坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因について、実際の症例から解説します。

坐骨神経痛の原因について、実際の症例から解説します。

坐骨神経痛の原因。
坐骨神経痛の原因とはどういったものでしょうか。
一般的によく言われるのは、椎間板ヘルニアやすべり症、脊柱管狭窄症など腰椎の異常から坐骨神経痛が発症しているというものです。
他には梨状筋症候群というのも挙げられます。
ここでは実際に来院される方が坐骨神経痛を発症した経緯なども踏まえ、坐骨神経痛の原因について解説していきたいと思います。

理学療法士や作業療法士も坐骨神経痛で来院する整体院

坐骨神経痛の症例や実績は県内でもトップクラスの整体院です。
坐骨神経痛なら越谷市の整体院 オーラウェーブ療術院
 

坐骨神経痛の原因とは

坐骨神経痛の原因とはどういったものでしょうか。
ざっくり言ってしまうと、腰の状態が悪くなったために坐骨神経痛が発症しているわけです。
インターネットで坐骨神経痛について調べると出てくるのが、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などが代表的なものとして挙げられています。
これらはたしかに坐骨神経痛の原因となりうる症状です。
しかし椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの骨の異常ですが、骨が勝手に動いたり変形したりすることはありません。
梨状筋症候群についても、お尻の筋肉だけが勝手に固くなるということもあまりありません。
これらの症状が発生する原因というのがまたあるわけなので、それについて解説していきます。
 

坐骨神経痛の原因は筋肉

坐骨神経痛の原因には筋肉的な要因が考えられます。
骨ではなく筋肉です。
骨のまわりにある筋肉が椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群を引き起こして坐骨神経痛につながっていると考えられるのです。
骨は自分で勝手に動いたりしませんが、骨のまわりの筋肉に問題があると骨格に悪影響が及ぶのです。
梨状筋症候群も腰の筋肉が固くなってお尻の血流も悪くなり、梨状筋が固くなってしまうのが原因と考えられます。
 

筋肉が原因で坐骨神経痛につながる

坐骨神経痛の原因。
坐骨神経痛は慢性的な腰痛から発症することもありますし、ぎっくり腰などの急性の症状から発症することもあります。
これらに関連しているのが筋肉です。
慢性的な腰痛もちの方は腰の筋肉が硬直していますし、ぎっくり腰の場合も痛みを感じているのは筋肉です。筋肉の炎症が落ち着くと固くなるのが筋肉の特徴です。
固くなった筋肉が骨格を圧迫することで悪影響を及ぼしますし、お尻の筋肉も血流が悪くなることで固くなってきます。
そうなると坐骨神経も圧迫されるので、お尻や脚に痛みやしびれが出てくるというわけです。
実際に当院で行っている施術は筋肉を緩めていくのがメインとなりますが、手術を勧められているような重度の坐骨神経痛でも、症状がゼロまで解消できている例は多くあります。
このことからも、坐骨神経痛の原因は筋肉にあると言っても過言ではないでしょう。
 

原因となる筋肉を緩めると、骨格の異常が改善することも

原因となる筋肉を緩めることで、骨格の異常が改善することもあります。
わかりやすいのが椎間板ヘルニアです。
椎間板ヘルニアは、腰の筋肉が固くなって腰椎を圧迫するのが原因で発症していると考えています。
当院では坐骨神経痛でヘルニアの手術を勧められているような方も来院されますが、症状が良くなって再検査すると、椎間板ヘルニアが縮小していたり消失していることがあります。
腰椎のまわりの筋肉が緩むことで骨格への圧迫が解消されるからだと思われますが、このように筋肉が緩むことで骨格の異常が改善されることもあるのです。
脊柱管狭窄症は慢性的に腰の状態が悪い方が発症しやすいです。
腰の筋肉が慢性的に固く、何年も腰椎に負荷がかかっていたために骨が変形してしまったのだと考えられます。
その他、骨盤の歪みからくる足の長さの違いも、腰やお尻の筋肉を緩めるだけでバランスが取れることも多くあるのです。
このことからも、坐骨神経痛の原因は筋肉が占めている割合が大きいと言えるのではないでしょうか。
 

股関節が坐骨神経痛の原因になることも

股関節が坐骨神経痛の原因になることもあります。
股関節の悪い方は、お尻やふくらはぎのほうに痛みが出ることが多く、坐骨神経痛と同様の症状が出たりします。
例えば変形性股関節症などでは、お尻の筋肉が固くなって盛り上がっていることもあります。
お尻の筋肉が固く凝ることで、坐骨神経が圧迫されるのが原因なのかもしれません。
 

坐骨神経痛の原因となったキッカケとは

坐骨神経痛は何の原因もなく発症するわけではありません。
原因となるキッカケがあり、それは人それぞれ違います。
実際に坐骨神経痛で当院に来院された方のケースをいくつか紹介していきます。

●くしゃみをした瞬間に重度の坐骨神経痛を発症。病院で椎間板ヘルニアがかなり出ていると診断される。
●慢性的な腰痛もちで普段からお尻に違和感を感じていたところ、太ももや足まで痛みやしびれが出るように。
●ボーリングをしていて右の腰に少し痛みを感じた。そのときは何ともなかったが数時間後には腰の痛みが悪化し、お尻や脚のほうまで痛みが出てきた。
●ぎっくり腰を発症。腰の痛みが無くなったと思ったら、お尻や脚に痛みが出るようになった。
●階段を数段抜かして飛び降り、着地したところお尻を痛め、坐骨神経痛を発症した。
●美容エステでお尻の筋肉を機械で刺激されて痛みがあり、坐骨神経痛が発症した。
●安いもみほぐしや接骨院で強めのマッサージをされ、腰やお尻の筋肉を傷めたためか坐骨神経痛を発症。

これらは一例ですが、坐骨神経痛を発症する原因となるキッカケは十人十色です。
この他にも様々なキッカケが原因で坐骨神経痛につながっています。
しかしどれにも共通しているのが、腰や骨盤周辺に何らかの負荷や刺激があったということです。
このことからも、腰周辺に悪影響を及ぼす刺激が坐骨神経痛につながる原因になっていると言えるでしょう。
 

坐骨神経痛の原因となる筋肉を緩める

坐骨神経痛の原因となる筋肉を緩めることで、痛みやしびれの改善につながり、腰の状態も安定してきます。
もちろん全ての坐骨神経痛が筋肉を緩めるだけで良くなるというわけではありません。
しかし、良くならない人よりも良くなる人のほうが圧倒的に多いというのは間違いありません。
坐骨神経痛の治療法は様々あり、治療院によって考え方も違いますが、坐骨神経痛の原因が筋肉にあるということも知っておいたほうがいいでしょう。
 

坐骨神経痛でお悩みなら、越谷の整体院オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
坐骨神経痛の治療について。
 
※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

オーラウェーブ療術院
越谷の整体なら
オーラウェーブ療術院へ
埼玉県越谷市にあるオーラウェーブ療術院では、肩こり腰痛・ぎっくり腰・自律神経の乱れなど様々なお悩みに幅広く対応致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
【営業時間】9:00~20:00 ※不定休
最終受付19:00まで