腰痛

ぎっくり腰の後に残っている腰痛。蒲生から来院。

ぎっくり腰の後に残っている腰痛。
蒲生から来院。

性別:男性
年齢:51歳
職業:建設業
主訴:ぎっくり腰の後に残っている腰痛

経緯

いつも年に1回はぎっくり腰を起こすそうだが、今回は25日前にぎっくり腰を起こしたらしい。
6日程度で痛みは落ち着いたそうだが、完全に治りきっていないとのこと。
25日経過した現在も、特に靴下を履く動作で痛みが生じるらしい。
インターネットで当院を見つけ、越谷市蒲生から来院された。

 

ぎっくり腰による腰痛の施術結果

1回目:

施術前に、どういった動作で腰痛が出るかの確認をする。
立った状態で前屈をすると、腰の下のほうに痛みが生じる。
ベッドにあお向けに寝た状態で片方ずつ足を挙上すると、どちらの足を上げても腰に痛みが生じる状態。
施術は、血流循環を促すことで腰回りの筋肉を緩めていく。
施術後は、両足の挙上を行っても腰痛は感じなくなっている。
前屈した際の腰の下の痛みは無くなっているが、腰の上のほうに違和感を感じるようになっている。
背骨に軽く歪みがあったため、それを調整したところ違和感は解消された。
靴下を履く動作を行っても腰痛は感じていない。

 

2回目:1週間後。

前回の施術後から、腰痛は全く出なくなったとのこと。
靴下を履くときも全く問題ないらしい。
施術は前回と同様に、血流を促して腰回りの筋肉を緩めていく。
骨格は調整する必要も無いので、筋肉だけを徹底して緩めた。
施術後は、あらゆる動作を行っても腰痛は出ていない。

 

腰痛を施術した院長のコメント

ぎっくり腰の後に残っていた腰痛を解消するため、越谷市蒲生から来院されました。
いつもはぎっくり腰になっても、放っておけば自然と落ち着いたそうですが、今回はいつもと違って完全に良くならなかったそうです。
一言でぎっくり腰といっても傷め方は毎回違うはずですので、治りが悪いときも当然出てきます。
ぎっくり腰は筋肉を傷めてしまう症状のことですが、傷めた筋肉は痛みが引いたあとに固さが残ります。
そうすると急性の痛みは引いても、地味な痛みや違和感が残ってしまうというのはよく見られる現象です。
しかし、筋肉の状態さえ良くなれば残っている症状は解消されていくのです。
今回のケースでは筋肉を緩めることに加え、背骨の歪みを調整して筋肉のバランスを取ることで腰痛が完全に解消されました。
腰痛は、しっかりした処置をすることで完治することができる症状です。
越谷市蒲生で、腰痛治療や整体院をお探しの方も一度ご相談下さい。

 

腰痛でお悩みなら当院へ。
越谷市蒲生からも来院されています。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~20時(最終受付19時)、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
腰痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院
 
※ホームページからぎっくり腰や腰痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

 

【この記事を書いた人】

オーラウェーブ療術院 院長
石塚大輔

極理整体専門学院 指導者養成科を卒業
整体師・健康管理士一般指導員

専門分野:筋肉の凝りや炎症・神経痛・自律神経の乱れ

2009年の開業以来、様々な症状の方を施術。
整体師・健康管理士としての視点から、実際の施術例や来院された方からの質問に対する答えなどをブログにまとめている。

オーラウェーブ療術院
越谷の整体なら
オーラウェーブ療術院へ
埼玉県越谷市にあるオーラウェーブ療術院では、肩こり腰痛・ぎっくり腰・自律神経の乱れなど様々なお悩みに幅広く対応致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
【営業時間】9:00~20:00 ※不定休
最終受付19:00まで