治し方について。

ぎっくり背中の症状や原因、治し方について。

ぎっくり背中になっている。 
ぎっくり背中というのを聞いたことがあるでしょうか。
ぎっくり腰は誰でも知っていますが、ぎっくり背中というのは聞いたことがない方もおられると思います。
ぎっくり背中とは、なにかのはずみで背中を急激に痛めてしまうことを指していいます。
つまりぎっくり腰の背中バージョンみたいな感じです。
ぎっくり腰に比べるとその頻度は少ないのですが、たまに背中を急激に痛めたといって来院される方もおられるのです。
ここではぎっくり背中の症状や原因、治し方などについて解説していきます。
ぎっくり背中を短期間で治したい方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

ぎっくり背中なら越谷の整体オーラウェーブ療術院
 

ぎっくり背中の症状

ぎっくり背中の症状についてです。
いろいろなケースがありますが、上半身をひねったり前後の動作ができなくなったり、背中が硬直した状態になって歩行もまともにできなかったり、激痛で夜もまともに眠れないなどの症状を有することもあります。
患部の状態も筋肉が腫れたようになって炎症を起こしていたり、筋肉が盛り上がったような感じになっていることもあります。
食事をしたり息をするのも痛いという症状が出るケースもあり、日常生活に支障が出ていることも多くあります。
 

ぎっくり背中の原因とは

ぎっくり背中の原因とはどういったものでしょうか。
ぎっくり背中を起こしてしまうのは、背中の筋肉に過度の負荷がかかってしまうのが一番の原因です。
何らかの動作で負荷がかかったり、極端に力を入れすぎたためにぎっくり背中が発症してしまうのです。
実際にあった例では、サッカーをしていてシュートをするときに体をひねったところ背中を急激に痛めたというものです。
これは急な動作によって背中に過度の負荷がかかったためにぎっくり背中が発症しています。
次に車の整備士の方のケースですが、車の下に入り仰向けの状態で腕に力を入れて作業しているときに背中を急激に痛めてしまったケースです。
背中が痛くなるのは職業病みたいなもので、同僚の方もみんな背中が痛いと言っているそうです。
身動きが取れない場所で腕のみを酷使していると、背中の筋肉に過度の負担がかかります。
その結果、背中に疲労が蓄積して筋肉が固くなり、ふとした瞬間にぎっくり背中を起こしてしまうのです。
いろいろなパターンはありますが、背中に急激な負荷や過度の負担をかけることがぎっくり背中を起こす原因といえるでしょう。

 

側弯症だとぎっくり背中を起こしやすい?

側弯症だとぎっくり背中を起こしやすい場合があります。
側弯症というのは背骨が過度に曲がっている症状のことです。
ぎっくり背中と側弯症。
背骨は誰でもある程度のゆがみがありますが、極端に側弯している場合などはぎっくり背中を起こしやすいこともあります。
側弯症では30°や40°の曲がりがある方もいれば、中には100°という方もおられます。
角度がついているほどカーブした背骨に筋肉が圧迫されるので、慢性的に背中が痛かったり、ぎっくり背中の原因になることがあるのです。
 

ぎっくり背中になったら冷やす?温める?

ぎっくり背中になったら冷やすか温めるか悩むところだと思います。
炎症が起きているようなら冷やしても構いませんが、基本的に何もしなくて大丈夫です。
冷やしたからといって一時的に痛覚が麻痺するだけなので、それで良くなるということはありません。
もちろん無理して温める必要もありません。
炎症が起きている場合では変に温めてしまうと、症状が悪化してしまう可能性もあるからです。
ぎっくり背中を起こしたら、筋肉の炎症のピークといわれる3日間はお風呂はシャワー程度にしたほうがいいでしょう。
 

