椎間板ヘルニア

埼玉で椎間板ヘルニアの治療をお探しなら当院へ。

埼玉で椎間板ヘルニア治療をお探しなら当院へ。

埼玉で椎間板ヘルニアになっている。
腰痛や坐骨神経痛で整形外科を受診すると、レントゲンやMRI検査で椎間板ヘルニアと診断されることがあります。
椎間板ヘルニアの治療は手術となりますが、できるなら手術を避けたいという方はとても多くおられます。
当院でも椎間板ヘルニアの方は多く来院されますが、手術をしなくても腰痛や坐骨神経痛がゼロまで解消されている方は多いですし、椎間板ヘルニアの縮小や消失が見られるケースもあるのです。
ここでは椎間板ヘルニアの治療について解説していきます。
埼玉で椎間板ヘルニアでお悩みの方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

椎間板ヘルニアなら越谷の整体 オーラウェーブ療術院
 

椎間板ヘルニアになる理由とは

椎間板ヘルニアになる理由とはどういったものが挙げられるでしょうか。

交通事故など、突発的な衝撃で椎間板ヘルニアになる

交通事故などの突発的な衝撃で椎間板ヘルニアになることがあります。
若い方や、普段から腰痛など無い方でも、衝撃によって椎間板が飛び出てしまうという場合があるのです。
こういった衝撃によって坐骨神経痛になったり、足の感覚が無くなるなどした場合は、手術が最善の治療となります。

腰の筋肉が固くなって椎間板ヘルニアになる

椎間板ヘルニアの方で最も多い理由が、腰の筋肉の固さです。
腰まわりの筋肉が固くなると、腰の骨が徐々に圧迫されて骨と骨の隙間が小さくなっていきます。
結果として、骨の間にある椎間板が飛び出てきてしまうのです。
椎間板ヘルニアの方のほとんどは、これが原因といえるでしょう。
 

当院で行っている、椎間板ヘルニアの方に対する治療

当院で椎間板ヘルニアの方に行う治療は、骨をバキバキと矯正したりするようなものではなく、骨のまわりの筋肉を緩めていくものです。
前述したように、椎間板ヘルニアは固くなった筋肉が骨を圧迫することによって起きている場合が大半を占めています。
固くなった筋肉が緩むことで腰に柔軟性が出るので、骨に対する負荷というのが軽減されてきます。
骨への圧迫が無くなれば、骨と骨の間の隙間も開いてくるので、結果として椎間板ヘルニアの縮小につながります。
当院で実際にあったケースでは、腰痛や坐骨神経痛が改善されて再度レントゲンなどで検査したところ、椎間板ヘルニアの縮小や消失が見られた例はいくつかあります。
症状が無くなれば病院に行かない人のほうが圧倒的に多いので、すべての方に椎間板ヘルニアの消失が見られるのかはわかりませんが、痛みなどの自覚症状が消えていれば腰の状態はかなり良くなっています。
腰の柔軟性も出ている状態なので、骨への負荷というのもかなり軽減されているのです。
 

椎間板ヘルニアの治療では、骨を矯正する必要は無い

埼玉で椎間板ヘルニアになっている。
当院では筋肉を緩めることに重点を置いているため、椎間板ヘルニアだからといって腰の骨を矯正するということは、必要がないかぎり行いません。
骨を矯正するような治療をしても、骨のまわりの筋肉がそのままの状態だと何の意味もないのです。
逆に、筋肉を緩めることで骨が正常な位置に動くということはよくあります。
骨の矯正をメインに行っている治療院もありますが、痛みをこらえるような治療だったり、無理な矯正で逆に悪化するといったケースも実際にあります。
椎間板ヘルニアの方はデリケートな場合が多いので、刺激の強い無理な治療は禁物です。
受けている方が痛みを感じないような、負荷のかからない治療を行うことが重要となります。
 

手術を勧められるくらいの椎間板ヘルニアでも、症状が解消される

椎間板がかなり飛び出て手術を勧められるような方でも、症状がゼロまで解消されている例もあります。
現在は椎間板ヘルニアだからといって、すぐに手術ということはありません。
手術するかしないかはご本人に決めてもらうケースが圧倒的に多く、医師に手術を勧められるのは椎間板ヘルニアがかなり飛び出ているか、日常生活でかなりの支障が出ているかのどちらかです。
当院では歩行困難や激痛で日常生活にかなりの支障が出ている方も多いですし、手術を勧められるくらいの椎間板ヘルニアで症状がゼロまで解消できている例もあります。
中には手術をしないとダメな場合(椎間板が固くなって神経に刺さっているなど)もありますが、手術をしなくても大丈夫なケースもあるというのは知っておいたほうがいいでしょう。
 

椎間板ヘルニアと診断されても気にしすぎない

椎間板ヘルニアと診断されるとショックを受ける方もおられますが、椎間板がかなり飛び出て手術を勧められている場合を除いて、あまり気にしすぎないほうがいいでしょう。
椎間板ヘルニアというのは、非常にありふれた症状です。
腰痛や坐骨神経痛だったりと、腰の状態が悪いときに病院を受診するから椎間板ヘルニアが見つかるので、調子のいいときに検査すれば椎間板ヘルニアが見当たらないということもあります。
椎間板ヘルニアというのは、腰の状態によって出ていたり出ていなかったりします。
椎間板ヘルニアのことよりも、痛みやなどの自覚症状を解消することが重要です。
なので、検査していたときにたまたま椎間板ヘルニアが出ていたからといって、あまり気にしないようにしましょう。
 

埼玉で椎間板ヘルニアでお悩みなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
椎間板ヘルニアなら越谷の整体オーラウェーブ療術院
 
※ホームページから椎間板ヘルニアについてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

オーラウェーブ療術院
越谷の整体なら
オーラウェーブ療術院へ
埼玉県越谷市にあるオーラウェーブ療術院では、肩こり腰痛・ぎっくり腰・自律神経の乱れなど様々なお悩みに幅広く対応致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
【営業時間】9:00~20:00 ※不定休
最終受付19:00まで