坐骨神経痛

坐骨神経痛には、腹筋を鍛えるのがいい?

坐骨神経痛には、腹筋を鍛えるのがいい?

坐骨神経痛なのに腹筋をしている。
腰痛の予防や改善として、腹筋を鍛えるのが効果があるというのは耳にしたことがあるかと思います。
腹筋の力をつければ腰にかかる負担を軽減できるというのが理由にあります。
これは坐骨神経痛にも当てはまるものなのでしょうか。
ここでは、坐骨神経痛と腹筋について解説していきます。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

重度の坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院
 

腹筋運動は坐骨神経痛の予防になる?

筋力は、あるに越したことはありません。
腹筋も例外ではなく、腹部の筋力が高ければ腰にかかる負担を軽減できるのは間違いないでしょう。
腰にかかる負担が減れば、腰痛や坐骨神経痛の予防につながります。
 

お医者さんに腹筋を鍛えるように言われた?

坐骨神経痛で整形外科を受診した方のお話を伺っていると、「腹筋を鍛えるように」とアドバイスをもらう方がけっこうおられます。
坐骨神経痛の予防としてなら腹筋を鍛えるのもアリですが、坐骨神経痛を発症してからというのはさすがに無理があります。
日常生活に支障が出ているのに、腹筋運動ができるわけがありません。
坐骨神経痛を悪化させてしまう可能性が高くなるだけなので、無理して腹筋運動をしないようにしましょう。
 

坐骨神経痛は腹筋をほぐすと改善されることも

腹部には内臓のツボや腰痛のツボが無数にあります。
そういったツボを刺激することで、ぎっくり腰や坐骨神経痛の痛みが軽減されたりもします。
実際、当院でも内臓療法という手技を用いて腹部をほぐしますが、腹部を刺激することで腰痛が軽減したり、足を伸ばせるようになるという現象はよく見られます。
坐骨神経痛を改善する方法の一つとして、腹部をほぐすというのは重要なポイントなのです。
しかし、どこを押せばいいのかわからないと思いますので、押したところの裏側の筋肉が緩むと思えばいいでしょう。
ただし、おへそから下は危ないので押さないほうがいいです。
妊娠の可能性のある方や、手術で切開した部分も避けたほうがいいでしょう。
押すときも、指が勝手に沈む程度の加減で問題ありません。
腹部は、強くもみほぐしても何も意味はありません。
 

腹筋運動を始めるのは、坐骨神経痛が良くなってから

坐骨神経痛で腹筋運動をしている。
腹筋運動を始めるとしたら、坐骨神経痛の症状が良くなってからにしましょう。
痛みが大幅に軽減している状態なら、腹筋運動をしてもリスクが低いからです。
腹筋を鍛えるのは症状を治すためではなく、坐骨神経痛にならないために行うものといえるでしょう。
 

坐骨神経痛を改善するなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
営業時間:9時~21時、不定休
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
坐骨神経痛の治療について。
 
※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

オーラウェーブ療術院
越谷の整体なら
オーラウェーブ療術院へ
埼玉県越谷市にあるオーラウェーブ療術院では、肩こり腰痛・ぎっくり腰・自律神経の乱れなど様々なお悩みに幅広く対応致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
【営業時間】9:00~20:00 ※不定休
最終受付19:00まで