ぎっくり背中の治し方

ぎっくり背中の治し方。
ぎっくり背中の治し方についてです。
ぎっくり背中は筋肉がダメージを受けて痛みを感じている状態です。
つまり、傷んだ筋肉が回復すればぎっくり背中の解消につながるというわけです。
筋肉を回復させるには血流を循環させるのが一番の方法です。
血流循環が良くなることで筋肉の炎症や硬直が改善されていきますので、短期間で痛みを解消するのには一番の治し方といえるでしょう。
しかし、ぎっくり背中を自分で治すのはなかなか難しいと思います。
ストレッチで改善するという方法もありますが、伸ばすだけではまず完治しきれないでしょう。
ぎっくり背中を治すには、治療院でしっかりした治療を受けることが一番です。
接骨院や整体院、鍼灸、カイロプラクティックなど様々な治療院がありますが、そのどれでもぎっくり背中に対応してもらえます。
ぎっくり背中が完全に良くなるかは治療する側にかかっていますが、ご自分に合った治療を受けられれば短期間で完治することができます。
 

ぎっくり背中の治療

ぎっくり背中は単純に筋肉を傷めている場合や、見た感じで炎症を起こしているケース、背骨の側弯が原因となるケースなど様々なパターンがあります。
背中は自分で見えないため、自分の症状がどういったパターンなのかを自分で判断するということができません。
そのため、治療を受けることが重要となってくるのです。
理想としては、筋肉と骨格のどちらでも治療できる院がいいでしょう。
総合的に背中の状態を処置できる治療院なら、ぎっくり背中は短期間で解消できます。
 

ぎっくり背中を治療しても良くならない?

ぎっくり背中を治療しても良くならない。
治療を受けても、ぎっくり背中が良くならないというケースがあるのをご存知でしょうか。
こういった方はけっこう多くおられます。
接骨院での電気治療、鍼治療、整体、カイロプラクティックなど、筋肉や骨格に対する治療を行ったにも関わらずまったく良くならないというケースです。
どこに行っても症状が良くならないため、途方に暮れている方も多いのが実情です。
当院ではこういったケースで来院する方もけっこう多いもですが、たいていはかなりの痛みを有しており、日常生活にも支障が出ている状態です。
ぎっくり背中は基本的には筋肉を緩めれば痛みは解消できるのですが、うつ伏せの状態で揉んだり鍼を打ってもなかなか良くならないことも多いのです。
こういったケースでは強い刺激よりも、逆に軽い刺激を浸透させるくらいのほうがあっという間に良くなったりします。
こういった背中の痛みはけっこう得意分野です(笑)。
もしどこに行っても良くならないというのであれば、一度当院にご相談下さい。
 

ぎっくり背中を放置するとどうなる?

ぎっくり背中を放置するとどうなるのでしょうか。
ぎっくり背中は自然と痛みが治まったりもしますが、放置すると傷めた筋肉が固くなり、盛り上がったすることがあります。
そうすると、そことつながりのある他の部分にも悪影響が出てきたりします。
例えば肩甲骨付近にぎっくり背中を起こしたとしたら、肩や首にコリやつっぱり感が出てしまうといった感じです。
急激な痛みが消えても、慢性的なコリなどが残ってしまったりするのです。
ぎっくり背中は放置せずに、しっかり処置するようにしましょう。
 

ぎっくり背中を予防するには

ぎっくり背中を予防するには、背中の柔軟性があることが重要です。
背中の筋肉が疲労などで固くなっていると、負荷を吸収できずにぎっくり背中を起こしやすくなってしまいます。
日頃からストレッチしたり、身体をひねったり、ゆっくりお風呂に入るなど、体の緊張を緩めることがぎっくり背中の予防につながるのです。
 

ぎっくり背中でお悩みなら、越谷の整体院オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
ぎっくり背中なら越谷の整体オーラウェーブ療術院
 
※ホームページからぎっくり背中についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

オーラウェーブ療術院
越谷の整体なら
オーラウェーブ療術院へ
埼玉県越谷市にあるオーラウェーブ療術院では、肩こり腰痛・ぎっくり腰・自律神経の乱れなど様々なお悩みに幅広く対応致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
【営業時間】9:00~20:00 ※不定休
最終受付19:00まで